Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ハワイのドン・キホーテでばらまき系お土産をまとめ買いしました

驚安の殿堂 ドン・キホーテがハワイに!!

2018年1月21日にホノルルのドン・キホーテに行って来ました。

「ハワイでドン・キホーテなんてハワイ感がないなあ。」という方もいると思いますが、ハワイ旅行となるとお土産は欠かせません。ところが定番のABCストアやDFSなどでお土産を買うと非常に高額になってしまいます。

そんな時は、ドン・キホーテやロングス・ドラッグスの出番ですね。私が妻と訪れたのはアラモアナショッピングセンターの近くにあるドン・キホーテ カヘカ店(ホノルル)です。年中無休の24時間営業ですから便利です。もっとも、ワイキキの繁華街でさえ深夜・未明の時間は強盗事件や傷害事件が発生するわけですから、日中の利用をお勧めします。

近くにバス停があるのでアクセスは良好です。私達は往復共にカラカウア通りの「THE BUS」のバス停を利用しました。買い物がけっこうな量になったので、ホテル→ドン・キホーテ→ホテルということになってしまいました。

ドン・キホーテ カヘカ店の様子

カヘカ店はけっこうな広さです。品揃えもいいですね。ハワイ土産の定番中の定番、マカデミアナッツチョコレートのコーナーもあります。

f:id:sinrons:20180205145928j:plain

ハワイのホテルは歯ブラシや歯磨き粉がないホテルが多いです。そしてABCストアなどでは歯ブラシは安いものから品薄状態になっているので、高いものを買わないといけなくなってしまいます。

ドン・キホーテの歯ブラシ・歯磨き粉は1ドル前後のものがあり、安かったですね。

f:id:sinrons:20180205150532j:plain

f:id:sinrons:20180205150550j:plain

カラフルなジュース。

f:id:sinrons:20180205150618j:plain

マーティネリのアップルジュースです。小さな丸いボトルのものは日本でもよく見かけますが、こんな大きいのもあるんですね。

f:id:sinrons:20180205151521j:plain

こういったものも需要があるんでしょうか?

f:id:sinrons:20180205150707j:plain

このシナモンロール美味しそうでしたが、きっとカロリーモンスターです。購入はしませんでした。

f:id:sinrons:20180205150727j:plain

ネタで買ってみたカラフルなクッキー。食べた人によると、味は微妙だそうです。

f:id:sinrons:20180205150754j:plain

けっこうな量になりました。

f:id:sinrons:20180205150818j:plain

ハワイでもドン・キホーテはやっぱり安い?

私達が購入したのはこんな感じです。

f:id:sinrons:20180205150845j:plain

主なものを紹介します。

後日確認すると、この日のクレジットカード(マスターカード)の決済レートは1ドル=113.477円でした。

まずは、ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート(写真上)です。6箱が1ケースに入っていて16.99ドル。ハワイの州税(4.712%)を加えて1ケースが約2,018円。1箱だと336円。これは当日お店で12.99ドルの表示だったと思うんですよね。でも、日本に帰って確認すると16.99ドルでした。それでも安い方ですけど、当日お店でよくレシートを確認するべきでした。

リップで有名なナチュラルコスメブランド、バーツビーズのはちみつキャンディ(写真上)1袋2.29ドル。税込み272円。キャンディ1袋としては高い感じですが、日本では見かけないし、バーツビーズは有名なので。Amazonだと1袋890円+送料で売ってました。

f:id:sinrons:20180205174105p:plain

万能洗剤オキシクリーン(写真右下)1.37kg入りは9.89ドル。税込み1,175円。そう安くはないですけどサイズ感が手頃なのと単純に欲しかったので。

ハワイアンサンのパンケーキミックス(写真中段右)。1袋1.79ドル。税込みで212円。ハワイアンサンはジュースでも有名なメーカーでハワイらしい(わかりやすい)明るいパッケージデザインです。バナナやブルーベリーなど味が豊富で、水を加えてさっくり混ぜて焼くだけで美味しいパンケーキができます。自宅用にバナナ味を買いましたが、マノアハニーやバターとの相性もぴったり、もっと買えばよかったと後悔しました。

マノアハニーと言えば写真中心の左下付近のクマのボトルのはちみつは3.99ドル。474円。値段からもわかるようにマノアハニーカンパニーのはちみつではありません。

f:id:sinrons:20180205162440p:plain

でも、340g入っててたっぷり使える癖のない軽い味わいです。自宅用に購入しましたが、これも単純に安いし十分美味しいのでよかったです。くまのボトルがかわいいし(笑)。

写真下部のマカデミアナッツの小袋は1袋が1.5ドル、缶タイプは1缶が5.59ドルです。非常にポピュラーでどこに行っても目にするものです。小袋が税込みで1袋178円、缶タイプは1缶664円になります。

今回の記事の途中で出てきたカラフルなクッキーは3.49ドル。税込み414円とネタにしてはなかなかのお値段でした。

写真中心のブルックサイドのチョコレート(198g入り)は日本でもよく目にします。1袋3.49ドル、税込み414円は目新しさには欠けるものの安いです。味はクランベリーとアサイー&ブルーベリーにしました。

写真の左上、ハーシーのキスチョコ(150g入り)は説明不要ですよね。こちらも目新しさは全くないですが、あの独特の風味が好きなんです。1袋2.99ドル、税込み355円は安いかどうかわからないですがつい買ってしまいました。

ファンも多いNakedのどろどろジュース(写真左端付近)は2本で6ドル。これはお土産じゃなくて現地消費用です。税込みで1本356円は高いと思うかもしれませんがABCストアなどで買うことを考えると安いです。

ちなみにドン・キホーテのレジ袋は有料で1枚0.1ドル(10セント)、約11円でした。

まとめ

ハワイでドン・キホーテなんてハワイ感ないけど、まあお土産も買わないといけないしと思いながら行ったんですが、予想外に楽しかったです。生鮮食品や日用品も豊富で見てて飽きなかったですね。結果的にここでの買い物が一番多かったし。

ハワイはみんな感じるでしょうけど、とにかく物価が高いです。ばらまきのお土産の購入にも苦労すると思うのでドン・キホーテはお勧めです。個人的にはロングス・ドラッグスより好みでした。

レンタカー利用者以外は大量購入すると、一旦ホテルに帰るしかなくなるので、スケジュールはきちんと立てて訪れるのがいいと思います。