Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ついにYJカードに手を出してしまいました、ドットマネーで6,480円相当&Tポイントで16,111円相当!!

私のメインのメールアドレスはYahoo!メールです。Yahoo!のサービス利用歴はそれなりに長いんですが、Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)カードは発行してなかったんですよ。

これで、所持しているクレジットカードがちょうど20枚になります。クレジットカードって何枚発行できるんでしょうね。そろそろ一部のカードは解約も検討しないといけない気もします。

Yahoo!JAPANカードは審査基準の緩いカードと言われています。高校生を除く18歳以上の人なら申し込みが可能です。発行枚数が多くなってきたので、難易度の低いカードを狙ってみようかという気持ちもあるんですよね。

今回利用したポイントサイトはドットマネーです。ドットマネーモールで6,480円相当のポイントは、決してベストとは言えません。過去には9,000ポイントなどというのも見た記憶がありますから。

しかし、Tポイントが最高16,111円相当もらえるので、合わせて22,591円相当なら決して悪い話ではないと思いチャレンジしてみました。

11/5~11/11の7日間限定キャンペーン

f:id:sinrons:20171106222504p:plain

今回、私が利用したのが上の7日間限定キャンペーンです。ただ、YJカードは頻繁にこういったキャンペーンを行っているので、あせって発行する必要はありません。でも、とてもお得な条件で発行できるし審査の難易度の低いカードなので、よい条件の時を狙って発行したいですね。

多くのクレジットカードの発行を考えている人は、難易度や必要性の高いカードを発行した後に取り組んだので十分な案件だと思います。

注意点①

付与されるTポイントは、使用方法や使用期間が限定される期間固定Tポイントになります。私のケースだと入会で5,000ポイントが即時付与されました。

f:id:sinrons:20171106223707p:plain

有効期限は今月末になってます。カードの発行前にある程度、ポイントの使用方法まで決めておいた方がいいですね。あせらないで済みますから。

後はカードを初回利用した後に6,111ポイントが付与される予定ですが、こちらも期間固定Tポイントとなります。

注意点②

Yahoo!プレミアム同時入会で更に期間限定Tポイントが5,000ポイント付与されます。付与されるのは、申込み月を含む4カ月後の中旬です。ポイント付与の時にサービスを解約しているとポイント付与されません。Yahoo!プレミアムは税込みで月額500円が必要になる有料サービスです。最初の2カ月は無料になってますが、更に2カ月分の会費が必要になり1,000円は持ち出しとなってしまいます。1,000円のコストで5,000円相当のポイントがもらえるのなら申し込んだ方がお得だとは思いますけど。私ももちろん同時入会しました。ポイントが付与されたら、必要がなければYahoo!プレミアムの解約を忘れないようにしましょう。

私の期間固定Tポイントの使用方法

まだ、迷ってるんですが、来年1月に予定しているハワイ旅行の時に成田空港のANA SUITEラウンジに潜入してみるのも面白いかなと思うんですよね。ANA SUITEラウンジは本来的にはファーストクラス利用者とANAの最上位マイレージ会員のためのラウンジです。でも大きな声では言いにくいですが、ヤフオクに出ている「ANA SUITE LOUNGご利用券」を使って入ってる人もけっこういるみたいですよ。

1枚5,000円~7,000円くらいで売られています。これを期間限定Tポイントを使って買うと言うのはどうでしょうかねえ。ただ、今出回ってるラウンジ券は来年3月末日が有効期限なので、必然的にもっと待った方が安くなるはずなんですよね。

f:id:sinrons:20171106225547p:plain

あるいは、金券を買うというのもいいかもですね。JCBギフトカードやジェフグルメカードなんかです。更にこれらを金券ショップで現金化するという方法もあるみたいですが、田舎ではレートが悪いので不向きな手法です。現金化しなくても旅行前って買いそろえたいものも出てくるので、ギフトカードにしておくのもいいかなと思います。

もし、これがお得という方法があれば教えてくださいね。

11月7日追記

JCBギフトカードならこんな感じです。

f:id:sinrons:20171107223307p:plain

1,000円券が1,038円(税込)で送料が200円。ただし200円だとポスト投函になり、補償対象外となります。500円出せば手渡しも選択できるようですが。ポイント5,000円相当だとポスト投函なら92.8%の比率でギフト券化できそうです。10,000円相当なら10,580円の交換比率94.5%、期間固定ポイントの避難先としては悪くないですね。