Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

24時間営業のファミレス、グアムのキングスレストランのパンケーキは凶暴でした

2018年7月のグアム旅行で食べたかったものの一つが、キングスレストランのパンケーキです。キングスレストランは地元民に愛される24時間営業のファミレスだそうで観光客の姿は少ないそうです。私の場合は観光客と地元民の見分けがつきませんでしたけど。

グアムには2店舗あるそうですが、利用しやすいグアムプレミアアウトレット店に行ってみました。プレミアアウトレットの建物と同じ敷地内にありますが、独立した店舗になっています。

f:id:sinrons:20180728174715j:plain

午前11時30分ころに到着しました。店内が暗い感じだったので「えっ!今日は休み?」と思ってしまいました。

実際は普通に営業していました。店内はちょっと暗めで落ち着いた感じです。

f:id:sinrons:20180728175014j:plain

窓の外の光景は少し海外っぽくもあり沖縄っぽくもあり、まったりとしていい感じです。

f:id:sinrons:20180728175156j:plain

英語メニューしかないと事前情報を得ていたので日本語メニューについては尋ねてみませんでした。値段が違う(少しお値段高めの)日本語メニューがあるという噂もありますが真偽のほどはわかりません。

ファミレスなので写真も多いし、パンケーキのメニューなんて難しいものじゃありませんから指差しで注文しても全く問題ないです。パンケーキの写真が美味しそうです。ファミレスにありがちな詐欺写真じゃなければいいけどと思いながら注文しました。

f:id:sinrons:20180728175724j:plain

私の頼んだマカダミアナッツパンケーキです。写真を上回るボリュームでやってきました。シロップ的なものが2カップとマーガリン1カップが豪快に添えられています。2カップあるのでシロップの味が違うのかと思って店員さんに訊いたら笑顔で「シロップ&シロップ」と言われました。食べてみても同じシロップでした。

f:id:sinrons:20180728180204j:plain

妻の頼んだブルーベリーパンケーキです。上から撮ってるのでそう見えませんが、こちらも3枚重ねのなかなかに凶暴な一品です。添えられているシロップ&シロップやマーガリンは必要なのかと疑いたくなります。ただマカダミアナッツよりパンケーキが薄いので量を食べれない方はこちらの方がいいかと。

f:id:sinrons:20180728180653j:plain

妻はホットチョコレート、私はコーヒーです。私もお酒がほとんど飲めない分、甘いものが大好きなんですけど、ここのパンケーキにホットチョコレートの組み合わせは無理です。

f:id:sinrons:20180728181216j:plain

プールで泳いだ後だったので、これ位なら楽勝と思って挑みましたが少し残してしまいました。美味しいんですけど、この量はちょっと凶暴です。妻は完食したのに屈辱的敗北を喫してしまいました。

自信のある方以外はシェアした方が無難だと思います。甘くないものをもう一品頼んで両方をシェアするのもいいかもしれません。

パンケーキはフルーツ系の方がたぶん食べやすいです。マカダミアナッツパンケーキはこの量だと味に飽きてくるんですよ。半分量なら美味しくいただけたと思いますけど。

今回頼んだパンケーキは両方とも10.2ドル(当時のレートで約1,173円)でした。物価の高いグアムではとてもコスパがいいと思います。スイーツ好きの方にはぜひ訪れていただきたいお店だし、チャモロ料理も美味しいそうですよ。

最後にチップなんですが、私は結局払いませんでした。レシートがどこかにいってしまって確認できないんですけど、サービスチャージは請求金額に入ってなかったように思います。でも担当の店員さんがつくという感じでもないし、特別なサービスがあったわけでもないからいいかと。キングスみたいなファミレスではチップは不要という話やロコはテーブルにチップを置いて帰るという話なんかを目にしましたが、私がいる間はテーブルにチップを置いて帰った人はいませんでした。

支払いの時に別に嫌な顔もされなかったので、チップはなくてもいいんじゃないかと思います。習慣がないのでチップの感覚ってわからないですけど、グアムってサービスチャージとして請求金額に入っていることも多いし、フードコートは不要だしで、私が今回のグアム旅行で意識して払ったチップはホテルのベッドメイクの枕銭だけです。