Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

旅の相棒を見つけよう。「キャビンゼロ クラシックCAMO 44リッター」

「マイレージ・マイライフ」は2009年のアメリカ映画です。

ジョージ・クルーニーが演じる主人公のライアン・ビンガムは、年間300日以上全米を仕事で飛び回る典型的な「空マイラー」です。

マイラーなら邦画版タイトルの「マイレージ・マイライフ」に魅かれて見た方も多いのではないでしょうか。

空と陸、マイラーとしての質は違いますが、それでも彼の言葉は印象的です。

f:id:sinrons:20161215190308p:plain

いやいや、マイラーの鏡ですね~。

そんな彼の目標は!!

f:id:sinrons:20161215190431p:plain

驚くべき数字です。

そして、空港を我が家と呼ぶ彼の相棒がこちらです。

f:id:sinrons:20161215190649p:plain

劇中でアップになる場面もありますが、「トラベルプロ」のソフトタイプのスーツケースのようです。

映画冒頭での華麗なるスーツケース捌きは一見の価値がありますね。

でも、タイトルに魅かれてこの映画を見ると、意外と重いテーマが含まれていることに驚くと思います。

人は生きていく中で荷物を背負わざるを得ないし、背負わない人生もまたリスクなんだと。

そして、そのことに気付いて背負おうとしても既に手遅れなんですよね。

 

ところで、彼のように颯爽とスーツケースを引く姿にはもちろん憧れますが、私にはたぶん似合わないと思うんですよね。

そんな私が近所の雑貨を扱うショップで見掛けて一目ぼれしたバッグがこちらです。

「キャビンゼロ」というイギリスのブランドのバックパックです。

バックパックなんですが取手が付いていて、手に持つことも可能です。

f:id:sinrons:20161215192846p:plain

私が気に入ったのは、公式サイトにも載っているカモフラ柄の44リッターバッグです。

f:id:sinrons:20161215193308p:plain

女性が背負っても絵になりますね。

f:id:sinrons:20161215195631p:plain

この44リッター大容量のバックパックは機内持ち込み制限ぎりぎりの大きさで作られているんですよ。

大きさは、55cm✕40cm✕20cmなんですが、例えばANAの場合、機内持ち込みできる手荷物はこんな感じです。

f:id:sinrons:20161215193707p:plain

そして、JALの場合はこんな感じですね。

f:id:sinrons:20161215193903p:plain

100席以上の飛行機だと制限ぎりぎりに収まっていますが、100席未満のプロペラ機などに乗る場合は制限にひっかかるので注意が必要ですね。

 

私が見たお店では税抜き7800円の値札が付いていたので、税込みだと8424円ということになります。

お手頃な値段なんですが、もう一声ほしいということでインターネットで検索してみるとアマゾンで割引販売されていました。

f:id:sinrons:20161215194458p:plain

送料無料の7729円なので、なかなかいい感じですが、今回はもうひと工夫です。

このMUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードのキャンペーンを利用してみました。

f:id:sinrons:20161215194658p:plain

これで、1000円のキャッシュバックを受けられるので、実質6729円と実店舗で購入するより1695円お得ということになる予定です。

20%のディスカウントですからお得感があります。

 

余談ですが、このキャビンゼロのバッグは「Okoban」という手荷物捜査システムに対応していて、紛失した際検索が可能なようです。

f:id:sinrons:20161215200016p:plain

また、10年保証を謳っていますので、品質には自信があるようです。

ただ、イギリスのメーカーなので、実際に壊れた場合はあきらめるしかないかもですね。

ちなみに公式サイトにはこう書かれています。

f:id:sinrons:20161215200436p:plain

「フェイスブックでライクしてくれたら25年保証にしてあげるよ。」って。

25年保証となると半永久保証みたいなもんですよね。

20年後に無償で修理してくれた、なんてことになったら話のネタとしては面白いかもしれませんね。

旅のスタイルは人それぞれなので、自分に合った相棒を見つけてくださいね。