Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ポニーの上野動物園案件は無限案件ではありませんでした

この間から、ポイントサイト「ポニー」のタイムセールに現れては消えるという噂の上野動物園案件のお話です。

f:id:sinrons:20171031213508p:plain

画像の右上の案件なんですが、「EPARKママこえ」で上野動物園の二種類のチケット(500円と600円のもの)のどちらか1枚購入すれば、600円分のポイントがもらえる100%以上還元案件です。

今日はこの案件はもう消えてしまっているため、私の記憶でお話することになりますが、ポニーでは「何回でもポイント対象」と書かれていました。安い方の500円のチケットを買って600円分のポイントをもらっても儲けは100円です。上野動物園の無料入園券は手に入りますけど、わざわざやるほどの案件じゃないなというところです。

しかし、ポニーでの案件+繰り返し可能ということになると少しだけ話が違ってきます。ポイントサイトには興味があるけど、ポニーにはまだ登録したことがないという方には、面白い話だと思うのでもう少しお付き合いください。

ポニーの友達紹介システムについて

ポニーは私もそれほど利用するポイントサイトではありません。でも、たまに高額案件や面白い案件が出てくるので登録はしています。

ポニーの特徴の一つに強力な友達紹介システムがあります。例外なく案件の30%分のポイントが被紹介者に対し付与されるというものです。

f:id:sinrons:20171031215604p:plain

この紹介システムのすごさを私が感じたのは12,000円相当の案件をこなした時でした。私は妻に紹介された形でポニーに登録しています。すると私が12,000円相当の案件をこなすと妻にも30%分の3,600円相当のポイントが付与されたのです。

妻はこのことを教えてくれた親切な誰かの紹介でポニーに登録しています。私が12,000円相当の案件をこなすと、その親切な誰かにも20%分の2,400円相当のポイントが付与されたはずです。

これが3ティア制と呼ばれるポニーの友達紹介システムです。このシステムがマルチ商法的だと言って嫌う人もいます。でも私自身、本来もらうはずだった12,000円相当のポイントをもらったし、妻も何もしていないのに3,600円をもらえました。その上、このことを教えてくれた親切な誰かも2,400円がもらえるなら、みんなが得をしているわけだからいいんじゃないかというのが私の考えです。

ポイントサイト利用時の注意点「友達紹介システム」

友達紹介システムはポイントサイトを利用する上でとても大切な要素です。特にポニーのように家族間の友達紹介がOKで、全ての案件で紹介ポイントが付与されるポイントサイトでは絶大な効果があるので登録の仕方をよく考えた方がいいです。

f:id:sinrons:20171031221838p:plain

要はメインで活動する人ほど後で登録した方がよいということです。まず、家族内で配偶者などにポニーに登録してもらいます。そしてその後、その人に紹介してもらう形でメインで活動する人がポニーに登録します。こうすれば、家族内で紹介ポイントももらうことができます。ポニーは3ティア制ですから、家族内に協力者が二人いれば全ての紹介ポイントを家族内でもらってしまうことも可能です。

この考え方は全てのポイントサイトに応用可能ですが、ポイントサイトによっては家族間の紹介が禁止されていることもあるので注意してください。また、ほとんどの案件が紹介システムの対象外だったりして効果がない場合や案件に対する紹介ポイントはないサイトもあります。

ポニーの上野動物園案件は無限案件なのか?

友達紹介のシステムを理解すれば、500円に対し600円相当のポイント付与や600円に対し600円相当のポイント付与でも、実際はそれ以上のメリットがあることがわかると思います。家族内に1人でも協力者がいれば、友達紹介システムを使うことにより、少なくとも30%分のポイントの上積みが可能だということです。

「600円の30%だから、180円かやっぱりたいしたことがないな。」と思われた方、その通りです。でもこれが繰り返し登録が可能な無限案件だと、また話が違ってくるのです。

極端な話をすれば、仮に600円のチケットを1,000枚購入したとします。コストは60万円です。購入した人は60万円相当のポイントと大量のチケットを手にします。そして家族内の協力者には18万円相当のポイントが付与されます。60万円相当のポイントを現金化して購入代金と相殺しても、大量のチケットと18万円分のポイントは残ります。

実際にはいかに無限案件と言えど1,000件も購入できるような案件はまずないでしょうけど。あるかもしれないのが無限案件の怖さでもありますが…

ここまで引っ張ってアレなんですが、ポニーの上野動物園案件は残念ながら無限案件ではありませんでした。EPARKの方で2種類のチケットの購入上限が、それぞれ5枚に設定されているようです。何回でもOKと書いてる割にはポニーからも消えてしまいましたし。

最大5,500円のチケット代に対し、付与されるポイントは最大6,000円相当、友達紹介30%分が最大1,800円相当、20%分が最大1,200円分。つまり友達紹介システムを最大限利用したとしても、5,500円の投資に対し得られるのは最大9,000円と10件分のチケットです。興味がある方は、またポニーで復活するかもしれません。

いつか、パンダの香香(シャンシャン)を見に行って来ますね。