Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

グアム旅行ではESTA(エスタ)申請は必要ない?それとも必要?

グアムへの短期商用・観光目的の渡航ではESTA申請は必要ありません

北朝鮮のミサイル攻撃の標的として名指しされるまで、私はグアムへ旅行に行くつもりで計画を練っていました。ですから、グアム旅行にESTA申請が必要かどうかも調べていたのです。「ESTAって何?」という方は下の記事から読み進めてください。

www.sinrons.com

結論から言うと、グアムへ観光旅行に行く大多数の人はESTA申請をする必要はありません。日本はグアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムというものに参加していて、最大45日までの短期商用・観光目的などのグアム旅行ではESTAの事前申請は必要ないことになっているのです。

ただし、ESTA申請をしていない場合、入国審査時に2種類の出入国カード(I-94、I-736)の提出が必要となります。

I-94、I-736については、下のリンク先で確認できます。

JAL - 海外 各国出入国書類の書き方:グアム

申請の義務はないが、ESTA申請をしようと考えた理由

ESTA申請の義務はないのですが、私は申請を行うつもりでした。その理由の一つは、ESTA申請をしていれば、2種類の出入国カードの提出が免除されるからです。この出入国カードの記入ミスで入国審査の列に並び直さなくてはいけないケースが意外とあるそうです。

もう一つの理由として、グアム空港のESTAレーンの存在があります。これはESTA申請をしている人だけが利用できる入国審査のためのレーンで、混み合っている場合は一般レーンより入国審査を早く終えることができる可能性があるからです。

ESTAレーンで弾かれたら、結局並び直さなくてはいけないそうなので、絶対に早いというわけでもなさそうですけど。

また私の場合、機会があればハワイやアメリカ本土も狙ってみようと思っていたので、ESTA申請もこの機会にやっておこうと思ったのも大きな理由です。

家族連れでグアムにしか行く予定がなければ、一人14ドルを払ってESTA申請をする価値があるかどうかは微妙です。2種類の出入国カードは、それほど記入が難しいものでもないし、ESTAレーンが絶対に早いというわけでもないようですから。

一応、グアム渡航に際してもESTA申請が推奨されていますが、申請しないで訪れる人の方がはるかに多いそうです。

ただ、それだけに150人位並んでいる時でもESTAレーンは20人位だったという体験記もあるため、赤ちゃんや長時間(1時間半程度かかったという話もありました)列に並ぶのが難しい幼児連れの場合は、ESTAレーンに賭けてみるのもいいかもしれませんね。

本来必要のないESTA申請のリスク

必要のないESTA申請をすることにもリスクはあります。ESTA申請が拒否された場合です。ESTA申請をして認証されても、空港などに持っていく書類などはありません。念のために、認証画面を印刷して持参することが推奨されていますが、絶対に必要というものではないのです。ということはESTA申請の結果は、その人のパスポートと紐付いているものと推測できます。もしESTAが拒否された状態でグアムへ入国しようとすれば、入国審査官にはわかってしまいますから、別室送りになることは必至でしょう。もっとも、その前に飛行機に搭乗できない可能性が高いですが。

そのため、ESTAが拒否された場合は、その拒否理由によって、

①再度申請を行う

②米国国土安全保障省 税関・国境取締局CBPに対し電話、英文メールで問い合わせを行う

③ビザ(査証)を申請する

のいずれかの選択をしなければなりません。

いろいろ調べるとESTA申請を拒否されるケースはけっこう多いようです。特に同姓同名が多いような名前の方は注意が必要です。ESTA申請はローマ字による名前の入力で行うので、漢字が違っていても区別できません。同じ発音の名前で生年月日が同じ人が、アメリカに入国拒否されるような犯罪を犯していたりすると、とばっちりを食ってESTA申請を拒否されることもあるのではないでしょうか。疑わしい人物はとりあえず弾いてビザ申請でよく審査したいのだと思います。

いずれにしろ、入力ミスなどの明確な理由がないのにESTA申請を拒否されると、ビザ申請を行わなければならなくなる(入力ミスも内容によっては訂正不可の場合があるようです)ので、ESTA申請をするのなら早めにしておいた方がよいでしょう。

ESTA申請は一旦、認証されてもその後拒否となるケースもあり、空港に行って初めて拒否されていることを知り搭乗できなかったという人もいるようなので、認証後も定期的に状態確認をすることをお勧めします。

グアムの未成年者渡航について

グアムについて調べていると、「18歳未満の者が単独または片方の親同伴で渡航する場合、両親または同行しない親からの渡航同意書(英文)が必要になる」という記述を目にして不安を感じるかもしれません。

グアムはアメリカの準州であるため、未成年者誘拐などの犯罪防止のため、そのような通達が出ているのは事実ですが、「必ず持参しなければならない」のではなくて「持参することを強く勧める」というもので、入国審査の際はこの同意書や家族である証明書を最初から提示する必要はありません。

入国審査官から求められた場合のみ提示が必要とのことですが、過去グアムにおいて未成年者渡航に関する入国拒否の実例はないそうです。

そもそも、このような通達があることを知らない人が大半でしょうし、わざわざ渡航同意書を持参する人はごく少数と思われます。慎重派の人は持参してもよいと思いますけど。同意書は規定の書式はなく、自由フォーマットでいいそうです。