Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ブリティシュエアウェイズとイベリア航空のAvios統合失敗!!さて、どうする?

ニッチ分野のニッチな記事です。

全くアクセス増など望めません。

前回の記事です。

スペイン版グルーポンで手に入れたイベリア航空のAviosをブリティッシュエアウェイズのAviosと統合しようというインターナショナルな企画でした(笑)

この時、イベリア航空の3カ月制限に引っかかったため、3カ月経過後、満を持してAviosの統合にチャレンジしてみました。

今回はスマートフォンからのチャレンジです。

基本的にはパソコン版と変わらないので前回の記事を参考にしてください。

「イベリア航空からブリティッシュエアウェイズへ」を選択し移行したいポイント数を入力します。

2000Aviosしかないので全て移行したいと思います。

f:id:sinrons:20161111211556p:plain

順調に最終確認画面まできました。

f:id:sinrons:20161111212329p:plain

Combine my Avios was unsuccessful!!

アンサクセスフル!!

英語に疎い私でも統合に失敗したことは容易にわかります。

f:id:sinrons:20161111212428p:plain

どうすべきか?

こんなニッチ分野で失敗した時の対策法が検索に引っかかるとも思えません。

幸い「To talk to someone about this problem,you can see our phone numbers here」と書かれています。

here」をクリックし、表示された電話番号に電話するというごく当たり前の対応になりました。

東京の電話番号でブリティッシュエアウェイズの(あるいは委託された)コールセンターにつながったようです。

親切な女の人でしたが、どうも会話のタイミングが嚙み合いません。

まるで外国人と話しているように…

結局、原因がはっきりせず、営業時間終了の午後5時までに折り返しの電話がもらえることになりました。

午後5時前に見たこともない電話番号から折り返しの電話がありました。

後で調べてみると香港の電話番号のようです。

どんどんグローバルになっていきます。

そして、「大丈夫ですよ~。私がやりますから。」と、何度聞いてもよく聞き取れない担当者名を残して翌日に持ち越しということになりました。

翌日、謎の担当者から電話があり無事統合できたとのことだったので、サイトにログインしてみるときちんと統合されていました。

f:id:sinrons:20161111214718p:plain

気になる統合失敗の原因は「ロンドンでBAのシステム調整をしていたので、その影響を受けたのかもしれない。」というわかったようなわからないような説明でした。

「以後はサイトからの統合ができますか?」と尋ねてみましたが、「本当はできるはずだけど、できないかもしれない。できなかったらまた電話してください。」とひどく正直な回答だったので安心しました。

まあ、そう頻繁に行うものでもないし、電話ででも統合できるのならさほど問題じゃありませんから。

今後は、1Avios(マイル)=1.3~1.4円くらいでバイマイルできたらいいなあと考えています。