Life=Risk ソラチカ

「空は思ったより近かった。」なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

The sky is closer than people think

空は思ったより近かった ~ソラチカ~

ブリティッシュエアウェイズのAvios利用 JAL特典航空券 四国脱出計画

これは私の備忘録的な内容です。大半の方には何の役にも立たないと思います。しかし、大都市近郊の方は陸マイラーとして恵まれているということはわかっていただけるかもしれません。あるいは、四国って意外と便利なんだなという感想を持たれる方もいるかもしれませんね。

四国に住むということは、経済的に移動範囲が制限されるということです。何しろ本州に渡るためには船に乗るか橋を渡るか飛行機に乗るかという選択をしなければなりません。そして、その選択全てにそれなりのお金が必要になるのです。例外的にしまなみ海道を自転車、徒歩で渡るというものがありますが、それは除外することにします。

今回はブリティッシュエアウェイズのAviosを利用し、JALの特典航空券を発券して四国を脱出する方法を考えたいと思います。

愛媛県松山空港の場合

まず、JALの時刻表を見てみましょう。2017年1月7日~2月28日のものです。

f:id:sinrons:20170122201118p:plain

f:id:sinrons:20170122201141p:plain

f:id:sinrons:20170122201214p:plain

Aviosで特典航空券が発券できるのは、日本航空便とジェイ・エア便です。但し全てのジェイ・エア便が対象となるかどうかはわかりません。私はブリティッシュエアウェイズのサイトで手作業で確認しています。

松山空港から一区間で移動できるのは、羽田空港・伊丹空港ということになります。

時刻表にもある新千歳空港へは乗継という形で発券できますが、羽田乗継で18,000Aviosが徴収されます。2区間分はしっかり取られますから、それなら別々に発券した方が自由度が高い気がします。乗継の場合、預けた荷物がどうなるか、保安検査がどうなるか、不明な点も多いです。

f:id:sinrons:20170122203945p:plain

ブリティッシュエアウェイズのJAL特典航空券に関しては、実際にブリティッシュエアウェイズのサイトで入力してみるのが一番だと思います。ひょっとすると思わぬ路線が利用可能かもしれませんしね。松山ー青森など時刻表での設定がない路線も乗継で表示してくれることがあります。一方、松山ー那覇は私が入力する限りでは表示されません。表示されたところでメリットがあるかどうかと言われたらよくわかりませんけど。

松山ー那覇ならANAの特典航空券で飛んだ方がお得でしょうし。

f:id:sinrons:20170122210554p:plain

香川県高松空港の場合

高松空港の場合はシンプルです。高松ー羽田の一択です。全く悩む必要がありませんね。

f:id:sinrons:20170122210927p:plain

徳島県徳島空港の場合

徳島空港の場合は、羽田に加えてジェイ・エアの福岡便が利用可能かどうかという点があります。

f:id:sinrons:20170122211722p:plain

f:id:sinrons:20170122201214p:plain

結論は発券可能です。しかも手数料無料。徳島から福岡への移動は難易度が高いですから、これは利用価値があるかもですね。ただ、もう少し便数が多いか、滞在時間が長くとれる時間帯ならよかったのですが。

f:id:sinrons:20170122212639p:plain

高知県高知空港の場合

最後に高知空港です。羽田便に加えて、県営名古屋空港、福岡便がどうかというところです。

f:id:sinrons:20170122213101p:plain

f:id:sinrons:20170122213121p:plain

f:id:sinrons:20170122201214p:plain

私が検索した範囲でですが、名古屋便は確認できませんでした。恐らく利用できないものと思います。

※コメント欄で教えていただきました。ホームページで確認できない場合でも、電話なら予約可能なケースがあるそうです。

ジェイ・エアの福岡便は利用可能です。しかも手数料無料&一日二便。これはいいですね。福岡空港から繁華街は近いですから、まさかの日帰り弾丸ツアーも可能かもしれません。ラーメン食べて、明太子を買って帰るみたいなやつです。

f:id:sinrons:20170122215657p:plain

結局のところ、四国の各空港からは羽田便が第一選択だというところでしょうか。それに加えて、高知ー福岡便には魅力を感じます。