Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

那覇空港、国内線制限エリア内のDFSでホノルルクッキーを購入しました

ハワイ土産の超定番として必ず名前があがるのがホノルルクッキーです。可愛いパイナップルの形をしたクッキーはあまりにも有名で解説の必要もありません。

私自身もハワイでは必ず購入しますし、グアムの直営店でも購入しました。有名なホノルルクッキーですが、日本で買おうと思うと通販に頼るか、トミーバハマの国内3店舗(東京、横浜、京都)くらいしか手段はないと今まで思っていました。

しかし、昨日那覇空港の国内線制限エリア内にあるDFSに立ち寄った時に、ホノルルクッキーが売られているのを見つけ、思わず衝動買いしてしまったのでご紹介したいと思います。

那覇空港のDFSはたまに立ち寄るのですが、今までホノルルクッキーが売られているのを見たことがなかったため最近取扱いが始まったのではないでしょうか。単に私が見落としていただけかもしれませんが。

那覇空港のホノルルクッキーの販売場所

国内線の保安検査場を抜け制限エリア内に入った後のDFSで、免税品の受け取りカウンターがある方のDFSに陳列していました。私が訪れた時(2019年8月16日)は、入口近くに置かれていました。

f:id:sinrons:20190817112004p:plain

豆知識 国内旅行で免税?

免税品の購入と言えば海外旅行のイメージだと思いますが、沖縄だけは国内旅行でも免税制度が適用されます。特定免税店制度と言って、現在のところは那覇空港のDFSと那覇市おもろまちのDFSギャラリア沖縄が指定されています。最大購入金額20万円までの関税が免除され、沖縄のDFSは消費税をDFS側が負担するシステムのようですので、消費税&関税が免除される感じです。

購入したホノルルクッキー 

自宅用なのでお値段が高くなるパイナップル型の箱に入った物ではなく、一番簡易な包装のものを選びました。それでもハワイやグアムの直営店で売られているバラ売りのクッキーを詰める箱に比べると高級感があります。

那覇空港のDFSではハワイやグアムでお馴染みのばら売りや、試食のサービスは行っていません。

私が購入したのはフローラルウインドウボックスというもので、14枚のホノルルクッキーが入っています。

f:id:sinrons:20190817120147j:plain

中身はこのような感じです。

f:id:sinrons:20190817120414j:plain

フレーバーは下の7種類です。

f:id:sinrons:20190817120454j:plain

さて、お値段ですが定価は2,900円と表示されていたように記憶しています。実際の支払いは2,600円でした。この金額だと関税は関係ないと思うので、1割程度安いのはセールだったのでしょうか。

 

ちなみに昨年ハワイで買った時の価格は覚えていませんが、今年の5月にグアムで買ったばら売りのクッキー20枚分と比べるとずいぶん割高です。

グアムではサービスでもう5枚好きなのを選んでいいよと言われ、それとは別に2枚好きなのを持っていけと言われて、計7枚余分にくれたので尚更です。

f:id:sinrons:20190817121350p:plain

 

割高とは言え、日本ではなかなか購入の機会がないホノルルクッキー、興味のある方はぜひ沖縄のDFSに立ち寄ったついでに買ってみてください。