Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

愛媛 道後温泉と日本茶を楽しむ旅

愛媛と聞いて思い浮かべるのは、みかん、坊っちゃん、道後温泉くらいでしょうか。

Aviosポイントを手に入れて国内でどこかにという方は、一度くらいは日本最古の温泉といわれる道後温泉に行ってみてもいいかもしれませんね。

f:id:sinrons:20160928193624j:plain

 

松山空港から道後へのアクセスは?

松山空港からなら、空港リムジンバスをお勧めします。

飛行機の到着時間に合わせて出発してますし、道後温泉までは約10km、時間にして45分くらいで到着します。

運賃も大人460円とお手頃です。

f:id:sinrons:20160928194131p:plain

道後温泉&道後商店街

3000年の歴史があり聖徳太子も訪れたという道後温泉です。

f:id:sinrons:20160928194708j:plain

周りには一頃よりは観光客を意識した施設が増えてる気がします。

f:id:sinrons:20160928194952j:plain

道後の商店街です。

ガイドブックなどはいいところを切り取って掲載しているかもしれませんが、平日の昼間はガランとしてます。

良くも悪くも田舎の温泉街なので過剰な期待は禁物です。

商店街なら市内の大街道や銀天街に行った方が賑やかです。

f:id:sinrons:20160928195038j:plain

坊っちゃん列車です。

路面電車として市内を走っています。

これに乗って大街道まで行き、ロープウエー街を歩いて松山城を観光、その後大街道、銀天街というアーケード商店街を散策しながら松山市駅に行き、そこから帰りのリムジンバスに乗れば日帰り観光コースになります。

f:id:sinrons:20160928195722j:plain

お勧めのスポットは?

私が行ってよかったのは、道後温泉本館の近くにある「茶楽」という日本茶専門カフェです。

f:id:sinrons:20160928195633j:plain

看板にあるとおり母体は「山田屋まんじゅう」という愛媛では有名な菓子店です。

創業は慶応3年(1867年)だそうです。

店名でもある「山田屋まんじゅう」は上品なお饅頭で、確か羽田空港でも売っていたと思います。

yamadayamanju.jp

お勧めは「玉露ーしずく茶ー」というセットです。

山田屋まんじゅう1個と玉露のセットですが、税込み864円と決して安くはありません。

でも、この玉露は美味しいですよ。

1杯目は店員さんが入れてくれますが、40度のお湯で入れたお茶はとろりとして濃厚なうま味があります。

その後二煎目、三煎目と自分で入れるのですが、微妙に味が変化していくんですよ。

平均して4~5煎はみんな飲むそうです。

f:id:sinrons:20160928201915j:plain

メニューには書かれていませんが、サービスでお汁粉とお茶菓子をいただきました。

f:id:sinrons:20160928202729j:plain

でも、これで終わりじゃありません。

最後に使った玉露をポン酢で食べるんです!!

ほうじ茶を入れてくれました。

f:id:sinrons:20160928202934j:plain

玉露を食べるというのは私も初めての体験でしたが、4~5煎入れた後の茶葉は苦みもなく美味しくいただけます。

松山市駅前地下街のステーキ店

愛媛に来れば瀬戸内の魚を食べてもらいたいところですが、もっとガッツリ食べたいという方には、松山市駅前の地下街にあるリーズナブルなステーキ店「まつちかステーキ食堂」がお勧めです。

「まつちか」は松山市駅に隣接するいよてつ高島屋とアーケード商店街の銀天街を結ぶ小規模な地下街です。

f:id:sinrons:20160928204053p:plain

今回は200gのリブロースステーキを食べてみました。

f:id:sinrons:20160928204334j:plain

メニューはこんな感じです。

f:id:sinrons:20160928204420j:plain

ライス、サラダ、食後のアイスを付けて税込み1737円でした。

男性客で肉だけ食べてさっと帰るみたいな人もいるし利用しやすいお店だと思います。

アメックスのお詫びポイントで道後温泉の旅も悪くないかもしれませんよ。