Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ANAの特典航空券を使って2019年9月のグアム旅行を計画してみました

今年は7、8月と仕事が忙しく長期の休みは無理そうなので、9月に旅行を計画してみました。私の場合、長期の休みと言っても最大4泊5日程度の日程しかとれないので、旅行先は限られてきます。

前後の仕事の段取りなどを考えるとできれば3泊4日の旅程を組みたい、ビーチリゾートに行きたい、9月は雨季のところも多いからなるべく雨が降らないところがいいと考えていくと、やっぱりグアムかなという結論になりました。

ANA特典航空券で行くグアムの魅力

まずは比較的空席があるという点です。ANA特典航空券の場合、旅行先によっては熾烈な特典枠の争奪戦が展開されます。2か月後の空席なんて探してもほとんど空きがないなんてことも珍しくありません。しかし、グアムは割と空いているんですよね。

また、移動時間が短く必要マイルが少ないというメリットがあります。実質のフライト時間は3時間程度なので、エコノミークラスでも体への負担が少なく、時差も1時間ですから時差ボケの心配もありません。距離が短く、敢えてビジネスクラスを選択する必要がないためマイルも節約できます。

ANAの特典航空券で日本からグアムへ行こうとすると、必然的にユナイテッド航空を利用することになります。提携航空会社便を利用することになるため、ストップオーバーが1回できるというのもメリットの一つです。

 

その辺りを踏まえての今回の旅程ですが、3泊4日の日程で乗継を少なくしてみました。9月は台風が心配なので、飛行機ではなく陸路で関空まで行くという安全策をとったのです。

ただ、単純往復はもったいないので沖縄→高松便を付け足しています。5月のグアム旅行で付け足して未だ消化していない高松→沖縄便と併せると沖縄旅行の往復交通費が無料になるという算段です。

f:id:sinrons:20190708135040p:plain

ビジネスクラスは必要ないと言いながら、やっぱり体験はしてみたいので往路をビジネスクラスでとってみました。また、ユナイテッド航空のグアム便はシートピッチが狭く、後方席に乗客をすし詰め状態にする傾向があるため、復路は追加料金を払ってエコノミープラス席にしてみました。2名で115ドル(約12,800円)かかりましたが、多少は快適になると思います。

特典航空券発券の必要経費と復路の追加料金で1名17,810円程度となりました。いつものように宿泊先をレオパレスリゾートグアムにして株主優待券で無料宿泊するつもりなので、かなり安く済む計算で浮いたお金を食費やお土産代に回そうと思っています。

レオパレス21を取り巻く状況は厳しいですが、なるべく長くこの株主優待は続けてほしいものです。

9月はグアムも雨季なんですが、スコールが降る程度で一日中雨が降り続くということはまずないと思います。グアムでの運転にも慣れてきたため、最悪雨が長く降っても移動に困ることはないので、ショッピングや食事を楽しめばいいし、心残りがあったとしてもまた来ればいいかと開き直れるのもグアムのいいところですね。