Life=Risk ソラチカ

「空は思ったより近かった。」なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

The sky is closer than people think

空は思ったより近かった ~ソラチカ~

ソラチカカード発行で500マイル得をする方法 陸マイラーが持つべき最強のクレジットカードはこれだ!!

人は時に人生を変える選択をすることがあります。

2016年5月13日、1枚のクレジットカードを発行したことによって、私のライフスタイルは大きく変わりました。

そのカードが「ANA ToMe CARD PASMO JCB」、通称ソラチカカードです。

f:id:sinrons:20170116180735p:plain

ソラチカカードによって大量のANAマイルを入手し、今までにない空間的な自由を手に入れたのです。いつでも飛行機に乗って遊びに行くことができるこの自由を、ぜひあなたも体験してみてください。

 

目次

ソラチカカードが私に与えてくれたもの、空間的な自由とは?

私が得たマイルは、クレジットカードの決済でコツコツ貯めたものではありません。私は田舎に住むごく普通のサラリーマンです。

もし、私が決済金額の2パーセントをマイルに還元できるクレジットカードを持っていたとします。2パーセントは驚異的と言える還元率ですが、それでも年間150万円のクレジット決済をしたとして、手にするマイルは3万マイルに過ぎません。

これをANAの特典航空券に換えると夫婦で年に1回、飛行機で国内旅行ができるでしょう。でも、それだけです。とても空間的自由を手に入れたというレベルではありませんよね?

実は私が得た大量のマイルは、ポイントサイトで獲得したポイントをソラチカカードを使ってANAマイルに交換したものなのです。

その交換率は驚異の90パーセント!!

1万ポイントが9,000ANAマイルに交換できるんです!!

「1万ポイントが9,000ANAマイルなんて、減っているから損をしているんじゃないか?」そう考える方もいるかもしれません。でも、1マイルは最低でも1.5円以上の価値があるというのが定説です。そして、マイルを航空券に換える場合、1マイルの価値が飛躍的に高まるケースがあるのです。

下は2017年8月1日~4日の日程での羽田・ニューヨーク間ファーストクラスの運賃です。

金額はなんと、2,259,180円!!

f:id:sinrons:20170116194816p:plain

いかがでしょうか?

意外と安いね、そんな感想を持たれた方はこのブログを読む必要はありません。

大半の方は「ファーストクラスでニューヨークか。憧れるけど、やっぱり夢みたいな話なんだな。宝くじでも当たったら行けるかも。」と、そう考えるのではないでしょうか?

私も当然そう考えていました。ソラチカカードを発行するまでは。

しかし、今は違います。「ファーストクラスでニューヨークか。ネタとしては面白いかもしれないな。」そう考えてしまいます。

もし、この日程をマイルを使って実現するとしたら、必要なマイルは165,000マイルです。これは、今の私にとっては実現不可能な話ではありませんから。

陸マイラーは本当にマイルを稼げるのか?所持マイル0だった私が半年で40万マイル以上を稼ぎ浪費した記録 - Life=Risk

2017年1月現在、165,000マイルに加えて空港使用税など1万円程度を支払えば、ファーストクラスでニューヨークへ行くことができますが、その場合1マイルの価値は13円以上に跳ね上がることになります。(但し、マイルに追加して支払う金額は一定ではなく燃油サーチャージの適用状況などによって変化します)

ソラチカカードの発行を最優先すべき理由

飛行機に乗ることなく、ポイントサイトを活用してマイルを貯めるには、とにかくソラチカカードがないと話になりません。

ポイントサイトについて研究するのもいいでしょう。でも、待ってください。大量にマイルを貯めるのが目的ならソラチカカードの発行こそが、全てに優先すると言っても過言ではないのです。

もちろん、ソラチカカードなしでマイルを貯める方法はあります。しかし、初心者がANAマイルを大量に貯めるという点においては、ソラチカカードを使った手法が最も効率的で誰もが実現可能な方法なのです。

ですから、まずソラチカカードの審査に通ってから、マイルを貯める戦略を練るべきで、そうでなければ研究した方法は絵に描いた餅のように意味のないものになってしまいます。

ソラチカカードを最もお得に発行する方法は?

ポイントサイトは、各種クレジットカードの発行でもポイントが付与される場合があります。ソラチカカードもクレジットカードである以上、いずれかのポイントサイトを経由して発行し、ポイントを得た方がいいのは事実です。

しかし、2017年1月現在、私の知る限りソラチカカードを扱うポイントサイトはありません。今後、扱うポイントサイトが出てこないかというとそれはわかりませんが、とにかくソラチカカードがないと戦略の立てようがありませんから、今のところはポイントサイトは無視して少しでも早く発行するのがベストということになります。

しかし、少しでもお得に発行したいということであれば、2016年8月から開始したANAのマイ友プログラムを活用するのがいいと思います。

ANAマイ友プログラムというのは、ANAマイレージクラブの会員の方からの紹介を受けた方が対象カードに入会すると紹介者・入会者それぞれにマイルがプレゼントされるというものです。

ソラチカカードもANA一般カードとして、このプログラムの対象になっているので、知り合いにANAマイレージ会員がいればその人に紹介者になってもらうとよいと思います。

もし、知り合いにANAマイレージ会員はいないという方やそんな面倒なことを頼みたくないけどマイルはもらいたいという方がいれば、私の紹介番号などを載せておくので使ってください。

私にもマイルがプレゼントされるので非常に助かります(笑)

ANAマイ友プログラムでプラス500マイルをもらう方法

まず、下のリンクをクリックしてください。

『マイ友プログラム』に登録する│ANAマイレージクラブ

特典内容を確認してください。

ソラチカカードはANA一般カードの扱いなので、通常入会ボーナスマイル1000マイルにプラスしてマイ友プログラム入会ボーナスマイルとして500マイルがもらえます。

紹介者には500マイルがプレゼントされます。

f:id:sinrons:20170116230355p:plain

下の方に注意事項が書かれているので、こちらもよく確認してください。

注意事項を読んで問題なければ、登録用ページをクリックします。

f:id:sinrons:20170116230810p:plain

紹介者がいない方のために私の紹介番号などを記載しています。

よかったら、こちらで登録してください。

f:id:sinrons:20170116231041p:plain

申込者情報を記載して内容確認を終えるとこのような画面になります。

「ANAカードにご入会の方はこちら」を選択してください。

f:id:sinrons:20170116232322p:plain

下のような感じで選択して「絞り込み」をクリックしてください。

f:id:sinrons:20170116232524p:plain

二種類程度に絞り込まれると思いますので「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の「お申し込み」をクリックして、後は通常のクレジットカードの発行の手続きを進めることになります。

f:id:sinrons:20170116232633p:plain

飛行機に乗ってマイルを貯めるのではなくクレジットカードでコツコツとマイルを貯めるのでもない、ポイントサイトを活用し大量のANAマイルを貯めるにはソラチカカードの発行が一番重要です。

ソラチカカードを発行する際の注意点

2017年1月現在は、このような画面に飛ぶと思いますので、「ソラチカカードのお申し込みはこちら」を選択します。

f:id:sinrons:20170117001209p:plain

「ANA To Me CARD PASMO JCB」が選択できているか確認してください。

ANA To Me CARD PASMO JCB=ソラチカカードです。両方表記していたり、どちらか片方だけ書いていたりするので紛らわしいですが。

f:id:sinrons:20170117002337p:plain

入力の際、悩むのが「ポイントコース選択」だと思います。

この「ポイントコース選択」というのはJCBのクレジットカードで買い物をしたりした時に貯まる「OkiDokiポイント」をANAマイルに移行するためのコース選択です。

OkiDokiポイントは1000円のショッピング利用につき1ポイントの付与で、1ポイントを5マイルに換えるか、10マイルに換えるかという選択です。

それは10マイルの方がいいじゃないかということになりますが、10マイルを選ぶと移行手数料として年間5,400円(税込)がかかることになります。

しかし、100万円カードを利用しても10,000マイルです。これを移行するのに5,400円払うというのは馬鹿らしいですよね。一方、5マイルコースは手数料は無料であるものの、100万円カード利用しても5,000マイルにしかなりません。決済用のカードはもっとメリットのあるクレジットカードにした方がいいですね。

自動移行も10マイルも選ぶ必然性がないので「マルチポイントコース(5マイル)」を選択しておいたのでよいという結論です。

もっとも、キャンペーンで10マイルコースを選べば、ボーナスマイルがあるという場合は「マルチポイントコース(10マイル)」を選ぶという選択でもいいのかなと思います。

ポイントコースについては、下のリンクに詳しく書かれているので参考にしてください。

ANA マイル移行サービス | クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

ソラチカカードはあくまでポイントサイトなどからのポイントをメトロポイントに変換し、それを更にANAマイルに換えるための変換装置です。

決済用のカードは別のカードにした方がよいと思います。ですから、ETCカードやクイックペイも基本的には必要ありません。利用可能額も少ない方がいいし、リボ払いの登録も必要ないことになります。当然、有料サービスを追加して年会費を上げる必要もありません。

現在は初年度年会費無料ですが、二年目からは2160円の年会費が必要となります。しかし、大量のANAマイルを獲得するための必要経費だと考えてください。