Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ANA国内線に安く乗る方法、ANA Discover JAPAN Fareって何?

普段、国内線の飛行機に乗る時はANAの特典航空券やブリティッシュエアウェイズのAviosを使ったJAL特典航空券を利用することが多いんですが、マイレージは常に改悪との闘いなのでそれ以外の選択肢についても研究しています。

今回は訪日観光客向けのANAのキャンペーン「ANA Discover JAPAN Fare」について研究してみました。

ANA Discover JAPAN Fareって?

訪日観光客向けのキャンペーンで、ANAの国内線にお得な運賃で乗ることができるというものです。条件が緩く今のところ、日本人でも利用することができます

対象路線はANAの国内全路線に及びますが、設定期間は2019年10月26日までとなっています。

f:id:sinrons:20181005124906p:plain

出発30日前まで購入できる「Super Value」と出発7日前まで購入できる「Value」の2つの運賃が設定されていますが、当然「Super Value」の方がお得です。

f:id:sinrons:20181005124925p:plain

もちろん、料金が安い分リスクは大きくなり、購入後の変更ができないとか「Super Value」は払い戻しができないなどの欠点があります。またスキップサービスが利用できないので、搭乗当日に空港で手続きをする必要があります。

f:id:sinrons:20181005124939p:plain

被災地復興支援キャンペーンと組み合わせて更にお得に!

ANAは北海道地震や西日本豪雨の被災地復興支援キャンペーンを行っていますが、このキャンペーンによりANA Discover JAPAN Fareも更にお得な運賃設定になっています。いずれも今月27日発券分までの時限措置ですけど。

※予定ですので延長となる可能性もあります。

f:id:sinrons:20181005130442p:plain

f:id:sinrons:20181005130504p:plain

特に東京、大阪、名古屋から北海道へはかなりお得な水準になっています。

実際の発券方法は?

ANA Discover JAPAN Fareは日本以外のANAウェブサイトで購入可能です。いつものANAのウェブサイトにアクセスして国選択ボタンで切り替えるだけととても簡単に購入手続きを行うことができます。

f:id:sinrons:20181005130934p:plain

どの国でもよいと思いますが、馴染みのよい「アメリカ」を選択してみました。言語は日本語のままにしておきます。

f:id:sinrons:20181005130958p:plain

さすがはANAのサイトです。国をアメリカに切り替えても全く違和感がありません。通常通り航空券を検索します。今回は11月13日の松山→羽田便にしてみました。

f:id:sinrons:20181005131019p:plain

アメリカのウェブサイトなので、運賃はドルで請求されます。松山→羽田の片道運賃が72.75ドルでした。

f:id:sinrons:20181005131046p:plain

「Super Value」のお得さが際立っています。

f:id:sinrons:20181005131119p:plain

税金等を含めての請求が72.75ドルです。現在レートでクレジットカードの手数料を加味すると8,500円程度でしょうか。

f:id:sinrons:20181005131138p:plain

かなり安い水準と思いますが、念のため日本版ANAウェブサイトでも検索してみます。同一日同一路線の最安値は14,490円でした。

f:id:sinrons:20181005132816p:plain

ちなみに羽田→新千歳は52.44ドルでした。クレジットカードの手数料を加味しても現レートなら6,160円程度と破格の水準だと思います。

f:id:sinrons:20181005133050p:plain

ANA Discover JAPAN Fareの「Super value」は変更できない、払い戻しができない、出発30日前までに予約しないといけないなど制約が多いチケットですが、路線によってはとてもお得に飛行機に乗ることができます。

必ずしも最安値になるとは限らないため、日本版ANAサイトとの価格比較も必須ですが、特典航空券の空きがない時や手持ちマイルがない時などのために頭の片隅に入れておいて損はない知識だと思います。