Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

決戦の地へ、再び!!グアムプレミアアウトレット(GPO)のロスドレスフォーレスから妻を奪還せよ!!

ロスドレスフォーレスを運営するロスストアーズはグアムやハワイでも大人気の全米最大級のオフプライスチェーンです。トレジャーハントをコンセプトに掲げ店舗滞在時間を増加させているだけあって、圧倒的な無秩序陳列は見ただけで戦意喪失する人もいると思います。

その顧客層は70%以上が女性というだけあり、今回の旅行中もスーツケースを引いた若い男性2人組が店内に入るなり「これは見る気がなくなるわ。」とつぶやいていた姿が印象に残っています。

女性にとっては宝の山でも、男性にとっては砂漠の中で一粒のダイヤを探すがごとくに感じられるということは珍しいケースではないのです。

 

そのことは、以前に書いたこの記事になぜか安定してアクセスがあることが証明しているかもしれません。悩んでいる男性が多いのでしょうか?

これが恐怖の魔物の巣窟だ!

今回、私が敢えて決戦の地に選んだのは、前回のグアム旅行で妻がもっとも気に入ったというグアムプレミアアウトレット内のロスドレスフォーレスです。相手のホームで勝負を挑んでこそ勝利の意味があると考えたのです。

f:id:sinrons:20190525140145j:plain

10か月ぶりに見るこの光景は何度見ても衝撃的です。店舗の奥が霞んでいるようにも思えます。

1日中いられるかもしれない…

旅行前の妻の言葉が脳裏をよぎります。

f:id:sinrons:20190525140059j:plain

このようにさながら森の中の林のようになっているところもあり、この辺りに踏み込まれたら妻を捜索するのは簡単な作業ではありません。

f:id:sinrons:20190525141012j:plain

子供服もこのとおり。

f:id:sinrons:20190525141439j:plain

オペレーション1 店内を探索せよ!!

考えてみると前回は圧倒的な物量に惑わされ、十分にこのダンジョンを探索できていませんでした。ひょっとすると私の興味の対象となるものも埋もれているかもしれません。

 

なんだ、このカオスな空間は!

f:id:sinrons:20190525142905j:plain

謎の仏像が17.99ドル(2,000円くらい)。安い!!

f:id:sinrons:20190525143018j:plain

ブリキのポリスバイクが20.99ドル(2,350円くらい)。いい味出してます。

f:id:sinrons:20190525143338j:plain

パンダのシュガーポットかな?

f:id:sinrons:20190525143611j:plain

開けると少し残酷。5.99ドル(670円くらい)。

f:id:sinrons:20190525143824j:plain

大きな神々しい絵、29.99ドル(3,350円くらい)。持って帰るのは大変そう。

f:id:sinrons:20190525144024j:plain

アメリカの家と言えば、やっぱり写真立て。

f:id:sinrons:20190525144319j:plain

これぞ、アメリカという感じの食器類。

f:id:sinrons:20190525144651j:plain

突然現れたジャム、2.99ドル(330円くらい)。

f:id:sinrons:20190525152315j:plain

ディズニー系のおもちゃ。12.99ドル(1,450円くらい)。

f:id:sinrons:20190525144815j:plain

大量のバッグ。

f:id:sinrons:20190525145047j:plain

買い過ぎても安心のスーツケース。数千円で手に入ります。

f:id:sinrons:20190525145208j:plain

GUESS(ゲス)の夏っぽいバッグは44.99ドル(5,000円くらい)。

f:id:sinrons:20190525145319j:plain

GPO内に独立店舗もあるカルバンクラインのバッグ。79.99ドル(8,940円くらい)。バック・トゥ・ザ・フューチャーを見てからカルバンクラインのパンツは履かないようにしています。

f:id:sinrons:20190525145549j:plain

どこから見てもマイケル・コースのバッグ。89.99ドル(10,060円くらい)

f:id:sinrons:20190525145944j:plain

サムエデルマンのバッグは22.99ドル(2,570円くらい)。

f:id:sinrons:20190525150201j:plain

オペレーション2 果報は寝て待て!

GPO内は幸いにもベンチなど座って休めるスペースがけっこうあります。探索に疲れたら一旦退却して休憩しましょう。

有料ですが、マッサージチェアもあります。故障している場合もあるので、まず液晶画面に表示があるかどうかを確認します。次に1ドル紙幣か5ドル紙幣を投入します。1ドルだと5分、5ドルだと25分間動作します。日本のものと違い自分で操作するボタン類はありません。全てオートです。

f:id:sinrons:20190525152812j:plain

私の妻は、同じ店なら来店する度に滞在時間が短くなる傾向があります。海外でもその傾向が変わることはありません。ですから、今回はかなり余裕がありました。2時間くらいで様子を見に行くとレジを待つ行列に妻の姿が。

ロスドレスのレジは並ぶことでも有名ですが、レジの数も多いのでそれなりに進んで行きます。

f:id:sinrons:20190525153741j:plain

海外WiFiをレンタルして快適なネット環境があるので、多少待ったとしても別に苦になりません。普段から一緒にショッピングに行き、傾向と対策を考えて置くことも重要だと思います。

 

「今日は7着買ったよ。」と満足そうな妻に「縁起のいい数字だね。サンセットでも見に行こうか。」と答え、お店を後にしました。

f:id:sinrons:20190525154159j:plain

2019年5月にレオパレス21の株主優待券を使ってレオパレスリゾートグアムに無料宿泊してきました

2019年5月にレオパレス21の株主優待券を使ってレオパレスリゾートグアムに宿泊してきました。一連の不祥事を受け、レオパレス21の倒産説も囁かれる中での宿泊でしたが、昨年と大きく変わった点はありませんでした。

私は株主ではないので、株主優待の無料宿泊券は知人に譲ってもらったものです。レオパレスリゾートグアムの無料宿泊券は有償譲渡は禁止されていますが、今のところ無償譲渡に関しては特に制限がありません。10か月ぶりの宿泊ですが、前回と同様に宿泊に際して株主であるかどうかの確認などはありませんでした。

 

前回の宿泊の様子はこちらの記事で。

 

グアム入国からホテル到着まで

今回も深夜便でしたが、着陸してから20分後にはスーツケースを持って空港ロビーに出ていました。前回、ESTA申請者は機械を自分で操作して指紋と顔写真を登録したのですが、今回は「ESTAはこっち。」と促されて、機械のコーナーをスルーしてそのまま入国審査官のところに行き滞在日数と宿泊ホテルを訊かれ、右手の親指以外の4本の指紋をまとめて登録し顔写真を撮り入国しました。顔写真を撮る時は眼鏡をかけている人は外すように言われます。入国審査は夫婦2名一緒に行われました。

自分で機械を操作する必要がなかったので、前回を上回るスピードで入国審査が終わったのだと思います。

※2019年5月現在、グアム渡航に際してESTA登録は必須ではありません。

ロビーに出ると前回と同じくほぼ正面に見えるLAMLAMツアーズのカウンターで受付をして8分後にはバスに乗ってホテルへ出発しました。

レオパレスリゾートグアムには出発してから25分後に到着しました。勝手知ったるホテルなので、妻にスーツケースを頼み、私はすぐに右奥のフロントに行きパスポート、宿泊券、デポジット用のクレジットカードを差し出しました。するとパスポートは必要ないと返されました。

ホテルの部屋について

今回もクエストタワーでしたが、部屋は1階の108号室でした。

f:id:sinrons:20190524125227j:plain

f:id:sinrons:20190524125250j:plain

f:id:sinrons:20190524130527j:plain

f:id:sinrons:20190524130549j:plain

f:id:sinrons:20190524130630j:plain

f:id:sinrons:20190524130654j:plain

f:id:sinrons:20190524130731j:plain

部屋の間取りは前回と同じです。1階ということで虫が心配でしたが滞在中、蟻も含めて虫が室内にいることはありませんでした。前回はトイレやバスルームに少しかび臭さを感じましたが今回は問題ありませんでした。部屋の清掃も今回の方がきちんとできていたと思います。

シャワーの水圧は強く安定してお湯も出て、排水が少し悪いこと以外は概ね満足でした。細かく見ると、洗面台のタオル掛けが適当に修理され外れかかっていたり、トイレの便座が少しずれて付いていたりということはありましたが、無料宿泊ということを考慮すると快適と言ってよい滞在だったと思います。

また、今回も1人に1本、ミネラルウォーターのサービスがあったのが嬉しかったです。深夜便で到着するとホテル内でドリンクを買うことができないので。

プールの様子

クエストタワー直近の小さめのプールにも行ってみたのですが、リゾート感がなく寂しいということで結局、本館のメインプールに行くことになりました。

f:id:sinrons:20190524131120j:plain

f:id:sinrons:20190524131859j:plain

スライダーもあり子連れで遊ぶのもメインプールの方が楽しいと思います。相変わらず小さな虫が浮いているということはありましたが、南国リゾートなのである程度は仕方がないと思います。みんな特に気にする様子もなく遊んでいましたし。

バスタオルはプールサイドのスタッフのところに行き、名前や部屋番号、枚数を記入して受け取るスタイルに変わっていました。帰る時にもバスタオルをきちんと返したかチェックしていました。

グアムを訪れて

グアム全般に言えるんですが、サービスはゆるい感じです。日本人的感覚から言うと甘いと思うことも、なんか不愛想だなと感じることもあるのかもしれません。レジが混んでいても特に慌てる様子もなくのんびりする姿に苛立つことも。

セントレア空港に帰り清潔なトイレにホッとし、自動販売機の取り出し口の蓋が自動で開く様子を見て感心しました。と同時に、本当にこれが幸せなのだろうかと思ったのです。

トイレが清潔でなければ苦情が来ると恐れているのではないか、取り出し口の蓋なんか自分で開けたらいいんじゃないかと。よりよいサービスを求められ続け、メチャクチャに頑張った先に本当に幸せがあるのだろうかと。

何か日本って国全体が疲れてる感じがするんですよ。みんながお互いを見張り合ってる感じです。

グアムに行くとそんなに頑張らなくてもいいんじゃないかと思わされるんですよね。そんなに頑張って愛想よくすることもないし、過剰にサービスにこだわる必要もないんだって。

 

でも、あのレオパレスリゾートの白い壁を守るためにグアムの人だって暑い中、危ない作業をしていました。

決して努力をしていないわけではないし、時々その方向性が日本人的な感覚と違ってたとしても、それこそが文化の違いでそれを受け入れて、のんびり過ごすのがいいんだと思っています。

f:id:sinrons:20190524134301j:plain

 

【グアム土産】グアムで爆発的に売れているアルガンオイルを使ったOGXのシャンプー、リンス、ヘアオイルをリサーチしてみました!

2019年5月にグアム旅行に行って来ました。渡航前から気になっていたのがグアム土産として人気急上昇中のOGXのヘアケア製品です。特にアルガンオイルを使った製品は人気の的のようでした。

OGXのアルガンオイル製品はなぜグアムで人気なのか?

OGXはアメリカのブランドで、もともとOrganixという名前でしたが、そのブランド名が誤解を招くとしたカリフォルニア州での訴訟を経て2013年にOGXに名前を変更した経緯があります。美容師一家に生まれたトッド・クリストファーが創業したこの会社は、2016年にジョンソン&ジョンソンに売却されています。

ドラッグストアで販売されたOGXのヘアケア製品は独特のボトルデザインで注目を浴び、その品質の良さが評価されアメリカ、カナダ、ハワイなどでは名前が知られた存在となっています。

OGXは、有名人を広告に起用しないというポリシーを持っていて消費者の口コミで人気に火が付いたことからも品質については確かなものだと思います。また、日本ではあまり目にする機会がないことから、海外旅行でのお土産として人気があるのだと思います。アメリカで注目を浴びるきっかけとなったユニークなボトルデザインはインスタ映えしますしね。

その中でもグアムでアルガンオイルを使ったシャンプーやコンディショナーに人気が集中しているのは、ボトルカラーが鮮やかなターコイズブルーだからだと思います。南国グアムのイメージにぴったりです。

また、アルガンオイルはモロッコにのみ自生するというアルガンツリーの種から精製される希少性の高いオイルで、最近の植物系オイル人気の高まりを受け日本でも有名になっています。

グアムでのリサーチ結果は?

想像以上の人気で、OGXのアルガンオイルを使ったシャンプーに関してはABCストアでしか見ることがありませんでした。ABCストアで見掛けたシャンプーはトラベル用の385mlボトルのみで13.49ドル(当日レートで1,500円程度)でした。ABCストアは品揃えはよいのですが、価格は高めです。

 

下の画像はABCマートのものです。

f:id:sinrons:20190522203236j:plain

また、コストユーレスではシャンプーは置いていませんでしたが、コンディショナーの大きいボトル(750ml)が置いていました。値段も11.99ドル(当日レートで1,340円程度)とお得な感じです。また、100ml入りのヘアオイルは6.99ドル(当日レートで780円程度)でした。コストユーレスはコストコのようなお店ですがコストコのように会員登録は必要ありません。

Kマートとペイレスは今回の旅行中は品切れ状態でした。ロスドレスでも見かけませんでした。

品揃えがよいのは間違いなくABCマートなんですが、ばら撒き用のお土産としてはちょっと高い感じです。自分用にビッグサイズが欲しい人はJPスーパーストア、Kマート、ペイレス、コストユーレスをまずチェックしてみるとよいと思います。運がよければロスドレスでも手に入れるチャンスはあるようですが可能性は低いかもしれません。

今回、私はチェックし忘れたのですが、JPスーパーストアではビッグサイズのシャンプーかコンディショナーが10.99ドルで売っていたという話もあるため要チェックです。

シャンプーはとにかく品薄でコンディショナーは大型のものは入手しやすい感じでした。小型のシャンプーを安く購入するのは難しいかもしれません。

購入品

小型のシャンプー、コンディショナーが安く手に入ればお土産にしようと思っていたのですが、品薄状態でABCマートしか選択肢がありませんでした。ペイレスに小型のものがあれば6ドル弱くらいで手に入るみたいなんですけど。

迷いましたが、コストユーレスでお土産用としてヘアオイルを購入しました。人気のターコイズブルーではありませんが、ゴールドでゴージャスな感じです。髪質を問わず使用できるし、6.99ドルと懐にも優しい価格でした。PENETRATING OILというのは浸透性のオイルというような意味だと思います。トロリとしたオイルですが、付け心地はサラッとしているそうです。

f:id:sinrons:20190522201158j:plain

 

【悲報】スペイン版グルーポンで2,000Aviosクーポンの販売が再開されました 2019年5月

※私自身は未確認ですが、今回から日本のクレジットカードは弾かれる仕様になってしまっているようです。

スペイン版グルーポンで、Aviosの販売が再開されました。この事自体は朗報なのかもしれませんが、一番お得だった2000Aviosクーポンが大きく値を上げてしまいました。

1000Avios 19ユーロ 単価2.394円
2000Avios 29ユーロ 単価1.827円
4000Avios 59ユーロ 単価1.859円
8000Avios 109ユーロ 単価1.717円
15000Avios 199ユーロ 単価1.672円
20000Avios 259ユーロ 単価1.632円
35000Avios 429ユーロ 単価1.544円

1ユーロ=126円でボーナスAviosを無視して計算すると上のような感じです。急いで計算したので間違いがあったら申し訳ありません。
特典航空券の発券に必要なAviosの増加状況によってはAviosを購入するメリットがなくなってしまうかもしれませんね。
駆け込みで5月中にという手もあるかもしれませんが、相変わらず付与されないケースも散見されるため見送りが無難でしょうか。

ユナイテッド航空上級会員「プレミアシルバー」は座席指定で有利になるのか?

ハワイアン航空の上級会員Pualani Goldの資格をラグジュアリーカードのステータスマッチで得た私は、更にそのハワイアン航空の上級会員資格を使いユナイテッド航空にステータスマッチを申し込みました。

わらしべ長者のような手法で期間限定ながらユナイテッド航空の上級会員であるプレミアシルバーになることに成功したのですが、ラウンジアクセス権のない最下層の上級会員資格であったためテンションが下がっていたのも事実です。

しかし、座席指定に関しては意外に有利に働くことがわかってきたので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

ANAマイルを使用して名古屋=グアムの特典航空券を発券しました

間もなく出発になるのですが、ANAのマイルを使用して名古屋=グアム間の特典航空券を発券しています。ANAは自社運営のグアム便がないため、提携航空会社のユナイテッド航空を利用することになりました。発券した時に指定できた座席は最後方に近い場所でした。下の図で言えば31列目だったと思います。

f:id:sinrons:20190516162558p:plain

その後、ユナイテッド航空のプレミアシルバー資格を得たことにより、15列目が選択可能になったためそこに移動しました。

そして、搭乗4日前に更に10~12列が無料指定可能な席になっていることに気付き、当然のように10列目に座席変更を行いました。

プレミアシルバーの資格を得て気付いた点

私が気付いたのはこのグアム便に乗るユナイテッド航空の上級会員はほとんどいないのではないかという点です。時期的に搭乗者が少ないのと日本人でユナイテッド航空の上級会員資格を持つ人がそもそも少ないのではないかと思うのです。

現在埋まっている席で追加料金の必要なプリファードシートを利用しているのは私達を除けば2名だけです。この2名も上級会員資格を持つ人ならもう少し前方席を指定するのではないかと思いますが。

出発日が間近に迫っていることを考えると、いくら近距離のグアムとは言え今から突然思いついて行こうとする人がそういるとも思えず、この構成は大きく変わらないはずです。

更なるアップグレードが期待できるかも?

プリファードシートの無料指定はユナイテッド航空の上級会員資格に共通の特典です。また、プレミアシルバー以外の上級会員は、予約時からエコノミープラス席も無料指定することができます。

現在の座席指定状況から考えると、この便に乗っているユナイテッド航空の上級会員及びその同伴者は、私達も含め最大で4組8名でしかないことになります。

現時点でエコノミープラス席を押さえているのはプレミアゴールド以上の資格を持つ上級会員である可能性がありますから、プレミアゴールド以上の会員及びその同伴者が最大で1組2名と推測でき、私達を含め最大で3組6名がプレミアシルバー会員及びその同伴者であると推測できます。

空席数と推測した上級会員資格者の数的にはチェックインのタイミングでエコノミープラス席が無料指定可能になると考えています。

そして、私が調べた範囲では特典航空券は対象外となっているビジネスクラスへのアップグレードも運が良ければあるかもしれません。

ステータスマッチで得たわずか3か月のユナイテッド航空の上級会員資格ですが意外と役に立っています。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュにメールで依頼する際の注意点

メタル製クレジットカードとして有名なラグジュアリーカードのブラックカードを発行しました。チタンカード以外のラグジュアリーカードは、コンシェルジュへの依頼をメールで行うことができます。

私も発行してから何回か利用しましたが、メールで依頼できるというのは便利です。こんなことは頼み難いなと思うことでも、メールなら意外と頼めてしまうんですよね。それだけにメールでの依頼を受け付けるというのはリスクが大きいと思います。ラグジュアリーカードの勇気には拍手を送りたいです。

しかし、メールでの依頼には、ニュアンスが伝わりきらないという弱点もあるように感じます。今回は私のケースを基に評判の良いラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスについて考えてみたいと思います。

f:id:sinrons:20190513205618p:plain

ケース1 ゴールデンウィークに香川県の特定ホテルの空室確認

今年のゴールデンウィークは都会の方は意外と簡単にホテルの空室を見つけることができたんですが、四国はヤバかったですね。もともとホテルの数が多くないこともあり、前例のない10連休ということで空室が極端に少なくなっていました。

そんな中、香川県のあるホテルの空室確認を依頼したんですが、きっちりと見つけてくれました。空室があったのがJTBのオンライン予約だったため、予約代行はできないとのことでしたが、私自身でも十分予約可能なタイミングで教えてもらいありがたかったです。仕事が忙しくて自分で調べる時間があまり取れなかったので、代行してくれるのは便利でした。

ケース2 ゴールデンウィークに宿泊可能な四国のホテルの空室確認

ビジネスホテルではなく、リゾート色のあるホテルという条件でお願いしました。四国は外資系ホテル不毛の地だし、リゾート系ホテルというカテゴリーとなると数が多くありません。

しかも5月3日という条件をつけたため、かなり難航しました。それでも2軒のホテルの提案がありましたが、リゾート系かというと少し首をかしげたくなるチョイスでした。こちらは自分で同時進行で調べていたところ、一般には公開されていないクローズ系のホテル予約サイトで自分好みのホテルを見つけることができました。

ケース3 母の日のプレゼントを相談

ある程度日持ちがする四国ではあまり見掛けない美味しいお菓子を教えてほしいという相談をしてみました。「以前に送った鎌倉紅谷のクルミッ子は喜んでもらえた。」というエピソードを添えました。

実のところ、かなり期待していたのですが、提案は楽天市場の商品でかなりメジャーな母の日向けのお菓子でした。これは残念に思いましたね。そういった商品は飽きてしまったので相談したのですが、ニュアンスが伝わらなかったのかもしれません。

ケース4 グアムでお勧めのオーシャンビューのホテル

グアムでお勧めのオーシャンビューの部屋を教えてほしいとの相談をしてみました。素泊まりも可能で2名1室一泊25,000円程度までという条件でした。

お勧めされたのは、シェラトンラグーナとウェスティンでした。私自身グアムには何回か行ったことがあるし、ホテルについても研究したことがあります。シェラトンラグーナは決して評判のよいホテルではないということは知っていますし、ウェスティンもよほど安ければ別ですが宿泊候補にはなりません。

まあ、グアムって問題のあるホテルが多いので充実したホテルライフを過ごす場所ではないとは思いますけど。ラグジュアリーカードのホテルプログラムにもグアムのホテルは載っていませんしね。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュについて感じたこと

地方のホテルは苦手だと感じました。ラグジュアリーカードのホテルプログラムに載っているようなホテルであれば、コンシェルジュを通すベネフィットもあると思いますが、地方のホテルについては私が調べることができるのと大差ない感じです。

予算の縛りを緩くして都会で名の通ったホテルを予約するのにはいいのかもしれません。ただし値段を重視する人には不向きです。恐らく自分で調べた方が安く見つけることができると思います。

もっとも、コンシェルジュを通せば部屋のアップグレードなども期待できるかもしれないので、結果的にコスパに優れるというケースはあるかもしれません。不確実で出たとこ勝負なのでリスクはありますけど。

ホテルに関しては価格を重視してしまうと、コンシェルジュの提案に乗る気がしなくなるように思います。そういった意味では、ある程度以上の富裕層向けのサービスなのかもしれないと思うし、そもそもそういった性格のクレジットカードだから仕方がないとも思います。

 

商品検索に関しては、この商品を探してほしいというピンポイントの依頼をするか、かなり細かくはっきりとどのような商品を求めているのかを伝えなければ満足な結果を得ることができないかもしれません。

そうなるとメールより電話の方が伝えやすいのかもしれないなと思いました。メールの手軽さは便利なんですけど。

うまく利用できないと感じるのは、私自身にコンシェルジュを利用する上でのノウハウが足りていないせいもあると思うので、今後はその辺りのノウハウも積み重ねていきたいですね。

依頼に対し何らかの提案があるという点やレスポンスのスピード感はあるので、コンシェルジュに頼り切るというスタイルではなく、あくまで選択肢を広げる手段と割り切ってしまうのもいいのかもしれません。

Avios改悪4%説は信じてもよいのか?

Avios改悪4%説とは?

平成最後の日にブリティッシュ・エアウェイズから突如「提携航空会社に関する重要な情報」がアナウンスされました。

この時点では、変更というだけでその内容が明らかではなかったため、必ずしも改悪というアナウンスではありませんでしたが、私も含め大多数の人は改悪に違いないとしか思うことができなかったはずです。

そして、遂にその変更内容の一端が公式サイトの「Q&A」に追加されました。

f:id:sinrons:20190504130533p:plain

f:id:sinrons:20190504130604p:plain

この追加を受けて、今回の改悪の内容は「Aviosを使った日本航空国内線特典航空券の発券に必要なAviosが4%増加するというものだ」という説が台頭し始めたのです。

この改悪4%説は、大手トラベルメディア「トライシー」が

変更を告知するウェブサイトのFAQでは、必要マイル数は4%増加するとしている。現在、日本航空(JAL)の国内線の大部分は、片道4,500マイルで交換できるため、4%にあたる180マイル増えた、片道4,680マイルで交換できることになる。ブリティッシュ・エアウェイズでは変更に関して、5月30日以降に、ウェブサイト上の特典フライト計算機で確認できるとしている。

 と記事中で明言したことから正しいようにも思えます。

 

トライシーの記事の詳細は下のリンクからどうぞ。

www.traicy.com

個人的考えですが、信じることができません

大手トラベルメディアが記事にしたとしても、この数年間Aviosネタを見続けてきた身としては信じることができないというのが本音です。

そもそも、マイレージのチャートとして片道4680マイルというような設定があり得るのかということも疑問ですし、北米で4500Avios→7500Aviosという思い切った変更を行ったBAが、目障りになってきているであろう日本航空の4500Avios区間をわずか4%の増加で終わらせるのかという思いもあります。

契約書などは本当に大切なことは小さな文字で書いている、目立たない場所に書いているということがありますが、今回の追加部分も「料金の変更はご利用のルートとキャビン、提携航空会社によって異なります」と添えられています。

この一文によって私の中で「Avios改悪4%説」は非常に疑わしいものとなっています。

 

今回の追加内容は「各提携航空会社に対するAvios料金を最低4%値上げすることで合意した。ただし、最終的な値上げ幅は各提携航空会社によって異なるので5月30日以降に特典フライト計算機で確認してほしい。」と、このようなものだと理解しておきたいと思います。

もちろん改悪4%説が正しければ嬉しい誤算ですけど。