Life=Risk

なるべくお金をかけないで旅に出たり人生を楽しむ方法を模索するブログです。

ユナイテッド航空のマイルを使ったANA国内線特典航空券は微妙に改悪か?

緊急発券手数料が廃止されました

ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」が、2019年11月15日から改変されました。特典航空券の発券に必要なマイル数を一律ではなく需要に合わせた変動制にし、搭乗日から21日前以降の予約で必要だった最大75ドルの緊急発券手数料を廃止したのです。

 

私はブリティッシュ・エアウェイズのマイレージを使ったJAL国内線特典航空券の必要Aviosが増加したことから、改変の内容次第でユナイテッド航空の注目度が高まるのではないかと考えていました。

 

そこで、11月15日に試しにユナイテッド航空の日本国内線特典航空券を検索してみたところ、緊急発券手数料が廃止になっているばかりか、必要マイル数も5000マイル(片道800マイル以下)と8000マイルで変更がなかったため、「これからは日本国内線はユナイテッド航空の時代か!?」と思いました。

 

しかし、これはシステムが切り替わる際の一瞬のバグのようなもので、完全にシステムが切り替わってしまうと、緊急発券手数料は廃止になっているものの、搭乗日から1か月を切った予約の必要マイルがそれぞれプラス3500マイルと大幅に増加していたのです。

結局は微妙に改悪か?

ユナイテッド航空のバイマイルを考えた時に、一般的には1マイル単価が2円を切ることは難しいと思います。75ドルの緊急発券手数料がなくなった代わりにほぼ同額がマイルで徴収され、しかもそれが搭乗日の21日前以降の予約に対してではなく、搭乗日から1か月を切った予約に拡大されて適用されるようになっていました。

 

もともとユナイテッド航空の特典航空券は一般会員であれば、変更・キャンセル手数料が75ドル~125ドルと高額に設定されています。それでも緊急発券手数料が廃止され必要マイルが変わらないのなら利用価値も大きくなると考えましたが、結果的には微妙に改悪されたのかなという印象です。

 

国内で乗り継ぐような変則的なフライトや、予定がはっきりしていてフライトの変更の可能性がない人が早くから予約するのには強みもあるかもしれませんが、日本国内の単純往復のような日程では取得単価が安く、キャンセル料も安いBAのAviosが重宝するように思います。

利用したい路線がANAしかない、JALしかないという特殊なケースを除いての話ですが。