Life=Risk ソラチカ

「空は思ったより近かった。」なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

The sky is closer than people think

空は思ったより近かった ~ソラチカ~

私がクレジットカードのキャッシング枠をつけたくない理由 時々耳にする貸金業法、総量規制って何?

クレジットカードの審査落ちを経験したことはありませんか?

クレジットカードの審査は、通常私達がその審査の過程を知ることができません。私達が知ることができるのは審査を通ったか取らなかったかという結果だけです。ですから、クレジットカードの審査は「ブラックボックスだ。」なんて言われますよね。私はクレジットカードが好きです。16枚も持っているのに、まだまだ発行したいと思ってるくらいですから。クレジットカードを発行する上で「貸金業法」や「総量規制」は気になるキーワードです。

f:id:sinrons:20170429180904p:plain

貸金業法とは?

簡単に貸金業法について書いてみたいと思います。クレジットカードを発行する上で知識として持っておいて損のないものです。現在の貸金業法は平成22年6月18日に施行され、返済し切れないほどの債務を背負う多重債務者問題の解決を目的にしています。

貸金業法の対象となる貸金業者とは?

財務局又は都道府県に登録しているお金を貸す業務を行っている業者です。具体的には消費者金融やクレジットカード会社などを指します。様々な融資を行う銀行や信用金庫などはこの法律にいう貸金業者に該当しません。当然、登録などしていないヤミ金もこの法律上の貸金業者ではありません。

クレジットカードのショッピングとキャッシングの違い

クレジットカードを発行すると利用可能枠を「ショッピング」と「キャッシング」に分けて記載した紙が一緒に送られてきますよね。クレジットカードで商品やサービスを購入するのが「ショッピング」です。この「ショッピング」は貸金業法の規制を受けることはありません。問題なのは「キャッシング」の方で、こちらは貸金業者であるクレジットカード会社が貸金業法の規制の下にお金の貸し付けを行う行為になります。

貸金業法の総量規制とは?

これぞまさに多重債務者防止のための規制で、貸金業者は借り手の年収の3分の1を超えた金額を貸し付けることができないというものです。「年収の3分の1」は全ての貸金業者の貸し付けの合計額となります。年収90万円の人は30万円が限度となりますから、既に30万円かそれに近い貸し付けを受けていたら、キャッシング枠の付いたクレジットカードを新たに発行することは難しいでしょう。同様の理由で年収がない人はキャッシング枠が付いたクレジットカードを発行することができない場合があります。

※一部の銀行系クレジットカードのように総量規制の対象外カードもあります。

またキャッシングの利用状況に応じて、貸金業者に対し年収証明書類を提出するなどしなければなりません。この総量規制に違反すると借り手には罰則はないものの、貸金業者は行政処分の対象になります。

※自動車ローンや住宅ローンは総量規制の対象外です。

年収証明書類を提出しなければならない場合とは?

源泉徴収票に代表される年収証明書類を提出しなければならないのは、

A.単独の貸金業者から50万円を超えて借り入れするとき

B.貸金業者から合計100万円を超えて借り入れするとき

に当てはまった場合です。B.のケースは、例えば他の貸金業者から100万か、それに近い借り入れがある状態で、更にキャッシング枠のついたクレジットカードを申し込むような場合です。

キャッシングの借入残高が10万円を超えると?

クレジットカード会社は定期的(3か月ごと、さらに月間の利用金額が5万円を超える場合は毎月)に「指定信用情報機関」での返済能力の調査を行うことが義務付けられています。また、調査の結果によりカード会社は様々な対応を行わなければならなくなります。これはカード会社にとって負担が大きいですね。

指定信用情報機関のCIC

借り入れしていないキャッシング枠は総量規制の対象なのか?

キャッシングの利用可能枠として記載されている金額そのものが総量規制の対象となるわけではありません。貸金業者は「指定信用情報機関」に集約された情報を見て「借入残高(実際に借り入れしている金額)」を把握します。キャッシング枠の合計金額が年収の3分の1に達したとしてもクレジットカードが作れなくなるわけではありません。実際に貸金業者から借り入れした金額の合計が年収の3分の1に達した時に、新たにキャッシング枠が付いたクレジットカードが作れなくなるというだけです。

なぜキャッシング枠をつけたくないのか?

キャッシング枠を付けたクレジットカードをいくら発行しても、実際に借り入れを行わなければ、クレジットカードの新規発行には影響ないようにも思えます。しかし、貸金業法の縛りがある以上、クレジットカード会社はリスク回避のためにキャッシング枠がついたクレジットカードの審査基準のハードルを上げざるを得ないでしょう。そうなるとキャッシング枠を付けるというのは審査落ちの危険性が高まるということを意味します。一度、審査落ちしてしまうとクレジットカードの発行に対する心理的なハードルが高まり、「もし続けて審査落ちしてしまったりしたら。」と考え、当面クレジットカードの発行を見合わせることになります。私がクレジットカードのキャッシング枠を付けたくないのは、審査のハードルを上げるリスクを背負いたくないからなのです。