Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ラグジュアリーカードの優待でハイアットプレイス東京ベイで最大4クラス・ルームアップグレード!!

金属製のクレジットカード、ラグジュアリーカードのブラックカードを発行しています。メインカードは別にあるのですが、つい決済で使ってみたくなる魔性のカードです。

ラグジュアリーカードは金属製という以外に、私が今まで所持していたクレジットカードと決定的に違う点があります。それが、新しい優待内容の追加です。スマートフォンにラグジュアリーカードのアプリを入れているとけっこうなペースで新しい優待のお知らせがあるんですね。

これまでは、クレジットカードの優待というのは、何年かに一度改善されたり改悪されたりすることはあるものの発行当初とほとんど変わらないものというイメージだったんですが、ラグジュアリーカードを発行してからは目から鱗が落ちる思いです。

現在進行形で変化を続ける、まさに生きているクレジットカードという感じです。

ラグジュアリーカードからの提案はプライベートジェットでの旅行からワインの優待販売まで多岐に渡りますが、2019年8月7日に配信された最新のものがハイアットプレイス東京ベイに宿泊する際のルームアップグレードです。

期間限定優待となっており、2019年12月30日までの宿泊が対象となります。

ハイアットプレイス東京ベイとは?

ハイアットホテルアンドリゾーツはアメリカ合衆国に本拠を置く世界的なホテルグループです。日本でもハイアットリージェンシー、グランドハイアット、アンダーズなどのブランド名でホテル展開を行っています。

2019年7月に開業したハイアットプレイス東京ベイは、日本初上陸の「ハイアットプレイス」のブランド名を冠したホテルです。ハイアットプレイスというのは従来型ホテルのフルサービスと客室に特化したリミテッドサービスの中間であるセレクトサービスが売りで、ハイアットらしい高級感を残しつつ高機能かつカジュアルなホテルブランドです。

千葉県浦安市の浦安市総合公園に隣接するこのホテルは、東京ディズニーリゾートへの無料シャトルバス(所要時間約20分)を運行しています。

 

ホテルの詳細は下のリンク先の公式サイトでご確認ください。

https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-place-tokyo-bay/nrtzt

ラグジュアリーカードの優待内容

ラグジュアリーカードのアプリでのお知らせは下のような内容です。

f:id:sinrons:20190808131337p:plain

 

優待の詳細を確認すると、最大4クラスのルームアップグレードとワンドリンククーポンというものでした。

ワールドオブハイアットの会員には朝食が無料提供されるということですが、こちらの特典はラグジュアリーカードの会員に限らず公式サイトからの予約で受けることができる特典となっているようです。

ワールドオブハイアットの会員には無料でなることができるため、利用する際は会員登録が必須ですね。

f:id:sinrons:20190808131456p:plain

f:id:sinrons:20190808131514p:plain

f:id:sinrons:20190808131537p:plain

ワンドリンクサービスを受けることができるルーフトップバーの様子です。

f:id:sinrons:20190808131556p:plain

優待のお得度を検証してみました

ラグジュアリーカードの優待は、けっこう大雑把に提案されるためぱっと見ただけでは得かどうかよくわからないことが多い気がします。富裕層の人は気にならないのかもしれませんが、富裕層ではない私のような人間には気になる部分です。

 

2019年8月20日(火)からの1泊(1室)料金で検証してみます。どの料金が基準となるかわからないのですが、公式サイトのワールドオブハイアット会員料金で比較してみます。

最大4クラス・ルームアップグレードというのは、キングルームの料金で、ファミリールーム又はテラスルームキングに宿泊できるという意味だと考えられます。どちらの部屋になるかは宿泊人数の関係なのでしょう。

f:id:sinrons:20190808134755p:plain

キングルームとファミリールームの価格差は4,000円、キングルームとテラスルームキングとの価格差は15,000円でした。ファミリールームの場合の4,000円の価格差は微妙な気がします。3クラスもアップグレードしてもらったという感覚ではないかもしれません。

一方、テラスルームキングの方は金銭的に考えるとかなりお得感があります。

もっともこの判断は難しいところで、部屋の広さという観点から見るとキングルーム26㎡、ファミリールーム37㎡、テラスルームキング29㎡ですから、快適なのはファミリールームということになるかもしれません。

また、宿泊日を土曜日に設定してもベースとなる金額は上がりますが、価格差は変動しませんでした。

念のためホテル料金の比較サイトもざっと確認しましたが、特別なクーポンなどを考慮に入れなければ公式サイトの会員価格が最安値ということになりそうです。

 

夏休み時期ということを考えると、ワンドリンク&朝食付きでこの価格は非常にお得感があります。ハイアットブランドで部屋のアップグレードがあることを考えると、ニーズさえ合えばとても魅力的な優待内容だと考えられます。

 

ラグジュアリカードの年会費はチタンカード5万円、ブラックカード10万円、ゴールドカード20万円(いずれも税抜き価格)と高額です。しかし、期間限定型の優待も多く、その中には豪華客船の旅に無料招待といった通常のクレジットカードの優待の範疇を超えるものも含まれています。

人によっては年会費を超越した満足感を得ることができるかもしれません。