Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

絶対にバズらないブログとは?失敗から学べば、お金が天から降ってくる?!

絶対にバズらないブログとは?

2016年の5月にブログを始めました。当初は陸マイラーブログで、今も自分では陸マイラーブログのつもりです。

私の経験的には特に何の努力もしなくても、グーグルアドセンスの審査に合格して広告さえ貼っておけば1PVに対して0.2円程度の収入になる感じです。もちろん、もっとアクセスが多かったり、PV単価を上げるための努力を重ねれば金額はあがるはずですが、放置系末端ブログのPV単価は0.2円程度のものだと思います。

 

「バズる」という言葉の定義は難しいですけど、私はグーグルアドセンス的に考えて1日5万PV程度と思っています。1日で5万PVほどあれば広告収入1万円は達成できるはずですから。毎日何万PVもあるようなブログでは5万PVあったところでバズったとは言えませんから相対的にどうかという話ではあるんですけど。

 

ブログを書き始めた当初は思っていました。いつか自分の書いた記事もバズる時が来るんだと。1日で万札が落ちてくるような瞬間がきっとあるはずだと。しかし、1年経っても2年経ってもその瞬間はやってきませんでした。恐らく将来的にもないと思います。

絶対にバズらない私のブログも、今からブログを始めてブログ飯が食べたいという方のためには半面教師的な参考になるかもしれません。ですからそのコツを書いておきたいと思います。

f:id:sinrons:20181117162120p:plain

バズらせないコツを伝授します

ブログテーマは陸マイラーなどマイナーなものにする

分母が多いほどアクセス数が多くアドセンス的にも有利になってしまいます。分母が多いとは、なるべく多くの人が検索するであろうワードに関係したテーマを選ぶということです。才能と努力があると、マイナー分野でもある程度突出した成績を収めてしまうかもしれませんが、天井が低いため頭打ちもすぐにくるという利点があります。

Aviosなどの記事を書く

陸マイラーという限定された分野で、Aviosなどというマイナーな記事を書くことによって更に読み手を限定することができます。また繰り返し書くことで自分は理解が深まるため、初見の人には意味不明の暗号のような記事を書くことができます。

更新頻度を少なくする

「今日は気分が乗らないなぁ。」とか「最近いいネタないしなぁ。」というような理由で更新頻度を少なくすることで楽ができるし、バズってしまう可能性も低く抑えることができます。

はてなブログで継続する

はてなブログはシステム的にブロガーさん同士の交流が生まれやすいです。結果的に今更こんな基本的なことを書いても評価されないかもとか考えてしまい、もっとレベルの高い難しい内容の方がいいんじゃないかというプレッシャーから記事の内容が難解になるという効果を生み、読み手を限定することができます。

ハズキルーペのCMは芸術性が低いと思う

世界的な俳優を起用して深夜のテレビショッピングみたいなベタで分かりやすいCMを作ってしまうなんて初めて見た時は衝撃でした。私は予算があるならイタリアとかフランスでモデルさんとかを起用してお洒落なCMを作りたくなるタイプです。

言い換えると、一般の人に商品を宣伝することより、芸術性の高い玄人受けする映像を作ることを優先して自己満足に浸りたくなるタイプと言えます。

バズらないブログの利点

アドセンス的にはどうしようもないバズらないブログですが、好きなことを好きなように書くことができるというメリットもあります。逆に言えば、何も考えずに自由に書いてもアクセスを稼ぐことは難しいということだと思います。

無論、これは私のような凡人の話です。どんな世界にもイチロー選手や大谷翔平選手はいます。溢れるほどの才能がありながら、淡々と努力を積み重ねることができ、それを苦労と思わない人です。

そのような特殊な例をもって「あの成功者は違う。好きなことを好きなようにやって成功した。」と言っても意味がありませんし、多くの場合はあまりにも簡単に実現してしまうためそう見えてしまうだけです。

 

また、理由はわからないけど偶然バズってしまうというのも厄介なことではあると思います。理由のわからない成功体験はギャンブルのビギナーズラックのようなもので、再現性が低いからです。その成功体験の再現に固執してしまうとお笑いの一発屋状態になってしまいかねません。

多くの人を集めるということは、ネガティブな意見も受け入れ耐えなければならないということでもあります。記事にコメントがないのは寂しいですが、ネガティブなコメントが並ぶよりはましだと、そう逃げてしまうところも私の限界なんだと思います。

人生はリスクだらけです。結局、私のブログでまでリスクは負いたくないし、疲れる思いまでして書きたくないという根性がバズらないブログを生み出している一番の要因なんでしょう。でも、ブログ飯は一度食べてみたいです(笑)。

【定期】スペイン版グルーポンで2,000Aviosクーポンの販売が開始されました 2018年11月

スペイン版グルーポンで2000Aviosクーポンが購入可能になっています。先日まで販売していたavios-15からavios-16に移行しました。
変則的ですが先日購入した私も再度購入可能でした。2000Aviosクーポンはお得なのでチャレンジする方はこの機会にどうぞ。

Avios戦線異状あり?

マニアックにAviosを買い続けている人以外にはどうでもいい話なんですが、Aviosのセールを区別するために、販売ページのアドレスの末尾をとって「avios-15」とか「avios-16」とか記述することがあります。

11月10日から販売開始されたのが「avios-16」になります。
f:id:sinrons:20181110113730p:plain

10月~11月に販売されたavios-15は2度の2000Aviosクーポンの再販を行うという珍しいパターンでした。
この再販には購入制限もついていたようなので混乱した方もいると思います。
私が気付いた日を基準にしているため多少日付けが前後するかもしれませんが、概ね下のような感じだったのではないでしょうか。
f:id:sinrons:20181110114518p:plain
このような販売パターンが今後のスタンダードなのか、avios-16も再販があるのか、気になるところです。

ネスレのラク楽後払い便キャンペーンはやはりすごかった!!この冬はドルチェグストなどのネスレ製品が飲み放題です!!

ネスレ通販のラク楽後払い便案件に挑戦中です。

各ポイントサイトで5,000円相当のポイントで出回っていますが、ネスレ自体のばら撒き案件としてもかなり優秀です。

20,000円弱の商品が到着しました

ドルチェグストやスペシャルT用のカプセル、スープ、キットカットとなかなか壮観です。もの珍しさもあって一日でかなり飲んでしまいました。

f:id:sinrons:20181107202413j:plain

別便でマシン2台も到着しました。ドルチェグストとスペシャルTの無料レンタルマシンです。

f:id:sinrons:20181107202832j:plain

ネスレラク楽後払い便案件の必要経費について

このキャンペーンは初回注文品の中で気に入って2回目に注文した商品だけ初回注文分も料金が発生します。したがって2回目の注文をキットカット1袋にすれば、それ以外は無料でもらえることになります。

私の場合はレンタルしたマシン2台を維持する必要があるため、ドルチェグストとスペシャルT用のカプセルをそれぞれ一箱ずつ注文する予定です。ですから、1回目に注文した20,000円弱の商品の内、それぞれのカプセル一箱分を支払えばいいと理解しています。初回は送料は発生しなかったので純粋に商品分だけの請求で1,520円(ドルチェグスト用カプセル930円、スペシャルT用カプセル590円)を予定しています。

2回目の注文は金額が少ない(4,000円以下は送料が必要)ので送料450円が発生して商品代と併せて1,970円を予定しています。

※実際に2回目の請求は1970円に変更済みです。

思ったより早く飲み切ってしまいそうなので3回目の注文はキットカット1袋(265円+送料450円)にしてレンタルしていたマシンも返却する計画にしました。

マシン2台の返送料は少し高めに見積もって3,000円を予定しています。

f:id:sinrons:20181107204957p:plain

その結果、現段階ではこの案件をクローズするまでに7,205円が必要と考えています。

 

ポイントサイトでもらうことができるポイントは5,000円相当なのでキャッシュの出入りのみに着目すると赤字のようにも思えますが、実際には5,000円相当のポイントに加えて21,479円相当のネスレ商品(初回無料分+2・3回目注文分)を手にすることになるため悪い案件とは思っていません。


家庭用のドルチェグストやスペシャルTを使用するのは初めてなんですが、満足度は高いです。季節的にも寒くなるのでレベルの高いホットドリンクが自宅で飲めるのは嬉しいですね。

ネスレ製品に興味がある方はチャレンジしてみても損のない優良案件だと思います。

2018年11月10日追記

こちらのキャンペーン、更にパワーアップして22,000円相当のネスレ商品がもらえてしまうことになっていますね。全部頼むと少し持ち出しになってしまいますが、超絶お得であることは間違いありません。

f:id:sinrons:20181110132536p:plain

【定期】かな?スペイン版グルーポンで2,000Aviosクーポンが買えてしまいました 2018年11月

最近は毎月のように月初めにリセットされて購入可能になるスペイン版グルーポンの2,000Aviosクーポンが購入できました。

f:id:sinrons:20181105125214p:plain

妻のアカウントでも購入できたのでリセットされたんじゃないかなと思います。ここのところ、セールが途切れずリセットされて購入可能になったり、未購入者に対して再販売されたりするのでわかりにくいですけど。

狙っていた方は試してみるといいと思います。

www.sinrons.com

消費税増税前に登録済み未使用車(新古車)を高い金利のカーローンで買った話

登録済み未使用車という選択

車にこだわりがない。こだわりはないが、同じお金を払うのなら新しく快適な車に乗りたい。当たり前の話だ。

新古車と呼ばれる車がある。最近では登録済み未使用車と呼ばれることも多い。

「試乗車に使ったような車だよね。」

友人はそう言っていたが、間違いではないものの表層的な理解だと感じる。車には販売ノルマがあるのだ。ノルマを達成するためには車を登録するしかない。自社名義で登録し販売実績とし、その後は中古車(登録済み未使用車)として流通させる。これによって登録済み未使用車と呼ばれる車が市場に供給されるのだ。

おかしな話だとは思うが、ユーザーにとってはメリットがある。一度登録して中古車になった車は価格が大きく下がることがあるのだ。デメリットとしては自分好みの車に出会うチャンスが少なくなるし、登録してしまっているので次回の車検までの期間が短くなることだろうか。

f:id:sinrons:20181102210011j:plain

中古車販売店にとって恐いのは長期在庫

登録済み未使用車を多く扱う販売店を訪れた。予約などはしていない。ふらりと立ち寄った体を装う。目当ての車はある。あまり市場に出回らない車だ。その販売店では複数台仕入れていたが全て売れてしまい最後の1台のようだ。

「一番に売れると思ってた色なんですけどねえ。」

店長はそうぼやいていた。私も早くに売れてもおかしくない色だと思うが無難に過ぎると判断した人が多かったのかもしれない。実のところ、その色は本来追加料金の必要な限定カラーなのだが。

中古車販売で恐いのは不良在庫を抱えることだ。3か月を超えて売れ残った車をチョウザイ(長期在庫)と呼ぶ業者さえいると聞く。

その証拠に車両本体価格が数日前にインターネットで見た時から更に10万円も値引きされている。不良在庫化するのが恐いので早く売り切りたいのだろう。

車としては悪い車ではない。ただ一般的に知られていないだけだ。指名買いされるような車ではないと思う。店員が言うには他の車を見に来た人が、実車を見て気に入って買っていくのだそうだ。

新車価格から言えば40%程度ダウンしている。これを売っても薄利か下手をすれば車両本体価格だけでは赤字になってしまうのではないかと心配になる。既に破格と言ってもいい値段になってしまっているから、遠からず売れてしまうだろうが。

高い金利のカーローンを選択した理由

一般的にカーローンは銀行、ディーラー、中古車業者の順に金利が高くなる。銀行は顧客の囲い込みという意味合いもあるし、金利が低い分、審査が慎重で事務処理に時間がかかるのが普通だ。ディーラーは新車価格に利益を乗せやすいのである程度金利を安く設定する体力がある。問題は中古車業者だ。競争が激しく薄利多売にならざるを得ない。そうなるとどこか別のところで利ザヤを稼ぐしかない。結果、金利の高いカーローンを客に勧めて、ローン業者からのバックマージンを得るという手法が横行するのだ。

60回ローンを組んでくれたお客様には各種割引、特典付き!!

このような煽り文句は、バックマージンの一部を特典として還元し購入を促す狙いがあるのだと思う。特典に目が眩んで業者が勧める金利8%前後のローンを組むと、銀行で借りた場合と比べて数十万円余分に支払わなければならないかもしれない。多少の特典をもらったとしても割に合わないことが多いだろう。

しかし、金利の高いカーローンは審査が緩く即日OKということも多い。このことは覚えておいて損はない。

手持ち資金が少なく車の購入を躊躇することもあるだろう。いいところに就職できたとしても、手持ち資金に余裕ができるのは数年後というケースもある。就職したばかりでは銀行の融資も審査落ちするかもしれない。審査の緩いカーローンで車を購入し、ある程度の勤務実績ができてから銀行などで借り換えるという手法だってある。

 

店長と交渉しても大幅な値引きは期待できないと思っていた。既に十分な値引きがされてしまっているからだ。

「いや~、この値段から値引きを希望する人は珍しいですよ。」

そう言われても、私は陸マイラーでポイント乞食なのだ。少しでも得をする方法を日々考えている人種だ。

現金一括払いで話を勧めたが提示された値引きはわずかなものだった。無理もない、既に限界に近い値引き率になってしまっているのだろう。

私は戦略を変更することにした。

「60回ローンで即決してもいいですよ。」

「本当ですか!」

店長が私の提案に食いついてきた。

「それだったら、うちで工賃込み11万円で出しているカーナビを付けて、あと数万円値引きも頑張ってみます。」

カーナビが11万円と言うのは盛り過ぎとは感じたが、機種を見ると安く見積もっても6万円くらいの値打ちはある感じだったし、ショップに持ち込んで後付けする手間が省けるのはありがたい。

概ね話がまとまりかけたところで私はこう切り出した。

「カーローンは一括返済も可能ですよね?」

店長は一瞬驚いた表情をしたが、ニヤリと笑って答えた。

「18回だけお付き合いしてもらっていいですか。その後は一括返済してもらってもいいので。」

18回の支払いを行うとカーナビ分が金利で帳消しになる程度だが、数万円の追加値引きを加えると悪くない話に思えた。18回の継続は店側とローン業者の取り決めでもあるのだろう。

「ところでクレジットカードは使えますか?」

車の販売でクレジットカードを使うのは一般的ではない。業者にとっては手数料を負担しなければならないのでメリットはないからだ。それでも新車では難しいだろうが、中古車業者ではクレジットカード払いを認める業者も増えてきている。時代の流れなのだろう。

「うーん、30万までならOKです。」

「では30万円を頭金としてクレジットカードで支払うので、車の名義は私にしてもらってもいいですか。」

カーローンを組んだ場合、車の所有権をローンの支払いが完了するまで販売業者やローン会社が持つことは珍しいことではない。自動車検査証の所有者欄に販売業者やローン会社の名前が入っていることがあるのはそのためだ。ローンが滞った時に車を押さえるためらしい。

所有者を誰にするかはローン会社などに裁量があり、頭金が一定金額入り、ローンの金額が少なければローンを組んだとしても購入者名義で販売することも可能だ。要はローンの支払いができなくなった場合のリスク回避なので、その可能性が低いと判断してもらえばいいのだ。

「わかりました。クレジットカードのポイントももらってください。」

そう言って店長は笑った。餅は餅屋、店長もよくわかっていると感じた瞬間だった。

店長は長期在庫を抱える苦痛から解放され、ローン会社も金利を稼ぐことができた。そして私はカーナビ付きの車を安く手に入れることができた。もちろん18回の約束は守るがその後は一括返済する予定だ。

一体、誰が損をして誰が得をしたのだろうか。とかくこの世は複雑だ。

「クレカのポイントはマイルにするか。」

私はそうつぶやき店を後にした。

 

【改悪】すぐたまからプリンスポイントの交換は手数料が必要に!!モッピールート封鎖でWショック!!

ついにこの日がやって来ました。

ポイントサイト「すぐたま」からプリンスポイントに手数料無料で等価交換することで、プリンス系ホテルにお得に宿泊する手法に改悪の嵐が吹き荒れ始めました。

交換手数料徴収で交換率は80%に低下!!

2018年11月1日からすぐたま(ネットマイル)→プリンスポイントへの交換には、2000mile(1000プリンスポイント)につき500mileの手数料が必要になります。わかりやすく現金ベースで表現すると1000円交換する毎に手数料250円が必要になるということです。

これにより交換率は従来の100%から80%に低下しました。

f:id:sinrons:20181101160016p:plainプリンス系ホテルの宿泊券に交換する場合、1プリンスポイントの価値は1円を大幅に上回ると考えられるため、即座に交換する価値がなくなるわけではありませんが痛い改悪には間違いありません。

モッピーからネットマイルへの交換は終了に!!

プリンスポイントを貯める上で有効だったモッピー→ネットマイル(すぐたま)のルートが2018年11月20日をもって終了することがアナウンスされました。

f:id:sinrons:20181101161451p:plain

まだあと少し猶予があるため、交換を考えていた方は急いだほうがいいと思います。

ポイ活は改悪との闘いです

すぐたまからプリンスポイントへの交換には月40000mile(20000プリンスポイント)までという制限があります。これは20口ということになるため、手数料は現金ベースで表現すると5,000円相当となります。心理的な負担が大きいですね。

ソラチカルートに続きプリンスポイントも改悪になってしまうと気分が落ち込んでしまいますが、陸マイラー活動にしろポイ活にしろ改悪との闘いは宿命なので受け入れるしかありません。

今回のネスレも神案件か!? 5,000ポイント+最大20,000円弱の商品ばら撒きを試してみました

この時期のネスレ案件には嫌な思い出がつきまといます。去年のネスカフェアンバサダー案件は32,000円相当のポイントがもらえる大型案件でしたが、ポイントタウンでのポイント付与が難航し、紆余曲折の末、最終的には8か月後に付与されるという長期案件となってしまいました。

しかしながら、最終的には一撃で26,000弱のANAマイルを手にした神案件ではありましたし、ポイントタウン様には大手ポイントサイトらしい対応をしていただいたと考えています。

ポイントサイトのラク楽後払い便案件の条件を確認しておこう!

巨大企業であるネスレの案件は、ポイントサイトで高ポイントであったり、考えられないような商品ばら撒きキャンペーンを敢行するため目が離せません。

今回のラク楽後払い便案件も大型の商品ばら撒きキャンペーンに加えてポイントサイトのポイントまでもらうことができます。

私もポイントサイト経由でチャレンジすることにしました。5,000ポイントは決して大きな案件ではありませんが、最近クレジットカード案件以外でこれといった案件がないため悪くはないと思います。

どのポイントサイトも今のところ、5,000円相当のポイントが最高のようですので、お好みのポイントサイトを選択するとよいと思います。


ポイント付与の条件を見てみると、3回以上の継続利用となっています。ネスレの定期便案件ではお約束と言ってよい条件です。

初めてネスレ通販(ラク楽後払い便)を利用される方のみ対象の条件設定が少し気になりますが、私は以前にネスレ通販の利用があってもラク楽後払い便の利用が初めてなら対象になるという意味だと解釈しました。

なお、今現在ネスレの各種定期便を利用している方は対象外となっていますので気を付けてください。またモッピーでの条件ですので利用する各ポイントサイトの条件をよく確認することをお勧めします。

実際にどんな商品をもらうことができるキャンペーンなの?

ネスレのラク楽後払い便というのは、ネスレ商品の通販サイトの定期購入の一形態です。支払い時期が商品発送日の4カ月後になるということですので、ツケで買う(売り掛け)という感じになると思います。

f:id:sinrons:20181027174320p:plain

f:id:sinrons:20181027174342p:plain

f:id:sinrons:20181027180445p:plain

馴染みのない定期購入商品ということで販促のために大型ばら撒きキャンペーンを併用しているものと思われます。

そのばら撒きキャンペーンが初回注文最大2万円までならほぼ無料となってしまうというものです。厳密に言うと1回目に注文したが2回目には注文しなかったものは無料にしてくれるという話ですので、このキャンペーンをそれなりに楽しむつもりならある程度の出費が必要となります。

ネスレ商品に興味がない方はやめておいた方がいいかもしれません。ポイント稼ぎに徹するという方法もありますけどね。

キャンペーンを最大限に楽しむための費用を計算してみました

今現在ネスレのマシンを何も持っていないという前提での計算となります。

まず今回のキャンペーンで現在注文可能な商品を確認してみましょう。ドルチェグスト対応カプセルとスペシャルT用カプセル、キットカット、コンソメスープとなります。

f:id:sinrons:20181027175923p:plain

f:id:sinrons:20181027175956p:plain

f:id:sinrons:20181027180122p:plain

f:id:sinrons:20181027180216p:plain

f:id:sinrons:20181027180615p:plain

全ての商品を1個ずつ選択すると合計金額は19,694円になります。初回注文はとにかく全てを選択して購入します。初回購入は1商品1個までという制限があります。

初回に購入した商品の内、2回目も継続購入しなかったものが無料になります。2回目の注文をキットカット1個にすれば、それ以外の商品は無料となります。

 

私が購入手続きをしてみると初回注文時の支払い金額は0円になりました。支払い情報の登録も必要ありませんでした。このキャンペーンは必ず2、3回目の購入手続きをしないといけないし、2回目でキットカット1袋にしたとしても265円が1回目の購入分として請求されるはずなので0円はおかしいし、クレジットカード情報の登録も必要になると思うのですが、この辺りは便宜上こう表示されているというだけなのかもしれません。

f:id:sinrons:20181027222352p:plain

マシンをレンタルするかどうかが鍵になります

ネスレのマシンを何も持っていないという前提ですので、キャンペーンを楽しむためにはマシンのレンタルが必要になります。マシンをレンタルしてしまうとレンタル自体は無料なのですが、レンタルを維持するためにマシン用カプセルの購入が必要になります。購入をやめると自費で返送しなければなりません。

2台のマシン用のカプセルを購入するためには最低でも930円+530円が必要になり、更に購入代金が4,000円に満たないため450円の送料も必要となります。

この場合、初回購入分19,694円の内支払わなければならないのは1,460円です。2回目、3回目は1,910円のカプセル購入費用が必要です。

マシンのレンタルを維持しつつ3回のラク楽後払い便をこなすためには、最低5,280円を支払わなければなりません。

また、最終的にマシンを返送して案件をクローズするために、マシン2台の返送料も必要となります。ちなみに愛媛から大阪に返送するためには返送料が1台1,361円かかりました。2台なら2,722円ですね。返送料は返送する人の居住地や時期によって前後すると思いますが。

私が8カ月以上に及ぶこの案件を、マシン2台のレンタルを維持しながら楽しむための費用は約8,000円となる予定です。

もちろんマシンをレンタルしないで、2回目以降の注文はキットカット1袋で済ませるという選択肢もあります。この場合は1,625円の出費で案件をクローズさせることができます。大量の商品は誰かに配るとかオークションで売るという方法もありますから。

私はドルチェグストやスペシャルTといったネスレのマシンが気になるので約8,000円は支払って22,614円相当のネスレ商品を楽しみつつ5,000円相当のモッピーのポイントをもらうことにしました。

マシンレンタルボタンは商品購入完了後に出現します

マシンをレンタルしたい方にとっては不安になる仕様となっています。商品購入が完了して初めてマシンレンタルのボタンが出現します。

f:id:sinrons:20181027190009p:plain

私はドルチェグストとスペシャルTをレンタルすることにしました。今使っているバリスタはしばらくお休みですね。

f:id:sinrons:20181027190031p:plain

ネスレのラク楽後払い便は神案件か?

マシンをレンタルする場合、到着までにある程度は時間がかかるようです。商品購入は4カ月に1度なので、2回目の商品購入までに3か月程度は余裕があると思います。そのため一気にカプセルを消費し、2回目の注文をキットカットにしてマシンを返却するという方法も考えられます。この場合は4,347円程度で案件をクローズすることが可能です。

ポイントサイトのポイント自体は今のところ5,000円相当と物足りないですが、ネスレ商品のばら撒き案件としてはかなりの大型案件だと思います。

ネスレ商品が気になっていた方はチャレンジしてもいいのではないでしょうか。ただ長期案件となってしまうため、取り組んでいる間に他のネスレ大型案件が出現した場合にキャンペーン対象外となってしまうリスクもあるのでその辺りをどう考えるかですね。

ネスレの場合、3回の継続注文が終了すれば、解約は電話であっさりと完了します。しつこい引き留めもなかったので解約については特に心配はないです。