Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

沖縄南部半日観光 ラド観光のバスツアー(LCBめんそーれ号)に参加してみました

沖縄25時間弾丸ツアーの後半戦(2日目)です。

1日目の様子は下記の記事でどうぞ。

帰りの那覇ー高松便の出発時間は午後2時35分でした。余裕を持って午後1時には那覇空港に到着したいところです。

ラド観光の南部半日観光に参加した理由

2017年7月時点の南部半日観光のスケジュールです。

世界遺産の斎場御嶽とひめゆりの塔は全員参加で、おきなわワールドと新原ビーチはどちらかを選択することになります。両方に参加することはできません。

7:40発 南西観光ホテル

7:50発 県庁前県民広場前

8:00発 ロワジールホテル那覇

9:00~9:50 斎場御嶽

  Aコース おきなわワールドコース(10:15~11:30)

  Bコース 新原ビーチコース(10:05~11:15)

12:00~12:30 ひめゆりの塔

13:00 那覇空港

13:15 県庁前

限られた時間で 観光名所を3カ所回れて、乗っていれば空港まで連れて行ってくれるというのはとてもありがたいです。大きな荷物は預かってくれますし、しかも料金は一人1500円という安さです。ただ、空港に行って帰るだけではもったいないと思いツアーへの参加を決めました。

www.rado.co.jp

集合時間と注意事項

私達は国際通り沿いの南西観光ホテルから参加しました。出発時間の10分前、午前7時30分が集合時間で午前7時28分ころに南西観光ホテルに到着すると、私たち以外の参加者5名が既に到着しており、南西観光ホテルのロビーで待機していました。ツアーガイドの女性もホテルロビー内にいて受付をしていました。

集合時間に遅れたわけではありませんが、私達が最後と知るとなんだか申し訳ない気分になります。団体行動なので時間は早目を心掛けないといけませんね。この後、県庁前でも2人乗車する予定でしたが、姿を見せず連絡もつかないということで約7分間出発時間をオーバーした時点でバスは出発しました。最終的に那覇空港に行く人も多いはずなので、時間に関してはシビアだと考えた方がよいと思います。この7分間の遅れはロワジールホテルで乗車する人がいなかったこともあり、ツアー全体の進行には影響ありませんでした。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

琉球王国の聖地であり世界遺産でもあります。詳細はこちらのリンクで確認してください。

以前は直近までバスで行けたようですが、観光地として人気が高まった結果、近隣の住民に対する配慮ということで、少し離れた南城市地域物産館でバスを降り、ガイドさんの案内で斎場御嶽の入り口に向かいます。この物産館でトイレの利用やお土産の購入も可能です。また斎場御嶽の入場券をこちらで購入することになります。大人1名300円でした。

こちらの駐車場から斎場御嶽の入口まで徒歩で7~8分かかります。私達は午前8時50分ころ駐車場に着きました。斎場御嶽に入場できるのは午前9時からです。歩いて行くとちょうど入場開始時間直後に斎場御嶽の入り口に到着しました。午前9時50分にはバスが出発するので、斎場御嶽内を見ることができるのは最大35分程度と思います。じっくりと見たいという方には物足りない時間かもしれませんが、私達は物産館でお土産を見て回る時間もあったので特に短いとも思いませんでした。

f:id:sinrons:20170721161448j:plain

斎場御嶽の入り口には建物があり、そこで少しの時間DVDを視聴します。斎場御嶽についての説明や見学の際の注意事項をまとめたものです。また、こちらでクロックスを貸してもらえるようです。その理由は後ほど判明します。

f:id:sinrons:20170721162904j:plain

斎場御嶽の通路です。石が敷かれており坂道になっています。足もとがヒールなどでは危険だと思います。左右の緑色の部分は砂袋でここを歩くと幾分楽に感じましたが、滑りやすいため歩かない方がいいです。

f:id:sinrons:20170721163341j:plain

三庫理(サングーイ)という拝所です。この三角形の空間は有名なので写真などで目にした方も多いと思います。

f:id:sinrons:20170721164017j:plain

琉球王国の聖地と言っても、壮大な神社仏閣があるわけではありません。自然そのものが崇め奉られる存在であるということを理解していないと、拍子抜けするかもしれませんね。

f:id:sinrons:20170721164338j:plain

琉球王国時代、斎場御嶽は男子禁制で国王でさえも立ち入ることはできなかったそうです。作業などでどうしても入らないといけない場合は女装して入ったそうです。

おきなわワールド

移動中のバスの中でガイドさんに、おきなわワールドと新原ビーチのどちらに行くかを確認されます。今回は全員がおきなわワールドを選択したため、新原ビーチには立ち寄らずおきなわワールドに直行しました。

f:id:sinrons:20170721165428j:plain

おきなわワールドでは1時間15分の滞在時間があります。大きな見所として鍾乳洞とスーパーエイサーショーがあります。どちらも所要時間30分はみておかないといけません。時間的には両方を体験できそうですが、私は両方の体験は難しいという事前情報を得ていたので、無料で観覧できるスーパーエイサーショーを選択しました。実際に両方を体験したと思われるツアー客がいましたが、出発時間に数分遅れて帰ってきました。どちらかを選択した方が無難だと思います。

スーパーエイサーショーを見てお土産を物色するだけなら、入場料など一切必要ありません。エイサーは盆踊りの一種の集団舞踊です。盆踊りのイメージとはかけ離れていますが。このような舞台で迫力のあるパフォーマンスが繰り広げられます。パフォーマンス中は撮影禁止です。

f:id:sinrons:20170721170749j:plain

そして、ここでもショーの最後に観覧客参加のカチャーシーが!

妻は喜んで踊っていました。私もちょっと踊りました(笑)。観覧客は多かったですが、大人で踊っているのは数人でしたね。

f:id:sinrons:20170721171049j:plain

ひめゆりの塔

最後に立ち寄ったひめゆりの塔では約30分の滞在です。十分な滞在時間だと思います。

こちらは慰霊の地ですので、黙って手を合わせてきました。戦争と平和について再考する機会となりました。

那覇空港にて

予定より早く、午後1時少し前に那覇空港に到着しました。安くて美味しいと評判の空港食堂で沖縄そばを食べました。こちらは食券制ですが、店員さんに言えばジェフグルメカードが使用できます。ただしお釣りは出せないとのことでした。

f:id:sinrons:20170721172051j:plain

ブルーシールアイスを食べたりしていると、あっという間に搭乗時間です。

f:id:sinrons:20170721172451j:plain

さようなら、沖縄。

飛行機の窓から美しい海を見ながら、必ず再訪しようと決意しました。

f:id:sinrons:20170721172629j:plain

まとめ

沖縄南部半日観光ツアーに参加して感じたことは、午後2時以降に那覇空港を立つ人は、一度は体験しても損のない内容だということです。1500円でこれだけ回れて、何より飛行機の出発時間に間に合うかとドキドキする必要がないし、重い荷物を持って歩く必要もないというのは大きいです。

同時に、一度参加すれば十分かなと感じたのも事実です。同様の感じでウミカジテラスや道の駅を回るようなツアーがあれば参加するのにと思いました。

いずれにせよ、参加した時の天候次第で評価は変わると思います。ツアー中に雨が降っても同じ感想を抱いたかというと疑問ですから。

朝まで仕事をしてランチは沖縄でステーキ、カチャーシーを踊って、近所のスーパーで半額弁当を買う日常

ANAの特典航空券を利用して、沖縄25時間弾丸ツアーに行って来ました。別に弾丸ツアーがしたいわけじゃなくて、単に長期間の休みが取れないだけです。

7月18日の朝9時ころに仕事が終わりました。前日からの仕事でしたが仮眠時間は3時間くらい確保できていました。妻に会社の駐車場で待っていてもらって、そのまま香川県の高松空港に直行しました。午前11時20分発の飛行機に乗れば午後1時20分に那覇空港に到着できます。ほぼ定刻に到着できたので、ゆいレールで国際通りを目指します。ランチは安定のステーキハウス88で食べました。今回は国際通り西口店です。

f:id:sinrons:20170719211649j:plain

ランチステーキは200gのステーキにご飯又はパン、スープ・サラダバーが付いて1500円(税抜き)です。安くて万人受けする美味しさだと思います。

その後は、おもろまちにある那覇メインプレイスというショッピングモールに行き、お土産を探したり、ショッピングを楽しみます。やはり沖縄は暑いので日中は涼しい場所で体力を温存しておくのがいいのかなと思いました。

www.san-a.co.jp

ちんすこう等の食品類のばら撒き系お土産は那覇メインプレイスが安くてお勧めです。夕方になると日中よりかなり過ごしやすくなるので、国際通りをぶらぶらします。何回来ても国際通りは楽しいですね。

今回の弾丸ツアーの目的はカチャーシーを踊ることです。そのために私が予約していたのはこちらのお店、国際通りにある「島唄ライブおばぁの家 海音」です。

f:id:sinrons:20170719213049j:plain

午後8時に予約していました。私はアルコールはほとんど飲まない(飲もうと思えばある程度は飲めます)のですが、気分を盛り上げるためにマンゴー酎ハイを頼みました。ほとんどジュースみたいで飲みやすかったです。

f:id:sinrons:20170719213304j:plain

f:id:sinrons:20170719213328j:plain

f:id:sinrons:20170719213351j:plain

f:id:sinrons:20170719213415j:plain

海ぶどうやチャンプルー、もずく天、島らっきょうという沖縄っぽいつまみを食べていると、いよいよ島唄ライブが始まりました。

ライブの最後はお客さんが参加してのカチャーシータイムです。踊らない人もいましたが、ほとんど全員が踊っていました。私も踊りました(笑)。

f:id:sinrons:20170719213433j:plain

こちらのお店は本当に観光客向けといった感じで初心者でも問題なく楽しめました。

25時間の沖縄滞在を終え、今日は午後2時35分発の飛行機で高松空港に帰ってきました。定刻を少し過ぎた午後4時40分ころ到着しました。

少しお腹が空いていたので近所のスーパーに立ち寄って総菜コーナーを見てみます。夕方だったのでお弁当が半額で売られていました。2人とも疲れていたので夕食を作る元気はなく、半額になったお弁当を熱心に物色している内になんだかおかしくなって、妻に「さっきまで沖縄にいたのにね。」と話すと妻も笑っていました。

日常と非日常が境界なく混ざってしまったような不思議な気持ちでした。

イベリアストア経由で購入したスペイン版グルーポンのボーナスAviosが付与されました。ただし一部だけです。

スペイン版グルーポンでイベリア航空のAviosが販売継続中です。ユーロが高いし、イベリアストアを通して買った時に付与されるはずのボーナスAviosがなくなっているみたいなので、これ以上購入する予定はありませんでした。

しかし、今日(7月16日)か昨日(7月15日)にボーナスAviosの一部が付与されたみたいなんですよね。(毎日ではありませんが定期的に付与状況を確認していたため気付きました)

f:id:sinrons:20170716205206p:plain

6月1日に購入した2000Aviosクーポンと8000Aviosクーポンの内、2000Aviosクーポンの分だけが付与されているようです。今後8000Aviosの分も付与されるのかもしれませんが、購入に際して数分くらいのタイムラグしかなかったので片方だけが付与されているというのも妙な話です。

現在のユーロの為替レートだと8000Aviosクーポンを購入した場合、クレジットカードの決済は13120円前後だと思います。(私の経験による予測値です)ボーナスAviosがなければ、1Aviosの購入単価は1.64円程度です。もし1ユーロに付き13AviosのボーナスAviosがあるのなら、1Aviosの購入単価は1.41円程度になる上に、8000Avios+ボーナス1287Avios=9287Aviosを手にすることができます。

9000Aviosがあれば、国内の大部分をJAL特典航空券を発券して往復することができます。発券手数料を含めても国内の大部分を片道7000円弱で往復できるなら検討に値するのではないでしょうか。

イベリアストアを通した際のボーナスAviosについては付与されるかどうか正直わかりません。購入条件にはスペイン国内居住者が対象と書かれています。しかし現実にはこうして付与されています。今のところ一部だけですが。

f:id:sinrons:20170716211811p:plain

6月からの販売分は途中までボーナスAviosは1ユーロにつき10Aviosでしたが、現在は1ユーロにつき13Aviosにアップしています。ユーロ高とは言え、このボーナスが付与されるのなら購入を検討しても損はないでしょう。

ボーナスAviosの付与時期は私の経験では購入から40~45日後です。ボーナスAviosを当てにして8000Aviosクーポンを購入すると、付与されなかった時に使い道に悩むことになります。かと言って15000Aviosクーポンを購入すると、9000Aviosを使用した後に6000Aviosが残りこれまた使い道に悩むことになるし、使い道がなければ普通にJAL航空券を購入した方が安上がりだったということにもなりかねません。一度試してみたいという人にとっては悩ましいところだと思います。

「そんなことあったっけ?」と笑う君を応援したい、ずっと。

十数年前のことです。妻は長年所属していたダンス団体を辞め、新しいダンスグループを立ち上げました。と言っても、メンバーは妻と仲の良いダンサー1名の二人だけでした。所属していたダンス団体では指導員をしていて、そのまま所属していれば後継者的な立場になったのかもしれません。

辞める前は、団体の運営方針や目指すダンスの方向性の違いについてずいぶん悩んでいました。結果的に妻は二人だけで自由に踊ることを選択しました。思い切った選択だったと思います。10代、20代なら居を移し、別の団体でやって行くという選択肢もあったでしょう。でも、既に結婚していたし子供もいましたから。

ダンサーというのは表現者です。表現者である以上、必要不可欠なものがあります。それは観客なんですね。発表の場のないダンサーは表現者としては死んだも同然です。それなりの団体に所属していれば、団体が発表の場を用意してくれます。それを放棄すれば、二人で練習をするだけで発表の機会はないという最悪の可能性もあり得たのです。

迷った時に、妻は私に相談します。私は妻の話を聞いて相槌を打ちます。特に助言は必要ありません。必要なのは共感です。いつだって、答えは妻の中にあると信じていますから。私に相談するのは自分の考えを整理し、まとめるための儀式のようなものです。私は妻の選択を応援し、その結果に共同で責任を負えばいいだけです。

理想を追うということは難しいですね。何が正しい選択かなんて誰にもわかりません。できるのは正しい選択をしたと信じることだけです。たった二人だったダンスグループは今、生徒数が100人ほどになっています。小さな子供の生徒さんも多いです。小さな子供が踊れば両親や兄弟、おじいさん、おばあさんが見に来ます。100人は200人、300人の観客を呼ぶということを知りました。

二人で街を歩いて声を掛けられるのは決まって妻です。「先生!」と呼び止められるのにも慣れました。70歳、80歳になっても踊り続けると宣言する妻は、私が「あの時は大変だったね。」と話しても「そんなことあったっけ?」と笑うんですよね。そんな妻の人生を最前列で応援するのは常に私でありたいと思っています。

「何処へ行きたいか」じゃなくて「何がしたいか」で決める旅だってある

「カチャーシーが踊りたい。」

1月に沖縄に行った時に島唄ライブをしているお店を国際通りでたくさん見掛けました。妻は入りたそうにしていましたが、時間もあまりなかったし私はあまり気乗りがしなかったので体験することはなかったんですね。

妻はどうやら三線の音色に合わせてカチャーシーが踊りたかったようです。妻はモダンダンスやジャズダンス、ガールズヒップホップなどを教えるダンス講師なので当然踊ることには何の抵抗もありません。一方、私は音楽音痴だしダンスは苦手です。観光客が踊るカチャーシーは別に難しいものではないでしょうけど、やはり恥ずかしいという気持ちが勝ってしまうんですね。かと言って、もしみんなが踊るのならやはり自分も踊らなければ申し訳ないのではないかとも考えてしまいます。

f:id:sinrons:20170712221509p:plain

私がどれくらい音楽音痴かと言うと、妻がダンスの振り付けを作る時に話す「カウントをとる」という言葉の意味が全く理解できません。エイトカウントとか言われてもさっぱりわからないんですね。ダンスの動きが音から外れているという感覚もよくわからないし、どういう理論でもって妻が洋楽から吉田兄弟の曲に至るまで振りを合わせていくのかわかりません。

締め切りに追われる漫画家さながらに苦しみながら妻がダンスを作る過程を見ていると、カチャーシーくらい踊らせてあげればよかったと、それがいつしか私の中で沖縄での心残りになっていました。

心残りがあるなら解消した方がいいですよね。予定していた福岡旅行を消化したので長期の休みは難しいですけど、カチャーシーを踊るくらいなら25時間もあれば十分です。

というわけで、カチャーシーを踊るついでにステーキを食べて、懐かしいホテルに泊まってみようかとANAの特典航空券で来週の高松=那覇便を予約してみました。カチャーシーを踊れる島唄ライブのお店は、観光客向けの大箱のところを探しました。やっぱり少し恥ずかしいのでなるべく大勢のお客さんがいそうなところにしたんですね(笑)。

三線(さんしん)についても予習しました。何しろ音楽音痴なので三線と三味線はどこが違うのかもよくわかってませんでしたから。こういう時に頼りになるのは花枝さんのブログです。世界を飛び回る三味線の先生ですからね。やはり三線についても書かれていました。助かります。

www.hanae-chiritote.com

「空手とキックボクシングは同じだろ?」と言われた時に私が感じる違和感と似ているのかもしれませんね。私にとっては両者は全く別物ですから。

Amazon PrimedayセールでHUAWEIのスマートフォンP9liteを購入しました

いよいよ、AmazonのPrimedayセールが始まりましたね。参加される方も多いと思います。私が狙っていたのはHUAWEI(ファーウェイ)のスマートフォンP9liteです。数年間使ったスマートフォンに限界を感じていたんですよね。

f:id:sinrons:20170710211705p:plain

HUAWEI(ファーウェイ)という名前は聞き覚えがないという方もいるかもしれませんが、今やアップル、サムスンという巨人を脅かす存在となった世界シェア第3位の会社です。中国の会社と聞くと信頼性がどうかとか爆発するんじゃないのなんて思うかもしれませんが、p9liteは非常に評判のよいスマートフォンです。既に後継機のP10liteが販売を開始しているため最近値が下がってきましたが、まだまだ十分現役で使える名機だと思います。

私がP9liteを評価するのは、既に妻が使ってるためなんですね。電源ボタンがサイドにあるのが気になるという点を除けば、妻も満足しています。特にカメラはいいですね。私のスマートフォンとは比べ物になりません。

f:id:sinrons:20170710211730p:plain

これだけの性能のスマートフォンが14,907円で買えるとは驚きです。正直、気にはなっていたんですが、ポケットに入れて持ち運ぶ私にはちょっと大きすぎるんですよね。もう1cm縦のサイズが小さければもっと早く買っていたと思います。

この値段だとそんなことは忘れてポチってしまうしかないです。コスパは抜群の1台だと思います。simはIIJmioセットを選択しましたが、私は既に格安simのユーザーなので開通させる予定はありません。

ヒルトン福岡シーホーク アクセス情報 

ヒルトン福岡シーホークのアクセス情報です。ヒルトン福岡シーホークは福岡空港、博多駅、中心街の天神からも少し離れた場所にあります。ファミリーマートがホテル内にあるので、ちょっとした買い物に不便を感じることはありませんが、ショッピング派にとってはアクセスが不便じゃないかと不安になる立地です。しかし、無料シャトルバスや地下鉄、バスをうまく利用すればショッピングも十分楽しめるため、移動方法について紹介したいと思います。

続きを読む