Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

C CHANNEL(シーチャンネル)✕EPARKリラク&エステのコラボで4,000円オフクーポン配布中!!

陸マイラーなら登録している人も多いEPARKリラク&エステがC CHANNEL(シーチャンネル)とコラボしてマッサージやリラクゼーションを4,000円オフで受けることができるクーポンを配布中です。

EPARKリラク&エステは、ポイントサイトでは一時期のように爆発的なポイントが付与されなくなったため興味を失っている方もいると思います。でも、格安でマッサージやリラクゼーションを受けたいという人には、まだまだ魅力的なサイトなんですね。

私もこの間、クーポンを利用して1時間で2,132円という格安マッサージを東京の渋谷で受けてきたばかりです。妻には誕生月に2か月間有効の3,000円オフクーポンが付与されてますし。

 

うまい話には裏がある。しつこく勧誘されたり、何か別の料金を請求されるんじゃ…

 

利用したことがない人の中にはそう思う人もいるかもしれません。しかし、私や妻が何回か利用した範囲ではそのような心配は全くありませんでした。申し込んだ時に表示された金額以上の請求をされたことも、勧誘を受けたこともありません。逆にこんな料金しか払わなくて(場合によっては無料だったりするので)いいのかなと思うことはありますけど。

キャンペーンの内容

C CHANNELは女性向けの動画ファッションマガジンだそうです。「女性向け」ですが、クーポンは男性にも付与されます。また、アプリ限定案件なのでパソコンからの応募はできないと思います。

f:id:sinrons:20180316131644p:plain

クーポンの使用できる店舗が限定されます。通常のEPARKリラク&エステで利用できる店舗より少なく設定されています。

EPARKリラク&エステ暗黒地帯にお住いの方はお疲れさまでした。これ以上この記事を読んでもメリットはありません。

もっとも、じゃあ無料or格安マッサージを受けに飛行機で東京にでも行ってみようかと大真面目に考え始めるのが陸マイラーの悲しい性でもありますけど。

f:id:sinrons:20180316131706p:plain

予約は2018年3月27日までに行わなければなりません。予約さえこの期日までに行えば、実際の施術はこの期日以降でも大丈夫です。ただし、予約日に行けなくなっても予約の変更ができずキャンセルするしかないため、期日以降に予約日を設定する際は確実に行くことができる日にしましょう。

その他、クーポンを使うことができるのは初めて利用するお店か前回の利用から190日以上経過したお店に限るという条件が付いています。

f:id:sinrons:20180316131727p:plain

クーポンの取得方法

私はアンドロイドのスマートフォンなのでグーグルプレイストアから「C CHANNEL」のアプリをダウンロードしました。App Storeでもアプリは提供されていると思います。

f:id:sinrons:20180316133214p:plain

C CHANNELのトップページです。

f:id:sinrons:20180316133236p:plain

アプリの検索機能で「EPARK」を検索します。動画が表示されるので、タップして視聴しましょう。

f:id:sinrons:20180316133259p:plain

47秒くらいでクーポンを受け取るためのコードが表示されます。後は「限定クーポンをGET」のボタンをタップして特設ページに行き、コードを入力してクーポンを受け取るだけです。コードは「060」で固定されてるみたいです。

f:id:sinrons:20180316133316p:plain

クーポンをゲットできれば、予約はパソコンからでも可能です。私の場合はパソコンでゲット済みクーポンを確認するとこのような感じです。

f:id:sinrons:20180316134917p:plain

ゴールドパスポートFor Eクーポンというのは最大5,000円まで施術料金の半額キャッシュバックを受けることができるクーポンです。

SPRING300は300円割引、ホワイトデーク-ポンは500円割引のクーポンで、新店おためしフェアは口コミを書くことを条件に無料でマッサージを受けることができるクーポンです。利用できるところが近くにないため使う予定はないですけど。

ちなみにこの画面で「お誕生日クーポンの設定ができます」的な表示が出る方は、会員情報に誕生日を追加しておくことをお勧めします。妻の場合は3,000円オフクーポンをもらうことができましたから。

陸マイラー活動を抜きにしても、今年もEPARK関連サイトからは目が離せませんね。