Life=Risk ソラチカ

「空は思ったより近かった。」なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

The sky is closer than people think

空は思ったより近かった ~ソラチカ~

陸マイラー的FX案件への取り組み方 オアンダジャパン

FX案件のオアンダジャパンに取り組みました。

いつものごとくちょびリッチの案件です。

ちょびリッチは1ポイント=0.5円相当なので、5000ポイント(4500マイル)の案件になります。

取引条件は「10万通貨以上の取引」ですから、それほど厳しい条件ではありません。

10月で陸マイラー生活6カ月目が終わりましたが、主な案件40件のうちFX口座の開設は14案件35%を占めます。

これまでに獲得したマイルは約23万マイルで、その内FX案件が約14万マイルと60%を占めています。(但しマイルへの移行はまだ未完了です)

10年に一度のカード案件を併せると半年間の獲得マイルは約41万マイルということになりますが、こちらは再現性が極めて低いので除外した方がいいですね。

いくらマイルを稼いだと言っても、その手法が再現性が低いのでは絵に描いた餅ですから。

f:id:sinrons:20161031202745p:plain

 

活動初期の陸マイラーがFX案件を軸にすべき理由

マイルの大量取得が期待されるクレットカードの発行はリスクを伴う上に、発行枚数にも限りがあります。

クレジットカードの発行は、常に否決される可能性、クレジットヒストリーを汚してしまう危険性があるのです。

無論、FX案件にリスクがないとは言いません。

しかし、そのリスクは十分に管理可能なものです。

私はクレジットカードの発行は、陸マイラーとして発行すべきカードや一撃必殺のカード案件のために抑えておく方がよいと考えています。

陸マイラーの活動は地味です。

面倒なことも多いため、モチベーションを維持するためには、なるべく早く大量のマイルを貯め、実際に使ってみることが必要不可欠ではないでしょうか。

私が半年間で行った案件40件のうち、FX案件は14件35%ですが、獲得したマイルに占めるFX案件の割合は60%です。

FX案件は高ポイントの案件が多く、短期間で大量のマイルを獲得するのに適していると言えると思います。

FXとは何か?

私も半年前までFXの取引をしたことがありませんでした。

陸マイラーを始めてからのFXデビューですから、その知識もざっくりとしたものです。

当初は本でも買って勉強しようかと思いましたが、「習うより慣れろ」で実際に何回か取引をしたら別に本なんか必要ないし、深い知識も必要ないと思い始めました。

FX(外国為替証拠金取引)とは、証拠金を担保にしてその金額の何倍もの二国間通貨の転換取引をすることです。

現在は規制が厳しくなっているので、無茶苦茶な倍率の取引はできなくなっており、証拠金の最大25倍の取引までとなっています。

アメリカドルと日本円の取引で考えてみましょう。

FX取引では「アメリカドル/円」の順番で表示されます。

実はこの順番も大切で、この場合の取引はドルを基準に考える必要があります。

日本円を基準に考えてしまうと混乱してしまうので注意してください。

FXの取引きでよく出てくる「1万通貨の取引」を例にします。

基本的に「1lot=1枚=1万通貨」と覚えておくといいです。

1ドル=100円とすると、1万ドルを取引するためには、100円×10000=100万円の日本円が必要になります。

しかし、FXの場合は証拠金の最大25倍の取引ができますから、100万円÷25=4万円を証拠金として口座に入金すれば1万ドル(100万円)の売買ができるということになります。

スプレッドとは?

FX案件に取り組もうとすると、スプレッドという言葉が頻繁に出てきます。

スプレッドとは「売値と買値の差額」です。

アメリカドルと日本円の取引で「スプレッド0.4銭」と表記されていたら1円=100銭ですから「0.004円」と書かれているのと同じ意味です。

オアンダジャパンのスプレッドを見てみましょう。

f:id:sinrons:20161031220752p:plain

FX案件の場合は「口座開設無料・取引手数料無料」と書かれてある場合がほとんどというか、私は有料となっているのをまだ見たことがありません。

FX取引を始めると売値と買値が同時に表示されていること気付きます。

これは、瞬間的に「売り→買い」「買い→売り」の取引を行った場合、値動きがなくてもスプレッドの分は必ず損をするということを意味します。

スプレッドが0.4銭なら、1万通貨なら0.4銭×10000=40円は必ず損をするということです。

そして、これがFX業者が「口座開設無料・取引手数料無料」を謳える理由で、スプレッドとは実質的にはFX業者の手数料で、このスプレッドは少なければ少ないほどよいということを覚えておいてください。

陸マイラーが取引すべき通貨は?

FXの取引画面には、様々な通貨ペアが表示されています。

どの通貨ペアにしようか悩むかもしれませんが、陸マイラーはFX取引で儲けることが目的ではありません。

陸マイラーがFX取引をするのは、ポイントサイトのFX案件のポイント付与条件に「何万通貨の取引」と指定されているからに他なりません。

口座開設だけでポイント付与されるのなら取引は行う必要がありませんから。

取引で儲けることが目的でない以上、選ぶべき通貨ペアは馴染みがあって、スプレッドが少なく値動きが小さいものがよく「USD(アメリカドル)/JPY(日本円)」を選ぶのが無難でしょう。

実際にオアンダジャパンで取引をしてみました

それでは、実際にオアンダジャパンでの取引の様子を見てください。

上記の内容を踏まえて見ていくと、より理解が深まると思います。

今回はオアンダジャパンのアンドロイド用アプリをダウンロードしての取引となります。

証拠金として「ゆうちょ銀行」の口座から5万円入金しており、リアルタイムで入金できました。

陸マイラーの定石通り「USD/JPY」の取引を行います。

①の「0.4」がスプレッドの表示だと思われます。

基本的に説明書的なものは見ない主義なので。

f:id:sinrons:20161031223957p:plain

②を押すとチャート画面が表示されました。

チャートとは通貨の値動きを表すグラフのことです。

「1m」は1分足と言われるチャートで、1分毎の値動きを表しています。

私は数時間から1日毎のチャートを最初に見て全体的な傾向(円高か円安か)を把握してから、1分足チャートを見ながら取引をすることが多いです。

画面下部で各チャートが選択可能です。

f:id:sinrons:20161031224440p:plain

注文方法ですが、現在レートの表示中に、通貨ペアを選択すると売買ボタンが現れます。

スプレッドは「原則0.4銭、例外あり」です。

f:id:sinrons:20161031231600p:plain

「売り」か「買い」のボタンを押すと、下のような画面が表示されます。

これは「買い」を選択した場合です。

10万通貨の条件クリアのために、1万通貨で10回の取引をしたいと思います。

「10000」を通貨欄に入力して送信ボタンを押します。

f:id:sinrons:20161031231754p:plain

最終確認画面になります。

「Submit Market Order」を選択します。

これでアメリカドルを1万通貨買うことができました。

この後、アメリカドルの価値が日本円に対して高まれば利益が出ますし、低くなれば損失が生じます。

価値が高まったとしても、買った段階でスプレッド(実質的手数料)で「40円以上」の損失がありますから、40円以上利益が出た時点からが本当の利益となります。

f:id:sinrons:20161031233040p:plain

ポートフォリオ画面から取引履歴を確認できます。

②の左横のポジションボタンを押せば、現在のポジションを確認することができます。

FXは「買い」か「売り」のポジションを立てて、それを決済(買った量と同量を売るor売った量と同量を買う)することを繰り返します。

ですから、立てたポジションがきちんと決済で解消されているか確認することは大切なことです。

証券会社によっては「決済」ボタンが用意されていますが、このアプリでは見当たらなかったので、単純に「1万通貨買った後、1万通貨売る」という方法でポジションが解消できました。

f:id:sinrons:20161031233217p:plain

今回は、ドルが強い(円安)という基調が比較的はっきりとしていたため、損失を少なく抑えることができたため、最終的には300円ほど利益が出ました。

上昇基調ということがはっきりしていれば、1分足チャートを見ながら、下がってきたところで「買い」のポジションを立てて、しばらく待って上がってきたところで決済を行う(売る)という方法で損失を低く抑えたり利益を得ることも可能です。

f:id:sinrons:20161031235257p:plain

ドル円のチャートを見る時は円高円安という考えはやめて「ドルが強い」「ドルが弱い」という考え方をした方が私は理解しやすいです。

円高円安という円を基準にした考え方でチャートを見ると混乱することがあるので。

「ドルが強い=まず買いから入って更に値段が上がったところで売ろう」、「ドルが弱い=まず売りから入って更に値段が下がったところで買い直そう」というような大まかなイメージです。

実際は一本調子で上がり続けたり下がり続けたりすることはまずないので、それなりの取引量をこなすには売り買い両方のポジションを使い分けることがほとんどですけど。

今回のオアンダジャパンはFX案件の中ではマイナーな部類だと思います。

私はけっこうFX案件をやってしまっているので。

FX案件が初めてという人は「1万円以上の入金&1通貨以上の取引」と非常にポイント付与条件が緩いSBI FXなどから始めるといいです。

私はハピタスでやりましたが、今は付与ポイントが少なめなので「どこ得?」で検索して付与ポイントのなるべく多いところでやった方がいいですね。

 

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

11月1日追記 決済ボタンがありました

遊んでいるうちに決済ボタンを見つけたので追記します。

売り又は買いのポジションを立てたら、「ポートフォリオ」の中の「ポジション」を選択すると、現在のポジションが表示されます。

f:id:sinrons:20161101202522p:plain

表示された現在のポジションをタップすると、決済ボタンが現れます。

後は決済ボタンをタップして、その後表示される確認ボタンをタップすれば決済が実行されポジションが解消されます。

f:id:sinrons:20161101202755p:plain

遊んでいるうちに少しだけ証拠金が増えました(笑)