Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ユナイテッド航空のオーバーブッキング問題について考えたこと

陸マイラーとしては看過できないニュースですね。ユナイテッド航空は先日からあまりよいニュースがありません。

ユナイテッド航空がレギンス着用の少女を搭乗拒否? - Life=Risk ソラチカ

ユナイテッド航空3411便で何があったのか?

まずは4月9日の夜、ユナイテッド航空3411便で何があったのか事実関係を追ってみたいと思います。

アメリカ中西部シカゴにあるオヘア国際空港に駐機したユナイテッド航空3411便の機内が今回の舞台です。オーバーブッキングというのは飛行機の座席以上に予約をとってしまった状態を指し、キャンセルを見越して多めに予約をとってしまったとか、人為的・機械的ミスで発生します。

今回は「4人のユナイテッド航空の社員(パイロット?)を当該飛行機で別の場所に移動させなければならなくなり、急遽一般乗客の中から降機に応じてくれる人を4人募った」というものらしいので一般的なオーバーブッキングとはやや趣きが異なります。

当初ユナイテッド航空のスタッフは「400ドル+一泊分のホテル代」で降機に応じてくれる人を募集したようです。しかし、誰も応じなかったため金額は800ドルにまで増額されました。それでも応じる者がおらず、最終的にはコンピューターでランダムに選ばれた4人に協力を求めることになりました。そして1組のカップルが了承して飛行機を降機します。問題となったのはここからの対応です。

選ばれたもう一組はアジア系の夫婦で夫は「自分は医者で明日の勤務のために降機することはできない。弁護士に相談する。」と興奮した様子で話していたようです。スタッフはマニュアルに従い空港警察に通報、駆け付けた警察官が最終的には仰向けに倒れた男性の両手を持ち通路を引きずって降機させました。男性はその際に顔を打ったようで流血している画像が残されています。

f:id:sinrons:20170411204346p:plain

https://www.facebook.com/audra.dickerson

居合わせた乗客のAudra D.BridgesさんがFacebookで動画を公開しています。

ユナイテッド航空の対応は適切だったのか?

被害に遭った男性がアジア系(中国人と言われています)だったことから「人種差別ではないのか?」「そもそもこのような暴力的な手段が許されるのか?」といった点が論争になっています。

個人的な見解ですが、航空事故は人命に直結するため、航空会社の運営が厳格なものであるのは当然だと考えています。まして現在のようにテロが横行する時代では、時として強制力が行使されるのもやむを得ないでしょう。

しかし、映像として確認できる範囲内の出来事だけでも、今回のケースは非常にまずい対応だったとしか言えません。このようなケースで怪我を負わせてまで降機させる必要性があったでしょうか?残る2人を再選定し説得するなどの平和的な解決策が取り得たはずです。そもそもの非が航空会社側にあるのに、正規の方法で乗っている乗客が降機に応じないからと言って暴力的な手段で排除するというのはさすがにやり過ぎです。映像でも他の乗客から非難の声が上がっているのがその証左です。

ユナイテッド航空の対応がまずかったのか、駆け付けた空港警察の対応がまずかったのか、あるいはその両方かというところはあるにせよ、今回の事件でユナイテッド航空の評価が下がるのは間違いないでしょうね。

少なくとも私はユナイテッド航空に乗りたいとは思えなくなりました。

やはりマイルを貯めてANAやJALに乗るべきなのでしょうか。