Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

JAL国内線の謎の席、3列シートなのに2人掛け?カップルにお勧めの理由とは?

先日、Aviosを使ってJAL国内線を予約し東京日帰り旅行を楽しんできました。今年のラストフライトになる予定です。

その時に、羽田→松山便(JAL443便)で珍しい席に座ることができたので紹介したいと思います。

JAL443便(ボーイング737-800)の15列目A・Cの謎

私と妻が座席指定したのはJAL443便の15列目A・C席です。エコノミークラスの座席なんですが、座席図では3列シートに見えるのに一番通路側の席が指定できない状態になっています。

f:id:sinrons:20181210173717p:plain

 

実際には一番通路側がどうなっているのか気になりませんか?

 

実は…

 

普通に座席のようになっています。

f:id:sinrons:20181210174711j:plain

でもよく見ると座面に謎の突起物が!!

f:id:sinrons:20181210175000j:plain

こんな席には痛くて座れません。

しかもどう見ても座席なのに「ここは座席ではありません」と書かれています。

 

背もたれにも同じ文字が。どう見ても座席にしか見えないんですけど。

f:id:sinrons:20181210175101j:plain

座れない謎の座席はなぜできた?

このシートはカップルが気持ちよく過ごすために設定されている、わけではありません。

CAさんに尋ねてみると安全管理上の問題なんだそうです。この飛行機の15列目はいわゆるバルクヘッド席でもあります。隔壁が前にあって足もとが広い快適な座席です。

ところが謎の席の前は、クラスJとエコノミークラスの境目であることも影響して通路になっており隔壁がありません。前方に隔壁も座席もない状態というのは安全管理上問題があるのだそうです。

じゃあ、いっそシートを除けたらどうかと言うと、今度はその後方16列目C席の前に何もない状態が生まれます。こうした理由で座れない座席が誕生しているそうです。

f:id:sinrons:20181210175558p:plain

安全管理上の問題で生まれた席ではありますが、バルクヘッド席で足もとが広く隣に誰かがくる可能性もない、カップルには非常に快適な空間となっています。

2人で旅行する際に、もしこんな座席を見つけたら即ゲットですね。

高機能トイレは家電と一緒、その内壊れてしまうという恐ろしい話

私、狭いところがあまり好きじゃないんですよ。まあ、好きな人はそういないのかもしれませんが。ハワイ行きの飛行機の中で改めて感じました。憧れのビジネスクラスに乗っても早く降りたくて仕方がなかったんですね。

暗いよ、狭いよ、恐いよーって叫ぶほどじゃないですけどね。

人間ってほんとにわかり合うためには共通の文化のバックグラウンドが必要だって思うんですね。最近の子って優しいから、おっさんが暗いよ、狭いよ、恐いよーって言っても笑ってくれるんですよ。でも、それって複雑な笑顔なんですね。よくわかんないけど、とりあえず笑っておくかみたいな。

私としては「何すか、それ?」って突っ込んでほしいんですけどね。まあ、そうすると面堂終太郎がどうのこうのっていう話を聞かされて、文字通りめんどうくさいことになるから笑っておくのが正解なのかもしれない。

でも、急に意味のわからんことを言い始めるおっさんとして理解され放置されるより、「知らんすね。」とばっさり切り捨てられた方が私としては気持ちがいいんだけどな。

 

前置きが長くなったけど、狭いところが苦手な私は家を新築する時にトイレだけは2畳のスペースをとったんですよ。大きな家じゃないですよ。大豪邸ならトイレが2畳あろうが10畳あろうがおかしくない。でも、こじんまりとした家なのにトイレだけは2畳(笑)

で、トイレの床は白い大理石。一点豪華主義ってやつですかね。冬は床が冷たいけど私は満足です。人生において大事な指標は不便か便利かなんかじゃないんです。満足できるかどうかなんですよ。他人の目にどう映ろうと決して満足感という指標を無視してはいけない。

私は考えました。このトイレにふさわしい便器は何なのかと。そして辿り着いたのがTOTOのネオレストというタンクレス型のウォシュレットトイレだったんです。あの不細工な水を貯めておくタンクがない上に便器の蓋が自動で開くんですよ。10年以上前の話ですからね。私にとっては衝撃的でした。

これぞ我がトイレにふさわしいと設置して十数年、ウォシュレットのノズル付近から水がポタポタ落ちていることに気が付いたんですよ。経年劣化で故障するのは仕方がないなと業者の人に来てもらいました。

 

「いや~、たぶんウォシュレットのバルブユニットのパッキンが劣化しちゃってるみたいですね。」

 

パッキンか安く済みそうだ、そう私が思ったのがわかったのかどうか、「パッキンって言ってもユニットごとの交換になっちゃうんですよ。」と言葉を重ね、あろうことか「でも生産中止になって6年で部品の供給って終わっちゃうんですよね。だから全部とっかえきゃだめかな~。」と、どんどん雲行きが怪しくなってきます。

 

全部ってどういうことですかと狼狽気味に私が問うと「だから便器ごと全部ですよ。30万くらいかな。このタイプだと。ウォシュレットを含めた便座部分だけの交換もできますよ。20万くらい。でも色も変わっちゃうし、残った部分が故障しないとも限らないから全部とっかえた方がいいですかねえ。ま、ご検討ください。」との返答でした。

 

パッキンが劣化して便器ごと交換ってどういうことなんだと私はパニックになっちゃったんですね。人間、パニックになると何を口走るかわかりません。

私の口をついて出た言葉は「ペイペイで払えませんかね?」で、それに対する答えは「何すか、それ」でした。

【定期】フランスのECサイト「vente-privee」でBAのAvios販売が開始されました 2018年12月

フランスのECサイト「vente-privee」でブリティッシュ・エアウェイズのAviosの販売が開始されました。
ただ、2,000Aviosが25ユーロに値上げされており、スペイン版グルーポンがセールを毎月行っている現状では購入するべきか迷うところです。
2,000Aviosが25ユーロとなると、1Avios単価は1.64円程度と思います。こうなるとスペイン版グルーポンで8000Aviosクーポンを買った方がいいんじゃないかという話なんですよね。最近、システムも安定しつつある気がするし。

【定期】スペイン版グルーポンで2,000Aviosクーポンの販売が開始されました 2018年12月

月初恒例となったスペイン版グルーポンでの2,000Aviosクーポンの販売が開始されました。avios-17に切り替わったので誰でも購入可能だと思います。

恐らく今年最後ですので、狙っていた方はこの機会にどうぞ。

www.sinrons.com

改悪か?ブリティッシュエアウェイズのAviosを使ったJAL国内線の特典航空券が直前発行不可に!?

12月に入って最初の記事がこんな内容というのも寂しい話なんですが、ブリティッシュエアウェイズのAviosを使ったJAL国内線の特典航空券の直前発行ができなくなっているように思います。

きちんとしたソースを見つけることができないため、私の体験の範囲内なんですけど、3日後からしか空席が確認できません。本日12月2日なら12月5日からしか予約できなくなっていると思います。

場合によっては当日のJAL国内線も発行可能というのがAviosの利点でもあったわけですが、使用マイルも少ないため、JALマイルによる特典航空券と比較してバランスが悪いと判断されたのかもしれませんね。

もちろん、一時的なシステムの不具合や私個人の何らかの問題という可能性もありますが、恐らく制度仕様に改編があったものと考えています。

今のところ、必要マイルには変更は加えられていないようです。

ソフトバンク×ヤフーの実店舗決済サービス、PayPay(ペイペイ)が100億円ばら撒きの大型キャンペーンを敢行!!ファミマもヤマダ電機も実質20%オフがすごい!!

ソフトバンクとヤフーがタッグを組んだバーコードやQRコードを利用した実店舗での決済サービスがPayPayです。以前にアプリをダウンロードしただけで500円相当のポイントをもらうことができるという記事を書きました。

正直、ソフトバンクとヤフーという巨大企業連合にしては地味なキャンペーンだと思っていましたが、ここに来て驚くべき大型キャンペーンが発表されました。

プレキャンペーンとして1,500円(ソフトバンク、ワイモバイルユーザーの方は2,000円)がもらえるキャンペーンも実施中ですので、ぜひもらっておきましょう!!

100億円あげちゃうキャンペーンが本気すぎる!!

2018年12月4日から開始される「100億円あげちゃうキャンペーン」は、PayPayでの支払いで20%ポイントバックされるというキャンペーンです。

f:id:sinrons:20181122203645p:plain

2018年12月4日から2019年3月31日までという約4か月という長期間を予定していますが、還元金額100億円に達した段階で終了となる可能性があります。なぜ可能性かと言うと増額も考えているという含みのあるアナウンスがされているからです。

しかも還元の上限金額が月額5万円というのがすごいですね。月に25万円使って5万円ポイントバックされるわけですから。

f:id:sinrons:20181122204152p:plain

キャンペーンは2本立てです

このキャンペーンは更に40分の1という高確率で10万円相当まで全額バックされるというおまけがついてきます。

※Yahoo!プレミアム会員なら20分の1、ソフトバンクスマートログイン設定済みまたはY!mobileサービスの初期設定済みのYahoo!JAPAN ID設定で10分の1という確率にアップすることができます。

f:id:sinrons:20181122212043p:plain

実際に使える店舗は?

そうは言ってもPayPayは使える店舗が少ないんじゃない?

それは確かにそうなんです。今現在は飲食店を中心に下のような店舗でしか使うことができません。

f:id:sinrons:20181122213114p:plain

しかし、既にキャンペーンの開始に合わせて全国のファミリーマートで使用可能になることが発表されていますし、対応の店舗はどんどん増える予定です。個人的にはヤマダ電機や旅行会社のHISの対応状況が気になります。またビックカメラやコジマ、ジョーシンの参加も既に発表されているため目が離せません。

コンビニは利用頻度が多いし、電気製品や旅行商品の20%還元は強烈です。なにしろ定価からの割引じゃないわけですから。

f:id:sinrons:20181122213159p:plain

プレキャンペーンで1,500円をもらいましょう!

これだけの大型キャンペーンを前に実は事前のばら撒きキャンペーンがもう始まっています。

それが以前から行われているアプリ登録で500円もらえるキャンペーンと今回追加された5,000円チャージで1,000円もらえるキャンペーンです。併せて1,500円をもらうことができるのでこれはもらっておいて損のない話です。

詳細は下のリンク先で確認することができます。

paypay.ne.jp

実際にもらってみました

こういったキャンペーンにはどんな落とし穴があるかわからないので、私は基本的には自分で試してからお勧めするというスタイルです。

アプリ登録で500円、5,000円チャージで1,000円が即座に加算されて残高は6,500円になりました。特に問題はないと思います。

ちなみにチャージはアプリのトップ画面で「あなたの残高」のプラスマークをタップすることでできます。

f:id:sinrons:20181122214847p:plain

金額を入力して銀行口座からチャージするだけですが、アプリではヤフーカード(クレジットカード)からのチャージも可能になっています。ヤフーカードのポイントももらえるはずなのでヤフーカードからのチャージがお得だと思います。

一方、銀行口座を選択するとリアルタイムに口座から引き落とされるため、お金の管理が簡単でより現金に近い感覚で使用できるというメリットがあります。

下の画面のクレジットカードという部分をタップすることで銀行口座に切り替えることができます。

f:id:sinrons:20181122214908p:plain

クレジットカードからのチャージは、最近追加された機能なので、クレジットカードが選択できないという人はPayPayアプリの更新を試すとよいと思います。

PayPay残高について

PayPay自体が新しい決済サービスであるため、耳慣れない言葉も出てきます。分かりやすくするため、私もポイントバックという言葉を使ったりしてはいますが、PayPayは現金と同じ価値をもつ電子マネーです。ですから厳密にはポイントでバックされるわけではなく電子マネーとして還元されます。

PayPay残高は、銀行口座やクレジットカードからチャージする「PayPayライト」と特典やキャンペーンで獲得する「PayPayボーナス」の合計金額が表示されています。

今回の私の「あなたの残高」で表示されている6,500円という表示の内訳は5,000円分のPayPayライトと1,500円分のPayPayボーナスの合計金額というわけです。

ライトもボーナスも同じ電子マネーですので、特に2つを区別して使用する必要はありません。

またチャージする毎に2年間有効期限が延びるため、定期的に使用すれば有効期限を意識する必要もないと思われます。

f:id:sinrons:20181122220045p:plain

PayPayを使用する際の注意事項

PayPay残高での支払いは購入金額以上の残高がある場合のみ使用できます。もし、購入金額以上のPayPay残高がない状態で支払いを行うと、まずYahoo!マネーから支払いが行われることになります。もしYahoo!マネーを設定していなかったり、全額支払うだけの金額を持っていなければ、今度はメインのクレジットカードから全額が決済されることになります。

1つの支払いに対してPayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカードを併用することはできないので、全額を支払うことができる支払い方法が優先順位に従って選択されることになるため注意が必要です。

PayPay残高で支払いたい時は、使用する前にPayPay残高を確認して金額が不足していればチャージするようにしてくださいね。

f:id:sinrons:20181122204054p:plain

PayPayの今後

一般的には知名度がまだないPayPayですが、参加店舗は負担なしで始めることができます。

f:id:sinrons:20181122231715p:plain

機器の導入や管理が大変なんじゃと思ってしまいますが、下のように客側がスマートフォンを使って決済することでお店側の初期負担をなくす方法が選択できるんですね。

もちろん、お店側がバーコードリーダーを使って読み取る方法も選択できるんですけど。

f:id:sinrons:20181122232018p:plain

東京オリンピックに向け、キャッシュレス化の流れはどんどん加速するものと思われます。個人商店は手数料の負担が重しとなってクレジットカード決済の導入は難しいです。しかし、PayPayのようなシステムなら個人商店でも導入可能かもしれません。

バーコードやQRコードを使った実店舗決済システムは今後、爆発的に広まる可能性を秘めているんじゃないでしょうか。

ソフトバンク・ヤフー連合軍がこの分野で本気で勝ち組になろうとしていることが、今回のキャンペーンに表れていると思います。

外食モニター対決 ミステリーショッピングリサーチVSちょびリッチモニター

地方在住の私はなかなかいい外食モニターの案件に出会うことができません。自然と足が遠のいていたのですが、案件さえあれば陸マイラー活動の柱にすることもできるのが外食モニターです。

最近はこれといったポイントサイトの案件がなかったので、久しぶりに2つの外食モニター案件に挑戦してみたため感想を書いてみたいと思います。

ミステリーショッピングリサーチ

ミステリーショッピングリサーチというモニター案件特化型サイトがあります。私はモニター特化型サイトがあまり好みではないので未登録でした。このサイトのことを思い出すきっかけになったのは、マイルを利用してファーストクラスやビジネスクラスの長距離便で飛び回る筋金入りの陸マイラー、ルカさんの記事でした。

www.lucamileagelife.net

私は記事を読んでから期間を開けて登録したため、紹介キャンペーンを見つけることができず終了したものと思い紹介してもらうことはなかったんですが、11月末までは紹介キャンペーンが継続中みたいなので紹介してもらった方が絶対にお得です。

私は最初の申し込みで抽選に漏れてしまいました。

ミステリーショッピングリサーチの短所

とにかく調査項目が多く、レポートも時間がかかります。案件に申し込んでもすぐに当落がわからないし、日時が指定されるのが厳しいですね。調査前の指定行動も多いし。

ミステリーショッピングリサーチの長所

地方でも案件が多いと思います。そして定期的に案件が入れ替わり、比較的高額な案件も見つけやすいです。陸マイラー活動の柱とするのなら非常に重要なポイントだと思います。

ポイントサイトの外食モニター案件は地方では固定された店舗になりがちなんですよね。いつ見ても同じ店舗しかないから自然と案件から足が遠のいてしまいます。

また、モニター特化型だけあって、真摯に対象店舗の改善に努めようという意欲が伝わってきます。やりがいを求める人に向いていると思います。

ちょびリッチモニター

陸マイラー活動では定番のポイントサイト「ちょびリッチ」の中にあるモニター案件です。店舗でのモニターはリアルモニターという項目の中にあります。

ちょびリッチモニターの短所

地方での案件の少なさです。最大にして致命的な短所です。住んでいる場所によっては収益の柱とするのは困難だと思います。

また、長所にもなり得ますが、アンケートも大雑把で、本当にお店の役に立っているのか疑わしいところもあります。

ちょびリッチモニターの長所

全体的に大雑把です。モニターとはなっていますが、店舗の販促キャンペーンも兼ねているんだろうと思います。アンケートも多少項目が多くてもほとんど選択式で慣れればあっという間に回答可能です。

ポイントの付与も早いです。今回もアンケートに回答した翌日に付与されました。

短期間に両方を体験した感想

今回、双方の外食モニターを短期間で体験する機会がありました。外食モニターとしての完成度は明らかにミステリーショッピングリサーチに軍配が上がります。ただその分きめ細かい調査内容が要求され、お手軽に取り組むという感じではありません。まさに仕事として取り組むという印象です。レポートにも時間がかかりました。満点の評価がいただけたのは学生時代に戻ったようで嬉しかったですけど。

一方、ちょびリッチモニターはお手軽です。当落もすぐにわかるし当選しても数日間内に来店すればよく、仮に行かなかったとしても目に見える形でのペナルティはありません。ひょっとすると、その後の当落に影響するのかもしれませんが。店舗の販促キャンペーンにアンケートが付いた感じです。

仮に同じ店舗で同じくらいのポイントで双方のサイトに案件があったとしたら、私は迷わずちょびリッチモニターを選択します。何と言っても楽ですから。

でも現実にはちょびリッチモニターは、地方では同じ店舗が掲載され続けていることが多く陸マイラー活動の柱にはできないんですよね。それも100%還元なら我慢しますが、愛媛だと25~35%還元から始まってよくて70%還元なんですよ。たまに近くの県で100%還元を見つけたら口コミで酷評されてて、行く気が起こらなかったりとか。

多少面倒でも、飲食モニターで継続して案件をこなしたいならミステリーショッピングリサーチという選択肢は無視できないと思いました。