Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

BAの特典航空券をJALのサイトで座席指定してみよう!!

JALのシステムが刷新されるまで、ブリティッシュエアウェイズのAvios(マイル)を使って発券したJAL特典航空券の座席指定を行うのは、裏技的な方法が必要でした。

しかし、今では簡単にJALのサイトから座席指定を行うことができます。この方法はご存知の方も多いと思いますが、たまたま特典航空券を発券する機会があったのでご紹介したいと思います。

私が先ほど発券したのは明日、3月10日の松山=羽田便です。妻が妹と泊まり掛けで遊びに行くというので、1人で家にいるのもつまらないと思い、日帰りで東京にでも遊びに行こうかと思いついたんですね。

この機動力はブリティッシュエアウェイズならではで、利用日の4日前に発券しないといけないANAの特典航空券ではこうはいきません。今回は妻が家を出た後に私がこっそり東京に遊びに行くという隠密の旅です(笑)。

まあ、お土産を買ってくるつもりだから、いずればれちゃいますけど。

JALのサイトで座席指定をする方法

まず、JALの国際線の方にアクセスします。

www.jal.co.jp

JALマイレージバンクの会員で、ログイン状態になっている人はログアウトしておいてください。

「国際線ご予約・購入済みのお客さま」をクリックします。予約しているのが国内線の特典航空券でも、BA特典で発券した場合は国際線からのアクセスになります。

f:id:sinrons:20180309214459p:plain

「予約確認」を選択します。

f:id:sinrons:20180309215003p:plain

「予約番号で検索」の記入欄を埋めます。便名は往復予約している方は往路の分でかまいません。予約番号はBAの特典航空券を発券した際に表示される予約番号です。

記入できたら「予約詳細」をクリックします。

f:id:sinrons:20180309215051p:plain

「この予約はJALホームページではお取扱いできません。」という表示が出ますが、座席指定は可能です。座席指定ボタンをクリックしましょう。

f:id:sinrons:20180309215343p:plain

あまりいい席はないかもしれません。特典航空券用に開放されている座席だけが表示されるのだと思います。

とりあえず、窓際で隣に誰もいない席を選択しておきました。

f:id:sinrons:20180309215819p:plain

往復の場合両方が表示されていると思いますので、両方の座席を指定して決定すれば完了です。

希望する席がない場合

希望するような席がなくても別に悲観することはありません。特典開放されていないだけという可能性もあるからです。松山=羽田便などはその可能性が高いです。

その場合はとりあえずどこかを指定するか、あるいは座席の事前指定はしないで当日、空港のJALカウンターで席を決めてもらうという選択になります。私の場合は、それなりの席がとれていても、一応空港のカウンターで「もっといい席はないでしょうか。」と言ってみます。「いい席」というのは抽象的な表現かもしれませんけど、ちゃんと調べてくれますよ。

1,000円を払ってクラスJにアップグレードするという手もありますし。1時間ちょいのフライトで一人ならどこに座ってもそう大差ないというのが最近わかってきました。

日帰りなら往路の出発空港で復路の航空券も発券できます

日帰りの場合は、往路の出発空港で復路の航空券も発券できます。地方空港出発の場合は意外と便利です。地方空港の方がJALのカウンターがわかりやすいし、空いてることが多いですもんね。羽田空港なんかで発券場所を探す手間が省けます。

往路と復路の日にちが違うと、まとめての発券はできません。この点は改善してほしいところです。

当日空港に持参する証明書類について

私は、アマデウスe-ITRで表示させた「お客様控え」をプリントアウトして持って行っています。いろいろ説明しなくても、これをカウンターで差し出して「お願いします。」と言えば発券してくれますから。

アマデウスe-ITRについては下の記事で。

この記事の頃と比べてもBAの特典航空券を取り巻く環境って変わっていますよね。情報は新しくないといけませんね。本来、下のような記事は書き直すか削除すべきなんでしょうけど、つい面倒で残してしまっています。

BAの特典航空券は便利です。便利すぎるがゆえに、つい使ってしまうのが欠点かもしれません。数日前に予約しないといけないのなら、こんな風に無駄遣いすることもないのにと思ってしまいます。

今日思いついて明日飛べる、場合によっては当日思いついて飛べてしまうというのは、麻薬的な魅力があるのかもしれません。