Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

Amazonアプリの新サービス「インターナショナルショッピング」を使って話題の低温調理器ANOVAを探してみたら?

Amazonアプリに新しくインターナショナルショッピング機能というものが実装されたようです。

もともとWeb版のアマゾンには「International Shopping(海外配送)」というチェックボックスがあって、例えば米国アマゾンから日本への配送可能商品が絞り込めるようになっていました。

f:id:sinrons:20180420182220p:plain

アプリ版のインターナショナルショッピングは適用することによって、米国アマゾンで販売されている日本に配送可能な商品が選択的に表示され、日本に配送した場合の配送料や輸入税まで知ることができ、更に通関手続きなどはアマゾンが処理してくれるというものではないかと考えています。

私はもともと日本版と同じメールアドレスで米国版アマゾンのアカウントを持っていたのですが、インターナショナルショッピング適用時には米国版の方のパスワードが通ったため、このアプリ機能の利用は米国版アカウントがないとできないのかもしれません。

インターナショナルショッピング機能の利用方法

Amazonアプリに実装されたインターナショナルショッピング機能の適用方法です。

アプリのトップ画面左上のメニューをタップします。

f:id:sinrons:20180420154200p:plain

メニューの中から「設定」をタップします。

f:id:sinrons:20180420154223p:plain

「設定」の中の「国と言語」をタップします。

f:id:sinrons:20180420154247p:plain

Country(国)は「International Shopping」を、Language(言語)は日本語がないので「English(英語)」を選択し、「Done」をタップして適用します。

これでインターナショナルショッピングが使用できます。

※適用後、英語表記になった状態で再度メニューから「Settings」→「Country&Language」に進むと「Currency:」という項目が増えていて、これをタップして「JPY-Japanese Yen」を選択すると表記は英語のままですが、値段が日本円で表示されるようになります。ただ、この日本円表示はある商品で換算すると1ドル=111.5円となり、あまりレートがよくないんじゃないかと思ってしまいます。

f:id:sinrons:20180420154312p:plain

インターナショナルショッピング機能を使ってみました

以前、テレビで見て気になっていた低温調理器のANOVAを検索してみました。ジップロックに入れたお肉などをお鍋などに入れた水の中に入れ、この低温調理器も一緒に入れておくと、一定温度でじっくりとボイルしてくれるというものです。すごくジューシーで柔らかい仕上がりになるそうです。低温調理器を使った料理としてはローストビーフが有名です。

anovaculinary.com

低温調理器はいろいろなメーカーが販売しているようですが、何と言ってもANOVAが一番メジャーなんじゃないでしょうか。

私が日本の通販で少し検索したところ、2万円前後の価格が多く購入可能な最安値で19,500円になっていました。もっとじっくり探せば更に安いものもあるかもしれませんが。

インターナショナルショッピングで検索したところ、4月20日時点ではANOVAの中でも900ワットの出力でWiFiとBluetooth対応の上位機種の方が、出力800ワットの下位機種より割引率も高く、配送料が安く設定されていてお得なことが判明しました。

f:id:sinrons:20180420155042p:plain

f:id:sinrons:20180420155149p:plain

この商品は3種類の配送方法が選択できるようです。

f:id:sinrons:20180420161738p:plain

いずれも4月20日に注文した場合ですが、一番安いのが5月3日~8日の到着で14.04ドルが加算されます。

f:id:sinrons:20180420162056p:plain

次が4月30日の到着で21.59ドルが加算されます。

f:id:sinrons:20180420162115p:plain

最後が4月25日の到着で30.87ドルが加算されます。

f:id:sinrons:20180420162132p:plain

配送方法に記載されている「Import Fees Deposit」は輸入品の通関の際にかかる税金などの合計金額の前払い金です。この項目があるということは、アマゾンが通関の処理をしてくれ、最大でこの金額の範囲内で納まりそれ以上の請求はないということです。もし前払い金を払い過ぎていた場合は、アマゾンに報告すれば後日返金処理されるそうです。

一番安いアマゾングローバルスタンダードシッピングに「Import Fees Deposit」の項目がないのは気になりますが、Web版ではこの配送方法で追加料金が発生したというような話は見当たらなかったため、受け取り時に請求されたりするわけではないのだと思います。

ちなみに商品画面のスクリーンショットでは本体価格が138.74ドルなのに、配送方法のスクリーンショットでは135.34ドルになっているのは、時間差があるためでわずかな時間の間に価格が変動したようです。

購入時期や為替レート次第で、けっこう支払額の差がありそうです。4月20日現在のドル円の為替レートにクレジットカード決済の際の手数料を加味して換算すると、一番安い149.38ドルの支払いは16,540円程度と考えられるため、入手までに2週間程度の時間がかかってもいいという人にとってはお得になるのかもしれません。普通に日本のサイトで平行輸入品を購入した方が無難な気もしますけど。本体価格だけなら日本で買うよりかなり安いんですけどね。

パソコンや時計、ガジェット類など海外製品の中には探せばお買い得な商品はありそうですね。アプリの方がお手軽なので、興味のある方はインターナショナルショッピングに挑戦してみてください。