Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

プリンスポイントを利用して宿泊券を発行し、プリンスホテルを予約してみました

プリンスポイントを使ってプリンス系のホテルに格安で宿泊する方法を研究中です。今回はクレジットカードを発行してもらったポイントをプリンスポイントに交換し、完全無料の宿泊に挑戦してみようと思います。

またその過程で私が疑問に感じた点を、実際に体験してわかった範囲で解説してみます。何か参考になる点があれば幸いです。

 

プリンスポイント、15,000ポイントを手に入れた方法はこちらの記事で。品川プリンスホテルなどに2名で3泊できるポイント数です。

 

ネットマイルからプリンスポイントへの交換日数は?

私は、ポイントサイトで得たポイントをネットマイルという中継サイトを経由してプリンスポイントに交換しました。ネットマイルではプリンスポイントへの交換は最大45日間かかると記載されています。

私はポイント交換の締日と交換完了日が決まっているのではないかと思い、ネットマイルに尋ねてみましたが「企業秘密で回答できない」とのことでした。こうなると実体験で推測するしかありません。

私がネットマイルで交換申請したのは2018年4月2日と4月5日です。いずれも2018年5月11日にプリンスポイントへの交換が完了しました。

インターネット上での体験談を調査すると数は多くないのですが、3月21日交換申請で4月9日完了、3月23日交換申請で4月10日完了という事例が確認できました。数が少なすぎて確定することはできませんが、毎月10日前後が交換完了日なのではないでしょうか。同じ月で人によって交換完了日が前後するのも不自然な気もしますが。

締日は難しいですが、私の例で考えると月初めの2日や5日では、その月の交換にはもう間に合わないのでしょう。20日以降の申請では翌月10日前後に付与される事例が確認できるため、月末申請で間に合った方は意外に早かったという印象を持ち、月初に申請した人はけっこうかかったなという印象を持つといった感じだと推測します。

毎月25日ころが締日で、交換完了日が毎月10日ころ、26日ころに交換申請した人が、ネットマイルに記載されている最大45日の対象者という考えはどうでしょうか。

利用した方の申請日と交換完了日を教えていただけたら嬉しいです。

SEIBU PRINCE CLUBでの宿泊券の交換日数は?

プリンスポイントへの交換が完了すれば、今度はプリンスポイントを宿泊券に交換する作業が待っています。意外と時間がかかるのです。

SEIBU PRINCE CLUBで宿泊券への交換申請をすると受付メールがきます。そのメールには「商品のお届けには、約2週間ほどお時間がかかる場合がございます。」と記載されています。

私の場合は交換申請から8日後に宿泊券が投函されていました。高級なホテルの宿泊券を申請した人の記事を読むと宅急便で到着したという記述があったので、どの宿泊券を選ぶかで配送方法や日数に変化があるのかもしれません。

こちらは1週間から10日程度みておけば大丈夫だろうと思います。

f:id:sinrons:20180520202307p:plain

宿泊券の使い方

実際に届いた宿泊券です。宿泊券の中でも一番少ないポイント(5,000プリンスポイント)で発行できるものです。

2018年5月20日時点、この宿泊券を使って選ぶことができるのは11のホテルです。いずれも1室2名まで宿泊可能です。

f:id:sinrons:20180520203710p:plain

予約は電話で行います

宿泊予約は専用の予約デスクに電話で行います。宿泊券に記載されている電話番号は0120で始まるものと03から始まるものの2種類でした。私は0120の方に電話してみました。約2分程度の待ち時間でつながったので、まずまずでしょうか。

オペレーターにまず「宿泊希望ホテルと日程、人数」を尋ねられます。希望の日程が空いているということで、今度は宿泊券の「受付番号」と「有効期限」を訊かれました。

その後、名前と電話番号で本人確認がありました。他に訊かれたのはチェックインの予定時間程度だったと思います。

予約の変更とキャンセルについて

宿泊ホテルによって違うみたいですが、私が予約したサンシャインシティプリンスホテルは、宿泊日の2日前までならキャンセルや予約の変更が可能とのことでした。予約デスクは24時間営業なので、2日前の23時59分がタイムリミットだそうです。

そこを過ぎると規定のキャンセル料が必要になる場合があるとのことですが、実際にお金の支払いが必要というわけではなく、予約に使った宿泊券が無効になるとの説明でした。私の場合だと宿泊券の発行に使用した5,000プリンスポイントがキャンセル料として没収されるようです。

宿泊券使用時の注意事項について

宿泊券の裏面には次のような注意事項が記載されています。

宿泊券は、有償の譲与でなければ本人以外でも使用可能です。また、キャンセル料相当額として本券を無効にする場合があるという記述があります。宿泊予約は宿泊日の前日まで可能で、宿泊券は必ず宿泊時に提出しないといけないようです。忘れないようにしないといけませんね。

f:id:sinrons:20180520210320p:plain

宿泊券使用の問題点

まずは時間がかかるという点でしょうね。ポイントサイト利用者はプリンスポイントへの交換にかかる日数とプリンスポイントから宿泊券への交換にかかる日数がダブルで必要になりますから。

宿泊券の有効期限が半年とあまり長くない点も注意が必要です。

それを踏まえて、もっとも気になる点は宿泊希望ホテルに空きがあるとは限らないという点です。一説によると、宿泊券利用者に対する宿泊枠はあまり多くはないのではないかという意見もあります。特にそもそも室数が少ないホテルは注意が必要だと思います。高級なホテル、グレードの高い部屋ほど宿泊予約が難しくなるのではと勝手に推測しています。

予約は宿泊券の発行が前提です。つまり希望ホテルに空きがあるとは限らないけど、とりあえず有効期間半年の宿泊券を発行しなければならないというのが前提なのです。となると「発行してしまったけど希望日に空きがなかった、どうしよう。」というケースもあり得るということです。

これを回避するために、希望ホテルをとりあえず通常予約しておいて、宿泊券が届いた段階で宿泊券使用の予約に切り替えるという裏技的手法があると耳にしますが、私自身は試したことがないので本当に有効かどうかはわかりません。

私の場合は希望ホテル、希望宿泊日がすんなりと承認されたので、裏技的手法を駆使するまでもありませんでしたから。

実際に宿泊すれば、またその様子を記事にしたいと思います。