Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

BAマイルで関西国際空港→ウラジオストクの旅を妄想してみる

陸マイラーを続けている内に自然と落ち着いたのが、ANAマイルとBAマイル(Avios)を使った国内専門弾丸旅行という今のスタイルです。とは言え、時間さえ許せば当然、海外にも行ってみたいと考えています。それもなるべく少ないマイルで。

 そこで気になるのが、2017年4月から関西国際空港で運行が開始されたS7航空のウラジオストク便です。BA(ブリティッシュエアウェイズ)の特典航空券を使えば650マイルの範囲であればJAL便を利用してわずか9000マイル(Avios)で往復することができるのです。

ロシアのS7航空はワンワールドアライアンスメンバーで関空=ウラジオストク便はJALとのコードシェア(共同運航)便となっています。BAマイルを使えば9000マイルで関西国際空港とウラジオストク空港が往復できてしまいます。フライト時間、2時間20分でヨーロッパの雰囲気が味わえてしまうのです。

f:id:sinrons:20170829211737p:plain

関空=ウラジオストク便の便数、発着時間は?

現在のところ、関空=ウラジオストク便は水曜日と金曜日の週2便の運行となっています。お試しということであれば、滞在時間は短くなりますが、水曜日出発、金曜日帰国の2泊3日の旅程がいいのではないでしょうか。

f:id:sinrons:20170829211942p:plain

ウラジオストクは日本とほぼ同じ経度であるため、本来時差はなくてもよいはずですが、ロシアの取り決めにより、日本時間+1時間となっています。

特典航空券発券に必要なマイル(Avios)や諸税は?

実際にブリティッシュエアウェイズの公式サイトで調べてみました。9000Aviosに加えて手数料等で4,740円が必要になります。倍の18000Aviosを出せば、同じ手数料でビジネスクラスも選択できました。もっとも、2時間強のフライトなのでエコノミーで十分だと思います。

f:id:sinrons:20170829213601p:plain

ウラジオストクでの電子ビザの運用開始について

ロシアへ入国する際の観光ビザの取得は複雑な手続きが必要だそうですが、ウラジオストクに限り2017年8月8日から電子ビザの運用が開始されています。ウラジオストクに8日以内の滞在であれば、比較的簡単にインターネット上でビザが取得できるようです。

下記のリンク先から申請できますが、実際にやってみないと簡単かどうかはよくわかりません。

E-visa

ウラジオストクについては情報も少ないですが、少しずつ旅行記なども増えてきている印象です。もう少し研究して行くかどうか決めたいと思います。気になる場所ではありますが、ロシアということでちょっとハードルが高いですね。