Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ドットマネーの漫画マニアックス案件で月末の例のキャンペーンに挑戦しました

月末の例の案件と言葉を濁すのは、問い合わせ防止の意味もあります。大型キャンペーンに際して利用前に対象かどうか知りたい気持ちは当然ですが、例のキャンペーンのように主催者側の後出しジャンケンがやり放題という場合は、問い合わせは自らの首を絞める可能性が高いからです。

例のキャンペーンのキャッシュバック対象外項目について

現在は赤字でびっしりと注意書きが加えられています。個別に全ての対象外項目を書くことは不可能と悟ったようで、包括的に網を掛ける記述となっています。

現金化が疑われるようなケースは後出しジャンケンで全て対象外となる可能性が高いと思います。

また、売上伝票の到着が遅れた場合も対象外になる可能性があるという点にも注意が必要です。クレジットカードの利用日が対象期間でも売上伝票の到着が遅れ、月初にずれ込んだ場合は対象外となるかもしれません。私の場合は7月利用分で既にこのケースが発生しています。

f:id:sinrons:20190831141952p:plain

ドットマネーの高額還元案件は対象外なのか?

ドットマネーと言えば月初の高額還元案件が有名ですが、例のキャンペーンのために月末に高額還元案件をチェックしていました。

その結果、8月30日に出現したのが漫画マニアックスの50,000円コースです。有料会員になれば漫画が読めるという案件なんですが、表記は税抜きであるため、実際の支払い金額は54,000円ということになります。

したがって54,000円の支出に対して51,876円相当のポイントを手にすることができ96%還元案件ということになります。

f:id:sinrons:20190831141355p:plain

私の場合はポイントが付与されれば直ちに解約するため、コンテンツ自体から何らかのメリットを受けることはありません。一般的に考えると54,000円払って51,876円分のポイントをもらっても2,124円損しただけじゃないかということになります。

 

これがポイントを使った錬金術の不思議なところで、例えばこのポイントをソラチカルートを使って交換率81%でANAマイルに換えると、グアムへの往復航空券+沖縄への片道航空券を夫婦二人分発券することができます。

 

またプリンスホテルのプリンスポイントに交換率100%で交換することで、品川プリンスホテルに夫婦で10泊することも可能です。1人1泊2,700円程度になりますからお得ですね。ザ・プリンスの名を冠する高級ホテルにも夫婦で4泊できますし、ハワイのプリンスワイキキに夫婦で2泊して余りあるポイントです。

 

話が脱線しました。要は96%の還元率であれば、例のキャンペーンの対象外になっても、私にとってはデメリットはないということです。

でも、できればキャンペーンの適用を受けたいので考えてみます。問題は、漫画マニアックスは対象外案件として明記されている月会費にひっかかる可能性があるということでしょうか。有料月額会員登録と月会費は同じような気もしますが、明細がどういう形で上がるかわからないためキャンペーン適用可の可能性もあるようにも思えます。

また、売上伝票が間に合うかどうかという点も問題です。

結論は「よくわからないので黙ってやってみる」ということになりそうです。問い合わせはこの手のルートを潰してしまう可能性があるためお勧めできません。例のキャンペーンは誰かが試した結果を見てチャレンジするということができない仕様ですので、自己責任でやってみるしかありません。

実際に試してみました

ドットマネーに限らず高額還元案件には恐ろしいデメリットがあります。支払う金額が高額なのに、チャレンジした結果ポイントが付与されなかったとか簡単に解約できない仕様だったというものです。

 

私が挑戦したドットマネーの漫画マニアックスは運良く?購入直後にポイント付与が確認できました。

f:id:sinrons:20190831153055p:plain

 

解約も特に問題ありませんでした。

漫画マニアックスの解約方法

登録中のポイントコースを表示させ退会ボタンを押します。

f:id:sinrons:20190831153533p:plain

クレジットカード54,000円コースを選択します。

f:id:sinrons:20190831153900p:plain

注意書きが表示されます。「退会する」を押します。

f:id:sinrons:20190831153939p:plain

問題なく解約できました。

f:id:sinrons:20190831154016p:plain

ちなみに解約してしまうとチケットも4枚を残してなくなってしまいました。このことは注意書きにも書かれています。漫画を読んでから解約するのもいいかもしれません。私はリスク回避で直ちに解約しましたが。

f:id:sinrons:20190831154424p:plain

事前にある程度リサーチしましたが、真偽のほどは不明であるものの漫画マニアックスでトラブルになったという記述もありました。

キャンペーンを抜きにしても、理論値で言えば1マイル=1.29円でANAマイルをバイマイルしたとも言える今回の案件ですが、月末のなるべく早い時期にこだわらなければ、もっと還元率のよい案件もありますし、前述したように高額出費ゆえのリスクもあります。

こういった方法もあると参考にしていただけたらと思い公開しましたが、それなりのリスクもあり決して手放しで推奨するものではありません。