Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ドットマネーのポイント口座間ジャンプは可能か? マイル移行速度倍増化計画

全ての道はソラチカに通ず

ANA陸マイラーが各ポイントサイトで得たポイントは、最終的にメトロポイントに集約されます。

そして、集約されたメトロポイントは、0.9倍という驚異の交換率でANAマイルに変換されるのです。

これを可能にしたのがANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)でした。

f:id:sinrons:20160912141627p:plain

つまり、最終的にソラチカカードを介して0.9倍の交換率でANAマイルになりさえすれば、その道中がどうあれ全てソラチカルートと言ってよいと思います。

月18000マイルの呪縛

高い交換率を誇るソラチカカードの弱点は、メトロポイントからANAマイルへの移行は月20000ポイント(マイル換算で18000マイル)までという上限がある点です。

私自身、陸マイラーになろうと決めた時に、こういった知識は仕入れていましたが、この弱点を弱点として認識できたのは、実際に大量のマイルを貯め始めてからでした。

4か月で20万マイル相当のポイントを得たものの、これをANAマイルに交換するには1年ほどかかるからです。

また、変換されたマイルで国際線の人気路線の特典航空券を狙おうとすれば、更に1年の時間が必要となるかもしれません。

そう考えると、ずいぶん気の長い話になってしまいます。

ドットマネーの台頭

ソラチカルートを語る上で外せないPeXに代わるポイント交換サイトとして成長著しいのが.money(ドットマネー)です。

PeXは50円相当の交換手数料を取るので、厳密に言えば等価交換ではありませんが、ドットマネーは交換手数料が不要なので完全な等価交換が可能です。

更にポイントの増量キャンペーンを行っているためお得感があります。

f:id:sinrons:20160912153153p:plain

各ポイントサイトとメトロポイントの中継点として、今後ますますドットマネーの重要度は高まると思います。

私自身、よく利用するちょびリッチ、ハピタス、モッピーはドットマネーを経由させてメトロポイントに変換しています。

f:id:sinrons:20160912185013p:plain

ドットマネーからメトロポイントへの移行は口座間ジャンプが可能?

これが、私が気になった噂です。

私は、例えばちょびリッチ→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイルとポイントを移行させる際に、全ての口座の名義が同じでなければならないと思っていました。

しかし、ドットマネーは自分以外の名義のメトロポイント口座にポイント移行させることができるらしいのです。

もし、これが本当なら実質的に休眠状態にある妻名義のソラチカカードを使って、妻のANA口座にポイントを移行しファミリーマイルサービスで合算させて使用するということが可能になります。

うまくポイントを振り分けることができれば、倍速でANAマイル化できるはずです。

奥さんのソラチカルートもフル稼働しているという人には関係のない話ですが。

噂を検証してみました

噂を検証するために私名義のドットマネー口座にあった44600ポイントを妻のメトロポイント口座に移行させてみたいと思います。

f:id:sinrons:20160912161037p:plain

妻名義のお客様番号、名前を入力して「申請する」ボタンをクリックします。

f:id:sinrons:20160912161259p:plain

特にエラーメッセージが出ることもなく申請は完了しました。

f:id:sinrons:20160912161400p:plain

検証は残念ながらここまでです。

無事移行できたかどうかの確認は来月11日ということになると思いますので、結果は後日書きたいと思います。

9月15日追記

10月11日にならなければ、本当に移行できたかどうかの確認はできませんが、ドットマネーの利用明細上で承認済になったため、口座間ジャンプは可能であると思われます。

f:id:sinrons:20160915175207p:plain

9月27日追記

ドットマネーの口座間ジャンプには問題点があるかもしれません。

sinrons.hatenablog.com