Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

Amazon prime(アマゾンプライム)が値上げ!!ついにAmazonのゴールドカードに切り替える時が来たのか?

Amazonのクラシックカード+プライム会員という現状

私はアマゾンプライムの会員で、今はAmazon Mastercardクラシックを発行しています。クラシックカードは初年度年会費が無料で、入会月から起算して12か月後の月末までに1度でもカードを使用すれば翌年度も年会費が無料になります。

通常年会費は1,350円に設定されてはいるものの、実質的には年会費無料のクレジットカードと言ってもよいかもしれません。

Amazonのゴールドカード発行を考えたこともあります

一方でAmazon Mastercardゴールドという年会費10,800円(税込み)のクレジットカードがあります。年会費1万円以上のゴールドカードとしては、特典が貧弱なのですが、ただ一つアマゾンプライムの特典が使い放題という魅力があります。

また、このゴールドカードの年会費には割引制度があって「マイ・ペイすリボ」を設定し年に1回以上カードを使用することで年会費が半額の5,400円(税込み)になります。そして更に「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録し、1年間に6回以上カードを使用することで1,080円の割引を受けることができるのです。

つまり、最大で6,480円の割引を受けることができ、年会費は4,320円にまで圧縮可能となります。

そうすると今までアマゾンプライム会員の年会費は3,900円でしたから、420円多く払ってもゴールドカードを発行した方が結局、得なのではないかという考えになるのです。それは、貧弱なゴールドカードの特典にはあまり興味がありませんが、AmazonゴールドカードはAmazonでの商品購入で2.5%ものポイント還元があるからです。

今までゴールドカードを発行しなかった理由

通常、AmazonのクラシックカードはAmazonでの商品購入で1.5%のポイント還元があります。また、プライム有料会員ならクラシックカードでもAmazonでの商品購入で2%のポイント還元となります。

するとゴールドカードとのポイント還元の差は0.5%です。0.5%多くポイント還元を受けながら420円以上の得をしようと思えばその損益の分岐点は84,000円ということになります。Amazonでの年間購入費が84,000円を大きく超えるようなヘビーユーザーはAmazonのゴールドカードを発行してプライム特典を使った方がメリットがあると言えます。貧弱とは言え、ゴールドカードとしての特典も付随するからです。

私はAmazonでは日用品を購入することが多く、回数はそれなりですが金額的にはたいした金額を使っていません。年間84,000円には遠く及ばないし、プライム会員特典以外のゴールドカード特典には興味が湧かなかったのでゴールドカードの発行には至りませんでした。

Amazonゴールドカードの発行を検討中

Amazonからついにプライム会員の年会費を値上げすることがアナウンスされました。しかも3,900円から一気に1,000円の値上げで4,900円になったのです。

今のところゴールドカードの年会費を上げるというアナウンスはないため、ゴールドカードを発行して年会費を4,320円に圧縮できればそちらの方がはるかに得になるという奇妙とも言える状態になっています。

実際には「カードご利用代金WEB明細書サービス」登録の割引には年6回の利用が条件なので初年度は割引適用がないようですが。

同じように「マイ・ペイすリボ」設定の半額割引も公式サイトには「2年目以降」と明記されているにもかかわらず、発行と同時の設定で初年度から割引になったという報告がネット上では数多く見られるため不透明な部分ではあります。

「マイ・ペイすリボ」設定は曲者で、この設定の失敗で普通に10,800円の年会費の請求が来たという話もそこそこ見掛けるため注意が必要です。

リボルビング払いは恐いというイメージの人もいるかと思いますが、Amazonのゴールドカードはリボルビング払いの設定金額をカードの利用可能額まで上げることができるようなので、「マイ・ペイすリボ」を設定したとしても実質的には1回払いのクレジットカードとして使用できるはずです。

ゴールドカードの切り替えを考える前に

Amazonのアカウントサービス→プライム会員情報の設定・変更と進み「会員情報」の「次のお支払い」という項目を確認しましょう。

私の場合は「2019年5月9日に3,900円で課金され、2020年5月9日に翌年分の会費が4,900円で課金されます。」と書かれていました。

既存会員に対する今回の値上げの適用は5月17日以降の年会費の更新からということで、私の場合は1年の猶予があり、さほど急いで切り替えを考えなくてもいいということでしょう。

そして会員情報と同じページには「会員資格を終了する(特典を終了)」というボタンも設置されています。このボタンを押すとプライム会員に登録してからどの程度配送料が節約できたかという情報を見ることができます。

「こんなにメリットがあるけど本当に解約していいですか?」という画面に移行するだけなので、一度押してみてどれくらい配送料が節約できていたのかを確認してみるのもいいと思います。

私の場合は幸運にも1年間の猶予があるため、情報が出揃ってからカードの切り替えなどを検討しようと思っていますが、現時点の情報では切り替えることになるだろうと考えています。