Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

2018年7月にレオパレス21の株主優待券を使ってレオパレスリゾートグアムに無料宿泊してきました

2018年7月16日~19日までの間、レオパレス21の株主優待券を使ってレオパレスリゾートグアムに無料宿泊してきました。7月16日の午後9時5分成田空港発のユナイテッド航空874便を利用し、グアム国際空港に7月17日午前1時55分(現地時間)に到着する日程です。日本とグアムの時差は1時間で、グアムの方が日本より1時間進んでいます。ほぼ同時刻帯なので時差ボケの心配がないのがいいですね。

到着は7月17日ですが、深夜にホテルに到着してすぐチェックインするために出発日の7月16日からの宿泊予約が必要でした。深夜便を利用する方はこの点に注意してください。

グアム国際空港到着からホテルチェックインまでの流れと時間経過

7月16日午後9時5分発のユナイテッド874便は定刻に成田空港を飛び立ちました。以後の時間経過はグアム現地時間で記載します。

約3時間半(実際に飛行している時間は3時間程度)のフライトを終え7月17日午前1時26分にグアム国際空港に着陸しました。ESTAレーンを使って入国審査を終え、預けていたスーツケースを受け取って到着ロビーに出た時間が午前2時1分でした。飛行機のタイヤが滑走路に触れた瞬間からわずか35分ですからかなり早いです。駐機場まで飛行機が移動してボーディングブリッジが接続され降機し、入国審査場まで移動して入国審査を受けてターンテーブルの所に行きスーツケース2個が出てくるのを待って引き取り到着ロビーに出るまでが35分ですから。グアムへの入国はかなり混むイメージだったので意外でした。

2018年7月現在、グアム旅行にESTA申請は必要ありません。必要ありませんがESTAレーンが開いていれば、ESTA申請者はかなり時間の節約になると感じました。ESTA申請者のための自動入国審査端末が8台くらい設置されていました。パスポートの写真があるページを端末で読み取り、確か右手の親指以外の4本の指紋を読み取らせ、眼鏡を外した状態で写真を1枚撮影すれば端末から紙が出てきます。その紙を持って入国審査官の所に行って「入国の目的、滞在日数、宿泊ホテル名」程度の簡単な質問に答えたら終了です。ESTA申請者が少ない感じだったので一連の手続きが早かったです。端末の所には係員がいて操作方法がわからなければ教えてくれたり代わりに操作してくれます。ESTA申請者に対する入国審査官の質問はかなり形式的なものと感じました。英語がわからなかったとしても「サイトシーイング、スリーデイズ、レオパレレスリゾート」みたいな感じで繰り返せば審査は終了すると思います。グアムは日本人慣れしてますから。

※自動入国審査端末を使用できるのは今のところ2008年以降にESTAを申請して渡米経験(ハワイ等含む)のある人のようです。

到着ロビーに出たら正面にウエルカムセンターというものがあり、その横に「LAM LAMツアーズ」のカウンターがあります。そのカウンターで空港からレオパレスリゾートへの送迎バスの受付をしています。私の場合は近付いていったら「〇〇?」と名前を呼ばれイエスと答えたら、ベンチに座って待っててと言われました。

その便に乗っていたレオパレスリゾート送迎バス利用者が揃った時点で、係員がバスに案内してくれます。全員がバスに乗って出発したのが午前2時7分で、到着ロビーに出てから6分後のことです。

f:id:sinrons:20180720165609j:plain

レオパレスリゾートグアムは市街地から離れた山の中にあります。しかし、深夜で道も混んでいなかったのでホテルに到着したのは28分後の午後2時35分でした。

ホテルの入口にバスが止まれば、それぞれのスーツケースを受け取ってロビーに入ります。ロビーに入ったらすぐに右側奥のフロントに進みチェックインをしてください。深夜だとスタッフは1人で先着順にチェックインの手続きが行われます。宿泊者カードを書かされるのでけっこう時間がかかります。なるべく早くフロントに行った方が時間の節約になります。チェックインに必要なものは宿泊代表者のパスポートと宿泊日数分の株主優待券とデポジット用のクレジットカードです。株主優待券を使えば宿泊料は無料なんですが、デポジット用にクレジットカードのコピーはとられます。コピーをとられても基本的に料金が請求されることはありません。

チェックインの手続きの時に帰りの空港までの送迎バスの集合時刻、出発時刻などを記載した紙をくれます。日本語で書かれているので安心です。

チェックインの手続きを終えてロビーに戻ればスタッフが車に乗るように促してくれます。この日空港からの送迎バスに乗ったのは私達を含めて4組でしたが車でクエスト棟に移動したのは私達だけでした。株主優待券利用者は私達1組のみということなのでしょう。

こうしてホテルの部屋に入ったのは午前2時52分でした。着陸の瞬間から1時間26分後のことです。クエストタワーの横にはレオマートというコンビニ的なお店がありますが、到着した深夜時間には閉まっているので大人しく寝るしかありません。冷蔵庫に宿泊者1人につきミネラルウォーター1本がサービスで用意されていました。

株主優待券で利用できる部屋は?ホテル敷地内の様子は?

株主優待券で宿泊できるクエストタワーの外観です。エメラルドグリーンの部分が入口で入ってすぐのところにエレベーターがあります。

f:id:sinrons:20180720144758j:plain

部屋はB210号でした。2人なら十分な広さです。空気清浄機が作動していました。

f:id:sinrons:20180720145521j:plain

入口側はこんな感じです。入口のところにクローゼットがあり、衣服やスーツケース2個が余裕で収納できました。

f:id:sinrons:20180720145732j:plain

トイレはシャワートイレでした。一度に流れる水は6リッターに規制されているそうで、トイレットペーパーを大量に流したりすると詰まりの原因になります。床には髪の毛が落ちていたり、部分的に埃があったりと清掃は不十分な感じです。またややかび臭い匂いがします。

f:id:sinrons:20180720145946j:plain

バスルームは洗い場付きです。広さは十分ですが、お湯の温度が安定せず長い間出していると水のようになったりしていました。シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーがありますが押しても少量しか出ず設置位置も微妙なので使い勝手が悪いです。コンディショナーが出ないので訴えてみましたが説明が悪かったのか最後まで改善されませんでした。こちらもややかび臭い匂いがします。

f:id:sinrons:20180720150623j:plain

ドライヤーはコンセント部分にオンオフのスイッチがあるタイプでした。

f:id:sinrons:20180720151341j:plain

歯ブラシセットがあるのはいいですね。歯磨き粉はサンスターで特に変な味はしませんでした。歯ブラシの使い勝手も悪くないと思います。

f:id:sinrons:20180720151407j:plain

キッチンは一度も使いませんでした。以前は常備されていたという食器類はなく、10ドルで一式が貸し出されるシステムになっています。

f:id:sinrons:20180720151629j:plain

電子レンジと冷蔵庫もあります。

f:id:sinrons:20180720151854j:plain

テレビはNHKが映りました。右端に見えるドアはコネクティングルーム用のドアです。

f:id:sinrons:20180720152032j:plain

f:id:sinrons:20180720152216j:plain

部屋の広さは十分です。よく言われるかび臭さはリビングでは感じませんでした。トイレやバスルームはややかび臭い、古い倉庫のような匂いがしますが我慢できないレベルではありません。

ラナイがあるんですが、ゴキブリの死骸が転がっていました。リクエストしたら処分はしてくれましたけど。滞在中にリビングにゴキブリの幼生のような虫の死骸があったことが一度ありました。アリやトカゲが部屋にいたことはありませんでした。

施設全体が古いため、リノベーションはされていますがかび臭い匂いがする可能性はあります。南国なので虫も出るかもしれません。どうしても苦手な方は高層階をリクエストしたら虫が出る確率は減るかもしれません。

清掃に関しては日本の一定レベルのホテルに比べると甘いです。レオパレスリゾートだけでなく海外のホテルはそういうことが多いと思います。

宿泊すれば、写真には写らない部分でいろいろ気になる部分はあると思います。スタッフの対応も個人差はあります。夜のスタッフはテンションが低い人もいますし。

総評するなら「まあ無料だからね。」で解決する程度の不満でした。私の場合は株主でもありませんし。海外旅行を楽しむコツはあまり細かいことに目を向けないことだと思います。

 

敷地内はこんな感じで南国ムードが楽しめます。

f:id:sinrons:20180720152340j:plain

一番大きいプールはフロントのあるホテル棟のプールで、ウォータースライダーもあります。大人が滑ってもそこそこ楽しいです。人が少なかったので私も妻と滑って遊んでました。

プールに至る通路のドアで一か所、部屋のカードキーを使わないと開かないドアがあります。

南国のこれだけ大きいプールですから小さな虫はけっこう浮いてます。気になる人はクエストタワーの横にある小さめのプールの方がきれいだそうです。私は行ってませんが。プールには係員がいてバスタオルはそこで借りることができます。

プールで遊んだ後は水が滴らない程度に体をふいて、何かを羽織るか上にアンダーアーマー的なものを着ているのならそのまま歩いてクエストタワーまで帰れば大丈夫です。f:id:sinrons:20180720155214j:plain

レンタカーはあった方がいい?

結論から書くとレンタカーはあった方が便利だし、体力の消耗をかなり防ぐことができます。レオパレスリゾートは市街地から離れているので、どこに行くにも車が必要なんですよ。

日本である程度運転経験があれば、グアムでも運転は大丈夫だと思います。日本の運転免許証で運転できるのが便利です。

スマイルレンタカーは実際に利用してもよかったですね。車もニッサン車で運転し易かったし。けっこう小さな傷もあって、一緒に点検するんですけどチェックして書き込む図を見ても傷が多すぎて何が何やらよくわからなくなってました。多少傷が増えたとしてもたぶんわからないです。

返却もホテルの駐車場にキーをダッシュボードのボックスに入れてドアをロックして駐車しておけばいいというシステムなので、傷が増えていたとしてもどう処理するのかよくわかりません。とてもアバウトな感じが南国らしくて気が楽でした。

グアムの雨季の天候について

グアムでは7月は雨季になるんですけど、滞在中は到着した時に雨が降っていただけで、後は曇りか晴れていました。雨季でも雨が一日中降り続けるなんてことはまずないと思います。天候が悪かったとしても、曇り→雨→晴れ間が出るの繰り返し程度ではないでしょうか。グアムでもハワイでも雨季に一日中雨が降ってたなんていう記憶がないので。

暑いですけど正直日本の夏の方が暑くて湿度も高い感じです。場所にもよると思いますが、少なくとも愛媛と比べてグアムの方が暑いとは思いませんでした。