Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

Uberで東京デートを楽しもう!!特別な瞬間を演出するための費用を大公開!!

海外でUberを利用していた人にとっては、東京のUberは違和感を感じるかもしれません。Uberと言えば、一般人による格安タクシーという印象でしょうから。

東京でのUberは法律の壁を破ることができず、ハイヤーの配車アプリという感じになっています。呼ぶとやってくる車は、黒塗りの高級バン、クラウンロイヤル、メルセデスベンツなどです。

そのため、タクシーと比べると決して安い料金ではありませんが、その代わりにラグジュアリーな特別感があります。私はごく普通のサラリーマンですが、ブリティッシュエアウェイズのマイル(Avios)を使って愛媛から東京に飛行機で飛び、プリンスクラブのポイントを使ってプリンス系のホテルに宿泊して妻とのデートを楽しんでいます。

節約できた分でちょっとお洒落なレストランに行ったり、地下鉄やJRの代わりにUberを使ってみたりしているのですが、妻にも好評です。いつもより少し贅沢な体験、非日常的な雰囲気は刺激的です。特別な瞬間を演出する小道具としてUberを利用してみませんか?

私のUberの利用方法(2019年2月に実行)

ケース1 品川駅からザ・プリンスパークタワー東京

羽田空港から品川駅までは京急空港線を利用しました。羽田空港国内線ターミナルが始発駅ですからよほど運が悪くない限り座ることができます。快特列車を利用すれば品川駅までは15~17分(大人410円)です。羽田空港からホテルにUberで行くことも可能ですが、高くなるのでそれはやめました。

歩いてホテルに入るより、黒塗りの車(Uber)で乗りつけドアを開けてもらった方が非日常間を演出できます。品川駅までの移動は苦痛にならないのですが、そこから重い荷物を持って地下鉄や山手線に乗るのは大変です。

f:id:sinrons:20190305213443j:plain

東京タワーをバックに建つザ・プリンス パークタワー東京のエントランスに黒塗りのトヨタアルファードが滑り込めば、今から特別な時間が始まるという期待が高まります。

f:id:sinrons:20190305214033p:plain

この演出に必要な費用は1,954円でした。

ケース2 ザ・プリンス パークタワー東京から銀座シックス

ホテルからUberを利用するのは、Uberを初めて使用する時にも悪くありません。乗車場所がホテルエントランスとわかりやすいし、Uber車両の位置がリアルタイムにマップで表示されているので、到着直前までロビーでゆったりと待っていればいいからです。

この時もトヨタアルファードでした。ずっと行きたいと思っていた銀座シックスを訪れてみました。土曜日で歩行者天国になっていたため、銀座シックスの裏側につけてくれました。

f:id:sinrons:20190305214647j:plain

さすがに銀座のショッピングモールです。高級感の漂う空間となっていました。

f:id:sinrons:20190305214944j:plain

銀座シックスのカフェでワッフルをいただきました。

f:id:sinrons:20190305215044j:plain

妻と銀座を散策します。歩行者天国だとまた違った雰囲気の銀座が楽しめますね。Uberを使って移動しているので足の疲れもありません。

f:id:sinrons:20190305215131j:plain

f:id:sinrons:20190305215400p:plain

この演出に必要な費用は2,585円でした。

ケース3 銀座からザ・プリンス パークタワー東京

銀座の歩行者天国を端から端まで歩き満足したのでホテルに帰ることにしました。旅行で険悪な雰囲気になるのは疲れたり道に迷ったりした時が多くないですか?

知らない場所で道に迷わないためには、もと来たルートを引き返すのが一番ですが、同じ場所を戻るのは苦痛ですし体力も消耗します。地下鉄の駅を探して首尾よく辿り着いたとしても、思いもかけず地下を歩かされたり階段を上り下りすることになるかもしれません。

Uberは歩くのに飽きたらそこに呼べばいいので気が楽です。ルートの下調べも不要ですね。気が向いた時に気が向いた場所に、旅の選択肢が広がります。

f:id:sinrons:20190305222252p:plain

この体力の節約に必要な費用は1597円でした。

ケース4 ザ・プリンスパークタワー東京からメルセデスミー

この日はディナーの予約を入れていました。六本木のメルセデスミーアップステアーズです。メルセデスミー東京はメルセデスの新しい形のブランド情報発信拠点で、カフェやレストランをメインにしています。「車を売らないショールーム」がコンセプトで希望すればベンツの試乗もできますがセールスはしないそうです。

堅苦しすぎず、カジュアルになり過ぎず、カクテルなんかを飲みながら料理を楽しみたいと思い、口コミを参考にチョイスしました。結果は大当たりだったですね。落ち着いた客層で、席と席の間に余裕があり心地よい雰囲気でした。静かになり過ぎず、うるさくなくバランスのよさを感じる空間で、真っ赤なメルセデスベンツが店内にディスプレイされていて非日常間を味わうことができます。

アップステアーズの店名通りこのお洒落な建物の2階にあります。

f:id:sinrons:20190305223814j:plain

意外とリーズナブルなお値段で味も悪くありません。一休レストランを通すとお得なプランがあります。一休レストランはポイントサイト経由で利用しましょう。更にお得になりますから。

f:id:sinrons:20190305223924j:plain

こんな時に便利なのが「ぽい得サーチ」です。ポイントサイトの案件をリアルタイムに横断検索できます。

 

ぽい得サーチ/おすすめのポイントサイト比較、検索

 

私は案件検索には、こちらのサイト様しか使っていません。一休レストランなどになると利用金額の数%のポイントになると思うので、一番高いところよりも多少低くても自分がよく使うポイントサイトを通してまとめた方が最終的にはマイルなどに交換しやすいと思います。あまり使わないポイントサイトを使うと、ポイントサイトによっては数ヶ月でポイントが失効してしまうので要注意です。

f:id:sinrons:20190305225233p:plain

この時は出来過ぎとも思える演出となりました。ホテルに来たUberの車はメルセデスベンツのSクラスだったんですね。メルセデスミーに行く時に偶然にもベンツになるとは驚きでした。

この驚きの演出に必要だった費用は1,791円でした。

ケース5 六本木からザ・プリンスパークタワー東京

メルセデスミーを出た後、どちらともなく「少し歩いてみようか。」となりました。でも、暖冬とは言えやっぱり2月の夜は寒かったんですね。「寒い、寒い!Uberを呼ぼう!」とアルコールも入っていたのでテンション高めでUberに来てもらいました。寒い時はコンビニなんかに飛び込んでUberです。リアルタイムに位置が把握できるので、直前に外に出ればいいし乗車拒否をされることもないですしね。

f:id:sinrons:20190305231153p:plain

ハプニングも楽しい思い出に変えることができたのはUberの力が大きいです。ホテルまでは1,746円でした。

ケース6 ザ・プリンスパークタワー東京から渋谷駅

渋谷は東京を強く感じるエネルギッシュな街です。妻が好きなお店も多いので、オープンの時間に合わせて11時過ぎに訪れました。ゆっくりめに起きてホテル周りを散策し、モーニングを楽しんでから行くとちょうどいい時間でした。

f:id:sinrons:20190305230056j:plain

この混沌とした力強さは渋谷ならではですね。今もスクラップ&ビルドが繰り返されている「ザ・東京」といった雰囲気です。歩いて楽しく刺激的で、お店とお店が離れすぎていないのでショッピングにはいい場所です。

f:id:sinrons:20190305230607p:plain

渋谷駅のハチ公口前にトヨタアルファードで乗りつけるのにかかった費用は2,682円でした。

ケース7 渋谷からザ・プリンスパークタワー東京

最後は港区のホテルから羽田空港にUberで移動しようと画策していました。港区から羽田空港へは定額6,100円で移動できるからです。そのため、ホテルに荷物も預けたままでした。

f:id:sinrons:20190305232403p:plain

これはあまりお勧めできるような使い方じゃないですけど、渋谷からホテルに戻るのにかかった費用は3,280円でした。

私はちょっと事情があってホテルに戻ったんですが、Uberは渋谷から羽田空港へは7,900円の定額なので、通常は渋谷から直接羽田空港に行く方がいいです。

ケース8 ザ・プリンスパークタワー東京から羽田空港

東京デートのラストを飾るのは港区のザ・プリンスパークタワー東京から羽田空港への移動です。定額とは言え6,100円は決して安いとは思えません。思えませんが、これは想像以上に楽だったですね。

ホテルを出てわずか17分後に羽田空港に到着しました。トヨタマジェスタのドアを開けてもらい荷物を下ろしてもらうと気分はVIPです。

f:id:sinrons:20190305232731p:plain

まとめ

今回は1泊2日で8回のUberの利用でした。まとめると下のようになります。

f:id:sinrons:20190305233341p:plain

基本的にUberはタクシーよりも高くつきます。私もいつもこんな贅沢な方法を選択しているわけではありません。今回はちょっとした記念日のお祝いだったんですね。

Uberは距離と時間と需給で料金が変動するため、必ずしも同じ料金になるとは限りませんが参考になれば幸いです。

デートでの特別な演出として、小さな子供さんやご高齢の方と一緒の旅行で、Uberは最後の切り札としても頼もしい存在です。

 

少しだけ(2019年2月現在は2,000円)お得に利用する方法もあるので、ぜひ試してみて下さいね。下の記事で紹介した方法です。

www.sinrons.com