Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

米国国防総省調達基準「MIL-SPEC」準拠、IZUMIのシェーバーが熱い!!これはもう武器と言っていいレベル!!

長年、カシオの腕時計G-SHOCKを愛用しています。仕事柄、過酷な環境に晒されることが多いので。無骨なデザインとあの堅牢さがいいんですよ。今はタフソーラーの電波時計モデルを使ってますが、お値段も手ごろなんですよね。

そんな私が写真を見た瞬間に魅了されたのが、泉精器製作所の新しいVシリーズシェーバー「IZF-V757-C」でした。ミリタリー使用としか思えないデザインとカラーリングに米国国防総省調達基準「MIL-SPEC(ミルスペック)」準拠の煽り文句、これはずるいですよね。

第4のメーカー「IZUMI」

私はここしばらくは、フィリップスのシェーバーを使っています。さほど深剃りできるわけじゃないんですけど、その前に使っていたブラウンのものと比べると、肌に優しいところが気に入っています。

日本のシェーバー市場は、パナソニック、ブラウン、フィリップスが御三家と言われています。泉精器製作所はシェーバーに関してはマイナーなメーカーと言えるでしょう。電設工具などの方が有名だと思います。長野県松本市に本社を置く伝統のある会社ですが、2009年に民事再生法を申請しました。その後、2010年に新生泉精器製作所として再出発を果たしています。

同社の略称「IZUMI」が知る人ぞ知るブランドであるのは、元スマップの木村拓哉さんがドラマ「A LIFE~愛しき人~」の中でIZUMIブランドのシェーバーを使用し、普段からそのシェーバーを愛用していることをラジオ番組で話したりしたことが大きいのではないでしょうか。木村拓哉さんは、あまりの剃り味に感動してB'zの稲葉さんにもプレゼントしたそうです。技術力には定評があるのに、広告には力を入れてこなかったため、一部の人だけしか知らないマニアックなシェーバー、それがIZUMIブランドなのです。

米国国防総省調達基準(ミルスペック)準拠とは?

ちなみに、米国国防総省の調達基準に準拠したスペックは下のような感じです。

f:id:sinrons:20171113000112p:plain

ー19℃から49℃の過酷な環境でも、水深1.5mに30分間放置しても問題なく動作します。また高度な耐衝撃、対振動性能を有し一度満充電すれば4週間充電不要です。

正直、日常使いのシェーバーにここまでの性能が必要なのかというレベルですよね。でも、これが男心をくすぐるんですよ。この無駄とも思えるオーバースペックが(笑)。

衝動買いしてしまいました…

外箱からして戦闘モード全開です。

f:id:sinrons:20171117195524j:plain

内容物です。袋はランボーが服にした麻袋のようなゴワゴワした感じです。ブラシや充電スタンド、乾燥用ホルダーといったものが同梱されています。

f:id:sinrons:20171117195622j:plain

いいですね。イメージどおりです。外刃には医療用メスにも使われるオーステナイト系ステンレス刃を採用しているそうです。

f:id:sinrons:20171117200122j:plain

猛獣の牙のような内刃。

f:id:sinrons:20171117200210j:plain

キワゾリ刃を出せば、これはもう武器です。闘えますね、完全に。

f:id:sinrons:20171117200339j:plain

外観もハードなんですが、スイッチを入れた時の音と伝わってくる振動がすごいんですよ。さながら猛獣の咆哮ですね!!それは言い過ぎかも…

これは剃れるに違いない、いや、剃れないわけがないと感じさせます。実際、剃り味はいいですね。最近、使っていたフィリップスの剃り心地がマイルドだったこともあり、より深剃りが効く感じです。

これは好きな人にはたまらないシェーバーだと思います。

ほとんど無料同然で手に入れました

こだわりを感じるこのシェーバーですが、値段は安いんですよね。YJカードを発行した時に手に入れたTポイントを使って買ってみました。

これだけの性能のシェーバーが送料・税込みで7,160円とは!!YJカード発行で手にした期間固定の5,000ポイントに加え、もともと持っていた481ポイントを使用し、支払い金額は1,679円でした。この買い物でTポイント1,278円分がもらえたので、実質的な持ち出しは401円と言ってもよいかと思います。

f:id:sinrons:20171117163715p:plain

毎日の退屈なルーティンワークでしかなかった髭剃りに興奮する日がくるなんて!!人生は何が起こるかわかりませんね。