Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

四国電力のよんでんポイントをANAマイルに!!ソラチカルートで交換比率1.08倍!?

四国は陸マイラー不遇の地?私の選択とは

ソラチカカードを使ったANAマイルの稼ぎ方は全く難しいものではありません。ポイントサイトでポイントを稼ぎ、それをメトロポイントに交換して、更にANAマイルに交換するだけですから。具体的な方法も「陸マイラー」とか「ソラチカルート」などのキーワードで検索すればいろいろ出てきます。

 

四国だけじゃなくて都市部以外の陸マイラーは、モニター系の案件が少ないとか地方空港故の選択肢の少なさからマイルの利用方法が制限されるとか、大なり小なりハンデがあると感じているんじゃないでしょうか。

FX案件の大幅ポイントダウンやクレジットカードも無限に発行できるものではないということを考えると、田舎在住の陸マイラーは経験が長くなるほどエース不在の戦いを強いられるのかもしれません。

 

そこで「友達紹介」という手法が注目されるわけですが、これがそう簡単に成功するものでもないんですね。私もブログを書き始めた頃に挑戦してみましたが、全く友達は増えませんでした(笑)。当たり前ですよね。友達紹介の手法を成功させるためには、それなりの利益の提供が大前提です。この人の言うことなら試してみようかと思わせる何かが必要なんです。何の利益も提供しないで、(ポイントサイトの)友達なんて増えるわけありません。恥ずかしい話です。

 

私がマイルを貯める理由は「妻となるべく多く旅行がしたい。」というシンプルなものです。その理由に沿って不要なものを削ぎ落していくと、豪華なラウンジもビジネスクラスも憧れの対象ではあっても最後に残るものではありませんでした。なければなくてもよいものです。もちろんあった方がいいですけど。私にとってマイルは旅の選択肢の一つであって、全てではないのです。

 

そんな私が選んだのは、まず身体を鍛え直すことでした。筋肉量を増やし体脂肪を減らすことによって、エコノミークラスの長距離移動に耐え得る身体をデザインしようとしたのです。友達紹介の手法を研究するより、トレーニングに関するノウハウはそれなりにあるので、それを利用して使用するマイルを少なくした方が、私にとっては性に合ってるし効率的な選択だと感じています。エコノミークラスの方が特典航空券が発券し易いということも理由の一つです。

 

最初に書いたようにANAマイルを貯める手法は難しくありません。しかし、何のためにマイルを貯めるのか、そのマイルで何がしたいのか、それによってどのようなメリットがあるのかということをはっきりさせていかないと飽きて挫折してしまうと思います。ただ単に旅行に行きたいというのなら、ポイントサイトのポイントを現金化して格安のパックツアーに申し込んだ方が簡単で安上がりということもあり得るからです。

 

また、自分に合ったマイルの貯め方の研究も必要不可欠です。自分のライフスタイル、得意分野、住んでいる地域の特性に合ったマイルの貯め方で、それは時間経過と共に変化していきます。

四国電力のよんでんポイントをANAマイルに換える方法とは?

この方法は、よんでんポイント→ネットマイル→メトロポイント→ANAマイルというソラチカカードを使ったソラチカルートと呼ばれるオーソドックスな方法です。中継サイトとしてネットマイルというややマイナーどころを使う以外に珍しい手法ではありません。

私も以前に記事にしてはみたものの、よんでんポイントがそう貯まるものではないので、あまり魅力を感じることもなく放置状態でした。ところが、2017年4月から話が変わってきます。四国電力が電気の使用料金200円につき1ポイントという料金連動ポイント制を導入したのです。

 

「200円につき1ポイントなら還元率0.5%か、たいしたことないな。」と思う方もいるかもしれません。確かにその通りですが、四国電力は電気料金のクレジットカード決済が可能です。クレジットカードのポイントとよんでんポイントの二重取りができるのです。私の家はオール電化住宅なので、電気料金は高額になります。2016年の年間電気料金の合計は約27万円でした。使い過ぎじゃないのか…

 

27万円の0.5%なら年間で1350よんでんポイントがもらえます。更に誕生月に100ポイントのボーナスがもらえるし、月末に「よんでんコンシェルジュ」内の検針票や記事を閲覧(クリックするだけです)することで月30ポイント程度は上積みすることができます。後は貯まったポイントを下図の要領でANAマイルに変換するだけです。

f:id:sinrons:20171026150220p:plain

しかし、このままではポイントは0.9倍に減算されANAマイルになってしまいます。ネットマイルはメトロポイントに交換する際に50円相当の手数料を取るため、陸マイラーが通常使用する中継サイトとしては不向きです。しかし、たまにメトロポイントへの移行に対し20パーセント増量キャンペーンを行います。

f:id:sinrons:20171026150955p:plain

このキャンペーンを利用して移行すればよんでんポイントは1.2倍のメトロポイントになり、それを0.9倍でANAマイルに移行しても、結果的に1.08倍で移行できてしまうわけです。

私の場合、上積み分のポイントも加算すれば年間2,000ANAマイル程度を手にすることができる計算になります。クレジットカードのポイントは別に付与されますし、たいした努力も必要とせず、制度が続く限りANAマイル発生装置として稼働してくれるわけですからありがたい話です。

おまけ

よんでんポイントは始まったばかりなので謎も多いですね。誕生日ポイントだけでなく、ありがとうポイントというものが500ポイント付与されていました。

f:id:sinrons:20171026152147p:plain

よんでんポイントに興味を持った方はこちらの四国電力公式サイトで詳細を確認してください。

よんでんコンシェルジュ / よんでんポイント | 四国電力