Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

BAのAviosを使って327日後、東京オリンピック真っ最中の松山=東京間のJAL国内便を予約してみました

f:id:sinrons:20190910114638p:plain

2019年9月10日より、JAL国内線が330日前から予約可能になりました。

私はブリティッシュエアウェイズのマイレージ、Aviosを使ってJAL国内線を利用することが多いため予約がとりにくくなるのではないかと心配していました。

しかし、その心配は杞憂だったようです。なぜなら、Aviosを使ったJAL国内線の予約に関しても330日前からの予約に変更されていたからです。

実際に予約してみました

BAのAviosを使った特典航空券は、実際に予約完了までやってみないと最後でエラーが出て、結局予約できなかったというケースも珍しくありません。

そこで、実際に東京オリンピック真っ最中、2020年8月の土日を指定して、松山=東京間のJAL国内線を予約してみました。

往路が2020年8月1日(326日後)、復路が8月2日(327日後)ということになります。

f:id:sinrons:20190910115608p:plain

上の画像は、とりあえず2名分の予約です。1人12,000Avios+諸税等580円でした。もう1名分は日程的にキャンセルの可能性があるということでこの予約とは別に単独で予約しました。Aviosは他人の分も発券できるので便利です。

 

また、こうやって予約を分けておけば、仮に行けないということになっても、1名分だけキャンセルすればいいからです。とりあえず予約ということができるのは、BAのAviosを使ったJAL国内線の予約は出発の24時間以上前なら諸税分(今回は580円)を放棄すればキャンセルしてもAviosが全て戻ってくるからです。

 

次にJALの公式サイトで、座席指定を行ってみます。往路、復路共に席は選び放題でした。制度変更直後なので、特典航空券も座席指定も自由に選択できましたが、情報が拡散され日にちが迫れば、オリンピック期間中の東京発着の航空券を予約するのは困難になると思います。

 

JALの公式サイトで座席してする方法はこちらの記事で。

 

下の画像のように今は選び放題ですね。

f:id:sinrons:20190910123618p:plain

Aviosを使った予約は得なのか?

Aviosに限らずマイレージを使う時はコストや利便性についても考えるべきだと思っています。お金を払って普通に航空券を購入した方がいい場合だってあるからです。パックツアーという選択肢もあるし、新幹線や夜行バスという他交通機関の方が便利というケースもあります。

 

全く同じ日程で松山=東京の往復航空券を購入したとすると、JALではウルトラ先得が最安値で往復33,680円という結果でした。

ウルトラ先得は搭乗の期日が迫ってからキャンセルすると、運賃の50%のキャンセル料が必要になります。

f:id:sinrons:20190910124502p:plain

私のAviosの取得単価は1Avios=1.2円~1.5円です。最も高い1.5円で計算すると12,000Aviosは18,000円になります。諸税等580円を加えると18,580円です。Aviosを使った方が1人あたり15,100円お得ということになりました。3人だと45,300円も浮く計算です。

四国を出て東京に行く手段としても、あらゆる交通手段の中でJAL国内線が片道9,290円というのは移動時間や快適性を考えた時にかなりコスパの高い選択だと考えられます。

 

遠い先の話だと思っていた東京オリンピックも気付けば開催まで1年を切ってしまっています。こんなに簡単に航空券が取れるのならもっと早くチケット獲得に動いておけばよかったと後悔しています。

サンエー浦添西海岸パルコシティは沖縄土産の宝庫でした、あらゆる世代が楽しめる巨大ショッピングモールです!!

2019年6月に沖縄県浦添市に250店舗のテナントが入った巨大ショッピングモール、サンエー浦添西海岸PARCO CITY(パルコシティ)が誕生しました。商業施設面積的にはイオンモール沖縄ライカムに続く県内2番目の規模とのことですが、私の体感的には沖縄ライカムを上回っている気がします。

 

モールの中はここが沖縄だということを忘れてしまいそうになるお洒落な空間でした。国際通りの混沌とした様子とは相反するような都会的な雰囲気です。

f:id:sinrons:20190909201638j:plain

威風堂々とした外観です。

f:id:sinrons:20190909202134j:plain

海の側ということで、沖縄らしい青い海を期待していましたが、干潮だったこともありこちらは期待外れでした。

f:id:sinrons:20190909202313j:plain

サンエーらしく県産品が充実しています

定番の箱もののお土産もいいですが、親しい人には沖縄らしい食材なども喜ばれます。しかも、サンエーらしくリーズナブルとくれば言うことなしです。

空港や国際通りと比べるとほとんどの商品がかなり安いです。

f:id:sinrons:20190909202842j:plain

さんぴん茶のティーパックも本土では珍しいです。

f:id:sinrons:20190909202906j:plain

駄菓子的なオキハムのジャーキーです。

f:id:sinrons:20190909202929j:plain

沖縄の炊き込みご飯、じゅーしぃの素です。

f:id:sinrons:20190909202953j:plain

アンダギーミックスも安いです。

f:id:sinrons:20190909203015j:plain

大容量の沖縄風ぜんざいは初めて見た気が。

f:id:sinrons:20190909203040j:plain

タコライスに加えて沖縄風ガパオライスも。

f:id:sinrons:20190909203108j:plain

このふりかけも本土では珍しいですね。

f:id:sinrons:20190909203135j:plain

いつも気になるオキハムのレトルトパウチです。山羊汁が特に気になりますが買ったことはありません。

f:id:sinrons:20190909203155j:plain

黒糖も充実の品揃えです。写真はコーナーの一部だけです。

f:id:sinrons:20190909203223j:plain

海ぶどうも安いですね。冷蔵しないといけないように思いますが、海ぶどうって常温保存なんですよね。

f:id:sinrons:20190909203252j:plain

宮古島独自のかつお節、宮古節(みゃーくぶし)も売っていました。幻のかつお節なんて言われてるそうですね。

f:id:sinrons:20190909211735j:plain

泡盛コーナーもかなりの品揃えでした。

f:id:sinrons:20190909203315j:plain

88ステーキにパンダエクスプレス、きじむなぁも出店!!

フードコートにステーキハウス88Jr.が入っていたので早速いただいてみました。沖縄と言えばステーキですね。

f:id:sinrons:20190909204927j:plain

ハワイやグアムでもお馴染みLA発のアメリカンチャイニーズの人気店、パンダエクスプレスが沖縄にも上陸です。パンダエクスプレスは十数年前にも日本進出を目指しましたが、事業が軌道に乗らず撤退した苦い経験があります。

リベンジマッチの日本4店舗目が沖縄のパルコシティ店になります。

f:id:sinrons:20190909205016j:plain

ちなみにこの日一番の行列はラーメンの一風堂でした。一風堂の経営母体である力の源ホールディングスが日本でのパンダエクスプレスの運営を担ってるそうですよ。意外な関係だと思いませんか。

 

その他にも沖縄のタコライスの名店、きじむなぁがフードコートに入店していましたし、台湾ティーの有名店、ゴンチャにも行列ができていました。沖縄にもタピオカブームは波及してますね。

f:id:sinrons:20190909210512j:plain

私の好きな博多天ぷらたかおが!!

ついふらふらと入ってしまいそうになります。

f:id:sinrons:20190909212352j:plain

子連れ旅行でも心配なし!!

ショッピングは小さな子供さんには退屈なものです。でも、パルコシティなら子供さんの遊び場も充実しています。

朝夕の比較的涼しい時間帯に泳いで、一番暑さが厳しい時間帯はパルコシティでショッピングというのもいいですね。

f:id:sinrons:20190909211009j:plain

f:id:sinrons:20190909211042j:plain

モール内には等身大のヒーローもディスプレイされていました。

f:id:sinrons:20190909211531j:plain

3世代旅行でも十分楽しめる巨大ショッピングモールです

沖縄での暑さの厳しい時間帯はエアコンの効いたショッピングモールで過ごすのも悪くない選択だと思います。沖縄テイスト溢れるショップもあり、幅広い世代の人が楽しめるし食事の選択肢も多いですから。

難点は交通の便のよい場所とは言えないため、レンタカーでないとアクセスしにくいところでしょうか。

レンタカー派なら那覇市からも近いのでぜひ遊びに行ってみてください。

お土産も全部ここで揃ってしまうほどの品揃えですから。

 

店舗の詳細は公式サイトで確認してくださいね。

アクセスの項目で駐車場の混雑具合がリアルタイムにわかるので便利ですよ。

www.parcocity.jp

ネスレのラク楽後払い金案件の終了時期がきました、ポイント目当ての利用はお勧めできない理由

ネスレの「ラク楽後払い便」案件に挑戦したのは昨年10月のことでした。早期終了もあると5,000円相当のポイントに飛びついたのですが、その後付与ポイントはどんどんアップし悔しい思いをしたような記憶がかすかにあります。

陸マイラー活動に関しては常に未来を見て、過去のことは忘れるようにしているので記憶は曖昧ですけど。

 

昨年挑戦した時の記事です。

 

さて、こちらの案件は3回以上の継続という条件が付いていたので現在進行形の案件とも言えます。3回以上の継続というのがどの部分を指すのかわかりにくいのですが、明細に「後払い」の文字が3回載れば間違いないだろうということで、10月22日以降に案件をクローズする予定です。

f:id:sinrons:20190907095641p:plain

ネスレ案件について思うこと

陸マイラーだけでなく、ポイ活をする人にとってはネスレの大型案件は魅力的です。ただ、あくまで個人的な感想と前置きした上で、ポイント目当てならあまりお勧めはできません。

ネスレ案件については、一気に何万ポイントも稼ぐことができる反面、私のリサーチの範囲でも否決されたという方が多いように感じます。

私自身も初めてのネスレ案件でトラブルが起こり、交渉を重ねて何とか8か月後に付与されたという経験があります。ラク楽後払い便に関しても私の分は付与されましたが、妻の分は否決されてしまいました。

 

誤解していただきたくないのは、私には損をしたという感覚は全くありません。今もって、このネスレラク楽後払い便は神懸った優良案件だったという思いは強いです。ネスレ単体の案件として考えると20,000円前後の商品を無料で楽しめたわけですから。ドルチェグストにすっかりはまってしまい、今もスタバとのコラボ商品なんかを購入しています。

 

問題はポイントという概念が入ってくるとどうかというところです。ネスレ商品を楽しみたいというのが主目的でポイントはおまけという感覚なら大丈夫なのですが、完全にポイント目当てでネスレ案件に挑戦してしまうと、嫌な思いをしてしまう可能性があります。

レンタルのドルチェグストが故障しました

案件に挑戦するに際して、ドルチェグストジェニオ2プレミアムを無料レンタルしています。案件をクローズすれば返却しなければいけませんが、先日故障してしまいました。

ジェニオ2はカプセルから抽出する時に下の図のレバーを倒します。通常は抽出が完了するまでレバーは倒れたままなのですが、これが固定できなくなってしまったのです。いくら倒してもレバーは固定されず、すぐに元のポジションに戻ってしまいます。

f:id:sinrons:20190907104409p:plain

対処方法は、本体に貼られているサポートデスクの電話番号に電話しました。交換ということで5日後に宅配されるので、その時に宅配業者に故障したジュニオ2を渡してほしいということでした。

この手続きに必要なものは、ドルチェグストの塗色、型番(外箱や取扱説明書の表紙に記載)、本体の底部分に刻印されている2種類のコード番号(受け皿の下の本体底にQRコードと一緒に2種類のコード番号が記載されていました)でした。

交換に費用はかかりませんでした。この辺りのサポートはさすがに世界的な企業だと感心します。

ドルチェグストジェニオ2はレンタル品ですが、気に入れば買い取りも可能です。その場合の費用は7,800円ということでした。消費税が上がれば値上がりするかもしれませんが。

返却する場合、返送料は自費ですので、私の自宅からだと1,400円程度かかります。買い取りとの差額は約6,400円ですから買い取りして使い続けるのも一考ですね。

私の経験上、ネスレ系のマシンは意外と故障するので、既に1年近く使っている場合は買い取りは躊躇します。

Buy Airline MilesがAviosの30%増量販売キャンペーンをするようです

アメリカのマイル販売業者「Buy Airline Miles」がBAのAviosの30%増量キャンペーンを48時間限定で行うようです。今回のクーポンコードは「BRITISH30」です。

 

https://buyairlinemiles.com/

 

サイト登録者には下のようなメールでお知らせがあったのではないでしょうか。

f:id:sinrons:20190904164942p:plain

ちなみに注意書きとして下のような記載もありました。こちらはグーグル翻訳にかけてみましょう。

f:id:sinrons:20190904165935p:plain

非公式サイトでのバイマイルは危険性が伴います

Buy Airline Milesでは通常下のようなレートでBAのAviosを販売しています。一番安いレートで購入しようと思うと10万Avios以上買わなければなりません。

10万Avios買うと30%増量ですから13万Aviosが付与されます。価格は1,800ドルです。クレジットカードの決済手数料を考慮して1ドル109円とすると、支払い金額は196,200円で1Avios単価は1.5円となります。

バイマイルとしては、使い方によっては十分元が取れる単価だと思います。

f:id:sinrons:20190904170133p:plain

ただ20万円弱の金額は多くの人にとって、「付与されなかったね。仕方がない。」とあきらめることのできる金額ではないと思います。

 

私の利用した範囲ではBuy Airline Milesは有名サイトだけあって、きちんとした対応をしてくれました。しかし何と言っても国外の非公式なマイル販売業者です。リスクを許容できるかどうか慎重に判断して利用するべきだと思います。

時差を考慮して利用しましょう

会社所在地はニューヨークになっていました。夏時間のニューヨークとは時差が13時間あります。日本の方が13時間進んでいます。

9月6日終了の48時間セールですから、9月5・6日がセール適用日です。ただし、開始時間も終了時間もメールには書かれていません。

一般的に考えるとニューヨーク時間の9月5日午前0時ころスタートで9月7日午前0時ころ終了と思われます。言葉を濁すのは、厳密に言うと9/4 23:59スタート、9/5 23:59終了などというケースもあり得るからです。

日本時間で言えば9月5日午後1時ころスタートで9月7日午後1時ころ終了と推測されます。あくまで私の推測ですが。

 

時差があるということを踏まえると、今回のセールが恐いのは注意書きの注文確認書には30%増量後の数字が反映されないという部分です。

これでは自分がセールの適用を受けることができたかどうかはっきりしません。30%の増量は口約束のようなものですから、それをどう考えるかですね。

Buy Airline Milesのセールについて考えてみました

前回の30%オフの時に購入量より600Avios余分に付与されていました。10万Avios買った方は800Avios余分に付いていた人が多かったのではないでしょうか。

思うにBuy Airline Milesはクレジットカード等のポイントプログラムのキャンペーンに乗っかる形でキャンペーンを行っているのだと思います。ですから、100Avios単位までは正確にコントロールできないのでしょう。

ですから今回のセールもいずれかのポイントプログラムが行うAvios移行30%増量キャンペーンに乗っかる形で行うのだと思うのです。

自前で行うキャンペーンでない分、トラブルが起こると調査に時間がかかるかもしれませんね。この辺りはポイントサイトと広告主の構図に近いものを感じます。

トラブルが起こったときに英語での問い合わせは必須と思いますので、その辺りのリスクも了承した上で購入してくださいね。

ついにすぐたまからGポイントへの交換が可能に!!

f:id:sinrons:20190903113910p:plain

陸マイラーにとってはビッグニュースです。ついにすぐたま(ネットマイル)からGポイントへの交換が可能になります。時期は2019年10月上旬とちょっとだけ先の話ですが、朗報であることに間違いありません。

すぐたまは先月のドットマネールートの解禁もそうですが攻撃の手を緩めませんね。

 

すぐたまの魅力については下の記事で確認してください。

すぐたまのソラチカルートが大幅に簡略化されます

ドットマネールートが開通したことにより陸マイラーからも注目度が増したすぐたまですが、惜しいのはANAマイルへの交換率81%を誇るソラチカルートの複雑さでした。

ところがGポイントへの直接交換が可能になることで、下の図のように大幅にソラチカルートが簡略化されるのです。

f:id:sinrons:20190903115512j:plain

旧ソラチカルートの入口封鎖が行われた際に私が予測した通り、Gポイントは中継サイトの要となりつつあります。

ソラチカカードはすぐたまが最高ポイント還元実施中!!

ANA陸マイラー必須のクレジットカードと言えばANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードですが、各ポイントサイトの中ですぐたまが最高還元を実施中です。

f:id:sinrons:20190903123942p:plain


 

ANA JCB一般カード(ソラチカカード)の詳細|ポイントサイト【すぐたま】

 

すぐたまの1mileは0.5円相当です。

ソラチカカードの新規発行で7,500円相当は過去においてもトップクラスの還元ではないでしょうか。

プリンスポイントにANAマイル、すぐたまは今後も要注目のポイントサイトですね。

ドットマネーの漫画マニアックス案件で月末の例のキャンペーンに挑戦しました

月末の例の案件と言葉を濁すのは、問い合わせ防止の意味もあります。大型キャンペーンに際して利用前に対象かどうか知りたい気持ちは当然ですが、例のキャンペーンのように主催者側の後出しジャンケンがやり放題という場合は、問い合わせは自らの首を絞める可能性が高いからです。

例のキャンペーンのキャッシュバック対象外項目について

現在は赤字でびっしりと注意書きが加えられています。個別に全ての対象外項目を書くことは不可能と悟ったようで、包括的に網を掛ける記述となっています。

現金化が疑われるようなケースは後出しジャンケンで全て対象外となる可能性が高いと思います。

また、売上伝票の到着が遅れた場合も対象外になる可能性があるという点にも注意が必要です。クレジットカードの利用日が対象期間でも売上伝票の到着が遅れ、月初にずれ込んだ場合は対象外となるかもしれません。私の場合は7月利用分で既にこのケースが発生しています。

f:id:sinrons:20190831141952p:plain

ドットマネーの高額還元案件は対象外なのか?

ドットマネーと言えば月初の高額還元案件が有名ですが、例のキャンペーンのために月末に高額還元案件をチェックしていました。

その結果、8月30日に出現したのが漫画マニアックスの50,000円コースです。有料会員になれば漫画が読めるという案件なんですが、表記は税抜きであるため、実際の支払い金額は54,000円ということになります。

したがって54,000円の支出に対して51,876円相当のポイントを手にすることができ96%還元案件ということになります。

f:id:sinrons:20190831141355p:plain

私の場合はポイントが付与されれば直ちに解約するため、コンテンツ自体から何らかのメリットを受けることはありません。一般的に考えると54,000円払って51,876円分のポイントをもらっても2,124円損しただけじゃないかということになります。

 

これがポイントを使った錬金術の不思議なところで、例えばこのポイントをソラチカルートを使って交換率81%でANAマイルに換えると、グアムへの往復航空券+沖縄への片道航空券を夫婦二人分発券することができます。

 

またプリンスホテルのプリンスポイントに交換率100%で交換することで、品川プリンスホテルに夫婦で10泊することも可能です。1人1泊2,700円程度になりますからお得ですね。ザ・プリンスの名を冠する高級ホテルにも夫婦で4泊できますし、ハワイのプリンスワイキキに夫婦で2泊して余りあるポイントです。

 

話が脱線しました。要は96%の還元率であれば、例のキャンペーンの対象外になっても、私にとってはデメリットはないということです。

でも、できればキャンペーンの適用を受けたいので考えてみます。問題は、漫画マニアックスは対象外案件として明記されている月会費にひっかかる可能性があるということでしょうか。有料月額会員登録と月会費は同じような気もしますが、明細がどういう形で上がるかわからないためキャンペーン適用可の可能性もあるようにも思えます。

また、売上伝票が間に合うかどうかという点も問題です。

結論は「よくわからないので黙ってやってみる」ということになりそうです。問い合わせはこの手のルートを潰してしまう可能性があるためお勧めできません。例のキャンペーンは誰かが試した結果を見てチャレンジするということができない仕様ですので、自己責任でやってみるしかありません。

実際に試してみました

ドットマネーに限らず高額還元案件には恐ろしいデメリットがあります。支払う金額が高額なのに、チャレンジした結果ポイントが付与されなかったとか簡単に解約できない仕様だったというものです。

 

私が挑戦したドットマネーの漫画マニアックスは運良く?購入直後にポイント付与が確認できました。

f:id:sinrons:20190831153055p:plain

 

解約も特に問題ありませんでした。

漫画マニアックスの解約方法

登録中のポイントコースを表示させ退会ボタンを押します。

f:id:sinrons:20190831153533p:plain

クレジットカード54,000円コースを選択します。

f:id:sinrons:20190831153900p:plain

注意書きが表示されます。「退会する」を押します。

f:id:sinrons:20190831153939p:plain

問題なく解約できました。

f:id:sinrons:20190831154016p:plain

ちなみに解約してしまうとチケットも4枚を残してなくなってしまいました。このことは注意書きにも書かれています。漫画を読んでから解約するのもいいかもしれません。私はリスク回避で直ちに解約しましたが。

f:id:sinrons:20190831154424p:plain

事前にある程度リサーチしましたが、真偽のほどは不明であるものの漫画マニアックスでトラブルになったという記述もありました。

キャンペーンを抜きにしても、理論値で言えば1マイル=1.29円でANAマイルをバイマイルしたとも言える今回の案件ですが、月末のなるべく早い時期にこだわらなければ、もっと還元率のよい案件もありますし、前述したように高額出費ゆえのリスクもあります。

こういった方法もあると参考にしていただけたらと思い公開しましたが、それなりのリスクもあり決して手放しで推奨するものではありません。