Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ANA陸マイラーはGポイントギフトに要注目!!

2018年3月31日をもって、交換率90パーセントを誇った旧ソラチカルートの入口封鎖が行われ終焉を迎えました。しかし、出口封鎖が行われない限りソラチカルートが消滅したわけではありません。

私は今後は交換率81パーセントの新ソラチカルート(ラインルート)を軸に、ANAマイルを稼ごうと考えています。そのラインルートもいつまで持つか不透明ではありますけど。

ラインポイントを使ったソラチカルートとは?

下の図を見てわかるように、ソラチカカードを使ってメトロポイントを交換率0.9倍でANAマイルに交換するという点は今のところ変わっていません。

入口封鎖と言われる通り、各ポイントサイトからメトロポイントに等価で交換できていたのができなくなったということです。でも、ラインポイントだけは今まで通り交換できるんですよ。これは、ラインポイントからメトロポイントへの交換が等価交換ではなく、0.9倍でしか交換できなかったためだと思います。

f:id:sinrons:20180406121948p:plain

新ソラチカルートと書きましたけど、このラインポイントを使った方法は以前から存在していたものなんです。ただ、交換率が0.9倍✕0.9倍=0.81倍と悪かったのでみんな利用していなかっただけなんですね。

他ポイントサイトはメトロポイントに等価交換できていたが故に交換サービスが打ち切りとなり、交換率が悪かったラインルートだけが生き残ったということです。そのため、このラインルートもいずれは終了になるのではないかと考えられています。

中継サイトの要はGポイントに?

私は、今までより交換率が落ちる0.81倍でもANAマイルに移行する価値があると判断するならこのラインルートを活用すべきだと思っています。

各ポイントサイトで獲得したポイントを、ラインルートに乗せるためには、ラインポイントに交換可能なポイント中継サイトが不可欠で、その存在感が日ごとに大きくなっているのがGポイントなんです。

Gポイントはラインポイントに等価交換することができるんですね。但し手数料として5パーセントが取られます。この手数料分はGポイントで対象サービスを利用することで後からポイントバックされますが少し面倒です。でも、ポイントバック対象サービスにはGポイント経由で楽天やヤフーなどで買い物をするというのも含まれているので、そこまでハードルの高いものではありません。

Gポイント

Gポイントギフトの存在

Gポイントギフトというのは、アマゾンのギフト券やドットマネーのギフトコードのように、シリアルコードを入力することでGポイントを手に入れることができるというものです。

Gポイントにアカウントを持っていれば誰でも使用することが可能です。自分名義で手に入れた各ポイントをGポイントギフトに交換すれば、自分以外の家族や他人にも渡すことができるんですね。これは陸マイラーにとっては利便性が高いです。

f:id:sinrons:20180406130005p:plain

f:id:sinrons:20180406135353p:plain

Gポイントギフトに交換できるポイントサイトが増殖中

Gポイントギフトに交換できるポイントサイトとしてモッピーがあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーは直接ラインポイントに交換も可能ですが、その場合手数料として1割とられてしまうので、Gポイントを経由した方がお得です。

f:id:sinrons:20180406130932p:plain

 

 また、ちょびリッチもGポイントギフトに対応しました。私の好きなポイントサイトなので、これは大きいです。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

しかもリアルタイム交換。これはすごいですね。

f:id:sinrons:20180406131837p:plain

こうなると他のポイントサイトもGポイントへの手数料無料・等価交換を開始するのではないかと予想しています。

ポイントサイトは態度を決めかねている?

あるいは直接、ラインポイントへの等価交換を摸索するかもしれません。ポイントタウンは従来からラインポイントに直接交換できますしね。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

経由するサイトは少ない方がわかりやすいので、ラインポイントに手数料無料で等価交換できるポイントタウンはANA陸マイラーにとって貴重な存在です。

f:id:sinrons:20180406132517p:plain

ラインポイントに直接交換できればそれが便利なんですが、それを今から実現したとしてラインポイントからメトロポイントへのルートが封鎖されれば、ポイントサイト側に投資に見合うメリットがあるかという話ですよね。

それならラインポイントにも交換できるGポイントとの連携を摸索した方が将来的にはメリットがあるし、陸マイラー以外の需要も取り込めると考えるかもしれません。

陸マイラーにとっても、誰にでも付け替えることができる紐付けされていないポイントというのは利用価値が高いので、Gポイントギフトは今後も要注目ではないでしょうか。