Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ハワイで交通費を格安にする方法を研究中です。Uber?Lyft?それとも…

来年1月に予定しているハワイ旅行に備えて準備中です。今回はハワイでの交通手段について考えてみました。本来ならば、自分で試してみてから書きたかった内容ですが、備忘録にもなるし参考になる方もいるかもしれないので。久しぶりのハワイで慣れない場所での運転でストレスを感じたくないということでレンタカーという選択肢は除外しています。

ホノルル空港=ホテル間の移動方法

夫婦二人、今までにUberなどの配車アプリを使ったことがないという前提での内容になります。インターネットでの情報取集の結果、現時点では

〇ホノルル空港→ワイキキのホテル=チャーリーズタクシー

〇ワイキキのホテル→ホノルル空港=Uber

がいいのかなと考えています。

ホノルル空港→ワイキキのホテル

チャーリーズタクシーは、日本語でインターネット予約が可能かつホノルル空港とワイキキ間が定額29ドルで移動可能ということで人気のあるタクシー会社だそうです。

http://charleystaxi.com/jp/

定額29ドルですが、チップを加えると概ね35ドル(約4,000円)程度となるようです。クレジットカード決済が可能で、その場合、チップも端末で15%・18%・20%の3つから選択するだけという手軽さが気に入りました。普通にタクシーを利用するよりかなり安くなるようです。

チャーリーズタクシーの利用方法はこちらの「旅マイル」様の記事が詳しくてよいかと思います。

tabi-mile.com

ワイキキのホテル→ホノルル空港

ワイキキのホテルからホノルル空港もチャーリーズタクシーなら定額29ドル(チップ込み約35ドル)で利用可能です。こちらでも十分お得だと思います。

しかし、ここはUber(ウーバー)を押したいと思います。大雑把に言えば、Uberはアメリカ発祥の白タクも含む配車サービスだと認識しています。日本では営業ナンバーではない自家用車ナンバー(白色ナンバー)によるタクシー行為は認められていませんが、アメリカでは市民権を得た正規のサービスとして認知されています。アプリにより目的地を指定して自分のいる場所に呼ぶことができ、料金は登録済みのクレジットカードから引き落とされ運転手との金銭の受け渡しがないという利便性が人気の秘密です。普通に利用した場合、Uberはチャーリーズタクシーより少し安い程度だと思いますが、Uberの場合、新規利用時の割引を考慮すると、恐らく18ドル程度でワイキキからホノルル空港まで移動可能と思われます。

こちらの体験記も「旅マイル」様にありました。非常に参考になります。

tabi-mile.com

Uberのプロモーションコードについて

Uberで初回利用時の割引を受けるために必要なプロモーションコードとは、ほとんどがポイントサイトでいう「友達紹介」のようなもののようです。自分の紹介コード(プロモーションコード)を入力してくれたら、利用者にも紹介者にも利益があるというやつですね。

私もまだ登録していないので、はっきりはわからないのですが、どうも今出回っているプロモーションコードはハワイでドル建てだと15ドル、日本円だと1,500円程度の割引が受けられるようです。なぜ、ドル建てと円建てのプロモーションコードがあるのかよくわからないのですが、為替レートで1ドルが100円以下にならない限りはドル建てで15ドルの割引を受けた方が得だと思います。

夫婦で利用する場合は、まず一人が誰かのプロモーションコードで紹介を受け、今度は自分自身が紹介者となって、配偶者に加入してもらうのがいいのではないでしょうか。

ちなみに初回利用が15ドル以下の料金だと、利用料金は0になりますが、お釣りが出たり繰り越せたりするわけではないので、15ドル以上の料金で利用する方がいいようです。

初回利用のクーポンには期限があるという話も目にしたので、登録時期は今後よく考えてみたいと思います。また、割引の額は利用場所や登録時期などによっても左右されるようです。この辺りは実際に登録してみないと何とも言えませんけど。

ホノルル空港でのUberの利用について

タクシー業者などの保護の観点から、現段階ではホノルル空港から直接、UberXとUberXLを使ってワイキキに行くということはできないようです。ホノルル空港を出て数百メートル離れた場所ならUberXやUberXLを呼ぶことは可能みたいですが。重いスーツケースを持ってそこまでするくらいなら、チャーリーズタクシーでいいのではないかと言うのがホノルル空港→ワイキキの移動方法でチャーリーズタクシーを選択した理由です。

逆にUberXやUberXLでホノルル空港に入っていくことはできます。そのため、ワイキキからホノルル空港への移動方法は格安で移動可能と思われるUberを選択しました。

※12月3日追記

ハワイでUberのプロモーションコードを利用するためには、アメリカの電話番号が必要みたいですね。日本で登録したプロモーションコードは海外では使えなかったという情報が多いです。私のように海外WiFiレンタルを考えている人には、ハワイでプロモーションコードによる割引を受けるのは難しそうです。帰りもチャーリーズタクシーが無難かなと考えています。

ホノルル近辺での移動方法

私達夫婦はショッピング派で、3泊5日の短い日程なのでホノルル~アラモアナくらいの範囲内でしか移動を予定していません。

その前提でホノルル近辺での移動は、JCBカードを持っていれば無料で利用できる循環バス、ワイキキトロリー(ピンクライン)を考えています。

ピンクライン | ワイキキトロリー

そして、更に自由度を高めるために配車アプリLyft(リフト)の活用も考えています。LyftはUberのライバル会社になります。ハワイでは両方の会社に登録して、呼ばれたアプリによってLyftの車になったり、Uberの車になったりする人もいるみたいですね。なぜUberではなくLyftの活用を考えるかというと、こちらもプロモーションコードがあって50ドル(5ドル×10回)程度の割引が可能と書かれていたからです。

www.mammemo.net

ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスからアラモアナセンターまでUberで7~8ドルだったという話も見掛けたので、Lyftも同レベルだと考えると1回につき5ドル割り引いてくれるのなら、かなり安く乗りまくれることになります。

こちらも、アプリ登録はまだしていないので妄想段階となりますけど。比較的長距離のワイキキ~ホノルル空港はUberで、近距離はLyftでそれぞれプロモーションコードを使えばかなり交通費を抑えることができるはずと思っていますが、何しろ実際に行っていないので、おかしい点があればぜひ教えていただけたらと思います。

※12月3日追記

日本でLyftの50$プロモーションコードを検索して入力してみましたが、5$×2回にしかならず、更に2週間くらいしか期限がありませんでした。公式で公開されている20$クーポン(2$×10回)を選んだ方が無難かもしれません。こちらは日本で登録しても割引を受けられるようなので、直前に試してみたいと思います。一度アプリをアンインストールして違う電話番号で登録し直しました。